美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年10月2日  ニュース

【油画】Painting Laboratory 303_♯005 企画展のお知らせ

油画コースが運営するアートスペース「Painting Laboratory 303」より、第5回企画展のお知らせです。

 

Painting Laboratory 303_♯005

OBSESSION   CONCEPTION   POSSESSION   EXTRA

– ドローイングから読み解くコンセプト –

303DM_ページ_1

 

展覧会情報】

■会 期      :10/1(月)~10/18(木)*10/18まで会期を延長致します。

■Open   :Monday ― Saturday/12:00~19:00

■Close   :Sunday

■会 場  :Painting Laboratory 303(NC棟3階  油画コースアトリエ内)

       〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116

 

 

【関連イベント】

 

■アーティストトーク

… 10/3(水)16:30~17:30 / 笹口数 × 古屋俊彦 × 藤本ゆかり

 

■オープニングパーティー

… 10/3(水)17:30~/ドリンク及び軽食をご用意

 

■会 場  

… Painting Laboratory 303(NC棟3階  油画コースアトリエ内)

 

 

 

笹口 数 Kazz  Sasaguchi

 

1962年生まれ。アーティスト。1990年代の終わりより、見慣れた対象の背後にある集団的な記憶を探る試みを、入念なリサーチや建築デザインの経験をベースにした様々なメディアやスケールでの作品制作を通して継続している。近年はLocation Zeroの概念をもとに、人間的な時間、人間的な空間の記憶を、より広範な時の周期、より深淵な光の運動のなかに重ね見る試みを行う。

主な展示に「Winter Stars In The Mid Summer Sky」 (エントランスアートワーク、エビススバルビル 東京)などがある。http://www.kazzsasaguchi.com

 

 

古屋 俊彦 Toshihiko  Furuya

 

1960年生まれ。芸術家、哲学研究家。法政大学大学院修了。文字、線、人為的制作物、結晶、固有名詞などに関する実験芸術作品の制作、文字の歴史研究、映画作品や写真作品の成立過程研究、文学作品の試作、芸術批評、展覧会企画を行う。

主な展示に、1998年「連鎖構造の決定をめぐるギャンブルのルール」(宮城県美術館)、  2000年「文字と音響との交換に於ける回帰的な伝達の遅れ」(川崎市市民ミュージアム)、  2011年「非周期的結晶」(20202)などがある。http://www.furuyatoshihiko.com

 

 

藤本 ゆかり Yukari  Fujimoto

 

インディペンデントキュレーター、ギャラリスト。1994年よりギャラリーや美術館勤務の後、独立。2000年から5年間、東京代々木でオルタナティブスペースOFF SITEを共同で運営し、展覧会の企画を担当。2009年より東京代々木上原でサウンドアート、コンセプチャルアートを紹介するギャラリー20202(ツーオーツーオーツー)を運営している。2017年よりObsession Conception Possession展を企画、主催者として活動を開始している。

 

…………………

 

「Obsession Conception Possession」とは制作の始まりから、つくられた作品が社会的な位置を持ち得るまでのプロセスを言葉として置き換えたものです。このテーマでこれまで東京と京都の二会場でコンセプチャル・アートの展覧会を開催してきました。今展ではこのテーマの根幹をなすコンセプトを具現化する方法の一つとして、ドローイングに焦点を当て、これまでの Obsession Conception Possession展 の主要作家である笹口数と古屋俊彦という二人の作家の作品を紹介します。
 笹口数は建築をバックグラウンドに持ち、多様なスタディやリサーチに基づいたデータを元に、主にインスタレーションを、そしてタブロー作品も制作しています。その上でドローイングは笹口のアイディアを身体的に置き換えて具体化する、最も思考の原石に近い作品と言えるでしょう。
 古屋俊彦は哲学というバックグラウンドを持ち、その思想を美術作品として昇華します。制作の手法としてアルゴリズムによるプログラミングを行い、ランダムに出力される全ての異なるパターン(図像)がドローイング作品となっていきます。
 コンセプトを中心に置きながら、異なる方法で作品にアプローチする二作家のドローイング作品を中心に、美術制作に於ける新たな視点を考察する機会になればと考えます。

………………

みな様、ぜひご高覧下さいませ。

「Painting Laboratory 303」について、詳しくはこちらよりご覧頂けます。

https://paintinglaboratory303.tumblr.com/

  • LINEで送る

2018年9月24日  ニュース

【基礎美術1年生】キャリアの授業は書道!?

42373642_2162976697046349_6426907448765841408_o 42512662_2162978297046189_2156615306817044480_o 42497106_2162977297046289_6845737210474397696_o 42371176_2162977180379634_7079151082236018688_o 42467998_2162976687046350_6969668045123878912_o 42464962_2162976707046348_9221417796670324736_o

前期が終了してからしばらく更新がなかったこの京都造形の基礎美術のブログ。
そろそろ大学も後期が始まるので再開します!

 

まずは前期のおさらいから。
今までのアップしたなかったのですが、基礎美術コースのキャリア教育の授業内容は大学全体を見渡しても特徴的です。

1年生は「臨書」という授業内容で書道を経験します。教えていただくのは高井秀山先生。
https://www.facebook.com/sancyumondow

 

この授業はどちらかといえば字を書くこと自体が自体が上手くなることを目指すものではなく、筆で書かれた古典の文章を読めるようになることを目指したものです。臨書して自分が同じように書いてみることで、崩し字のパターンをきちんと把握して、古い文献でも読めるようにと工夫されています。

 

そうはいっても字を書くことが徐々に徐々に上手くなって行く学生を見ているとこちらも羨ましくなります。

 

金曜日の午前中は1年生はこうやって墨のほのかな香りを嗅ぎながら集中して行う授業が行われています。
この「臨書」の授業はさらに後期に展開していきます。後期の授業内容も徐々にこちらで報告していきます。学生が前期とどのように変化していくのか楽しみにしていてください。

 

  • LINEで送る

2018年9月14日  ニュース

【写真・映像】卒業生アワード情報

東京丸の内で開催中のアートアワードトーキョー2018( www.artawardtokyo.jp/2018/ )にて、京都造形芸術大の美術工芸学科の多くの卒業生・現院生も出展しています。

毎年全国の主要な美術大学・芸術大学・大学院の卒業終了制作展を訪問され、その中から発掘されたノミネート作品よりさらに厳選した作品が展示されるアワードです。今回展示されている作品からさらに最終審査が行われ、グランプリや審査員賞などが決定されます。

 

そんななか写真・映像コースの2018年3月卒業の顧 剣亨さんも選ばれ、現在展示をされています。オーディエンスも投票ができるようになっておりますので、是非ご覧いただき気になった作品に投票してみてください。

 

IMG_7161-2IMG_7181

IMG_7174

 

開催日程 : 9月7日(金)~9月24日(月・休) 会期中無休
開催時間 : 11:00~21:00 ※大手町パークビルは土曜は8:00~15:00まで、日曜・祝日は終日閉館となります。

展示会場 : 行幸地下ギャラリー 丸の内・有楽町・大手町エリア
入  場 : 無料
主  催 : アートアワードトーキョー 丸の内 2018実行委員会

 

 

  • LINEで送る

2018年8月31日  ニュース

【染テキ】全国大学選抜染色作品展

2018年3月卒業の武田梨乃さんが

全国大学選抜染色作品展に参加します!!

 

本日、31日から始まりました!

みなさま、ぜひご覧ください。

 

■会期:8月31日[金]—9月24日[月・祝](月曜休館)
 午前10時~午後5時
■場所:染・清流館(明倫ビル6階)
■入館料:大人300円、学生200円
■休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

http://someseiryu.net

 

img04641

  • LINEで送る

2018年8月8日  ニュース

【染テキ】卒業生 中平さん、海外展覧会へ

染織テキスタイルコース卒業生の中平美紗子さんから嬉しい報告が届きました!

 

オーストラリアのシドニーにあるThe Japan Foundation Sydneyにて

『THE INTUITIVE THREAD -NEW EXPRESSIONS IN JAPANESE TEXTILES- 』展に参加します!!

 

 

デザイナーであるEloise Rappさんのキュレーションで日本から4名の作家が出品するそうです。

過去に何度か中平さんの作品を見てくださっていたようで、今回お声掛けがあったとのこと。

卒業してからも精力的に制作をしている中平さん。

作品が世界を広げてくれましたね!

 

学部生の時に制作した作品も含め、3つの作品がシドニーの地に行きます。

触感、人の潜在意識を呼び起こす W160cm×H165cm 2

中平さんが3年生の時に初めて織ったタピスリー

『触感、人の潜在意識を呼び起こす』

 

紙を織るW113cm×H42cm×D9cm (2)

こちらは最近の作品

『紙を織る』

 

 

 

『THE INTUITIVE THREAD -NEW EXPRESSIONS IN JAPANESE TEXTILES-』

場所:The Japan Foundation, Sydney

会期:8月24日〜10月27日

1 2 3 59

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。