情報デザイン学科

2018年5月

  • LINEで送る

2018年5月16日  イベント

春の情デ!オープンキャンパスレポート

こんにちは、情報デザイン学科です。

ようやく暖かくなってきた4月末、今年1回目のオープンキャンパスが開催されました。

今回は、その様子をお届けします。

 

情報デザイン学科 ビジュアルコミュニケーションデザインコースイラストレーションコースクロステックデザインコースのブースでは、

先生との個別相談や、缶バッジ作りワークショップ、学生のポートフォリオ展示などを行い、たくさんの方にお立ち寄りいただきました。

 

_MG_9920

_MG_9928

 

先生との個別相談コーナーでは、情報デザイン学科での学びについてじっくり丁寧に説明中。

 

_MG_9923 _MG_9915

 

4年生の学生スタッフも個別相談ブースに待機し、学生から見た情報デザイン学科の印象や、4年間学んで来てどうだったかを話してもらいました。

先輩の生の声は、先生とはまた違った視点で情報デザイン学科を知ることができるので、とても好評でした。

 

 

_MG_9907

 

こちらは缶バッジのワークショップ風景。

学生スタッフの説明を受けながら、世界で一つのオリジナル缶バッジが制作できます。

 

_MG_9942

_MG_9895

 

雑誌を切り抜いてコラージュしたり、イラストを描いたりと個性豊かな缶バッジがたくさん。

一日中盛況で、とても楽しんでいただけました。

 

 

 

次回は、「1日体験入学オープンキャンパス」が6/10(日)に行われます。

今後のスケジュールは こちら よりご覧ください。

どなたでもご参加いただけますので、お気軽に「情報デザイン学科」を体験しにいらしてくださいね。

 

みなさんのお越しをお待ちしています。

 

_MG_9875

 

スタッフ/ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2018年5月14日  イベント

地下鉄をアートでジャック!【駅ナカアートプロジェクト2018】

こんにちは。情報デザイン研究室です。

緑燃ゆる京都はまさに行楽シーズン真っ只中!多くの観光客の方で連日賑わっています。

そんな京都では現在「「KYOTO駅ナカアートプロジェクト2018」が開催中です!

すでにご覧になった方も多いのではないでしょうか?

 

駅ナカアートプロジェクトとは

「大学のまち京都」「文化芸術都市京都」ならではの取組として、京都の芸術系大学の学生が中心となり、大学ごとに創作したアート作品を各駅に展開することで、地下鉄のイメージアップと活性化を目指します。

駅から京都の文化芸術を発信することを目的とし、今年は京都の12大学が参加しています。

 

京都造形芸術大学からは情報デザイン学科が毎年参加しており、

今年は3年生の以下6名が「地下鉄 東山駅」を担当しました。

  | 情報デザイン学科3年生 制作メンバー |

堤 里花子さん(大分東明高等学校 出身)、鳥生 千晶さん(愛媛県立今治南高等学校 出身)、 野々山 恭さん(京都府立久御山高等学校 出身)、 花山 智大さん(私立上宮高等学校 出身)、 藤谷 綾音さん、 山岡 奈々海さん(兵庫県立伊川谷北高校 出身)。

駅ナカ写真_180514_0012

 

制作は2月から開始し、交通局や協賛の方々にプレゼンを繰り返しながら進められました。

 

駅ナカ写真_180514_0010 駅ナカ写真_180514_0001

 

image2

感謝状贈呈式の様子

門川市長より各大学の学生達にそれぞれ感謝状が手渡しされました。

 

メイキング映像はこちらよりご覧になれます→

 

2018年は明治元年から150年となる節目の年。

京都造形大チームは、150年前の京都〜現在の京都に目を向けてみた時に、伝統的な和と西洋の文化を取り入れた2つの歴史的建造物が同居している京都の街並や、建造物が年月を経た姿の中にある言い尽くせない美しさに気付きました。そこで京都造形大チームは東山の地とゆかりのある「水路閣」に注目しました。金閣寺、銀閣寺、下鴨神社などの由緒ある木造建築がたくさん存在する中で、 造られた当時、水路閣は西洋の要素が取り込まれた珍しい近代的建造物であり、必ずしも世論は好意的ではなかったと言われています。

そのような中で形を変えず現代まで存在し続け、今では京都を代表する名所となっている水路閣。

それをモチーフに、京都造形大チームは2018年から150年後という未来の、他国の文化を取り入れた新しい京都の姿を東山駅構内に演出しました。

会期もついに今月末までとなりました。東山駅は美術館やロームシアター京都などお出掛けスポットがたくさんあります。東山駅周辺に来られた際は是非、東山駅構内の駅ナカアートもご覧になってみて下さい。

 

artHPtop

 

駅ナカアートプロジェクト2018

展示期間:平成30年3月28日(水曜日)~5月31日(木曜日)

 

 

スタッフ かつ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年5月11日  イベント

とんぼせんせい 展覧会のお知らせ

 

情報デザイン研究室です。

気持ちの良い五月晴れが続く今日この頃、おでかけをするにはぴったりの季節ですね。

 

さて今回は、専任講師とんぼせんせい個展をお知らせいたします。

 

会期中にはアーティストトークも行われるそうです!

また、今回の展覧会には各界で活躍するクリエイターとのコラボレーション作品も

多数展示されており、情報デザイン学科教授の都築潤先生も参加されています。

ぜひ、この機会に展示を観にいかれてはいかがでしょうか!

 

———————————————————————-

The Second Stage at GG #47

とんぼせんせい展

「とんぼせんせいだよ!全員集合」

  • 会期:2018.5.8 火- 6.1 金
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m.
  • 日曜休館 入場無料

 

 

***以下公式ホームページより***

ガーディアン・ガーデンでは「The Second Stage at GG」シリーズの47回目として、とんぼせんせい展「とんぼせんせいだよ!全員集合」を開催します。本シリーズは、ガーディアン・ガーデンの公募展入選者の中から、各界で活躍する作家の、その後の活動を伝えるための展覧会です。

とんぼせんせいは、シンプルな線で動物をアイコン化した平面作品で第9回グラフィック「1_WALL」ファイナリストに選出されました。その後も継続的に作品を発表。動物や女の子をモチーフにしたイラストだけでなく、ぬいぐるみや大型の顔抜きパネル、イラストを重ねた風景写真、時にこけしやお菓子にいたるまで、ジャンルやメディアを軽やかに超え、表現の幅を広げています。近年では本の装丁やCDのジャケット、レコード会社のキャラクター、ファッションブランドのアクセサリーなどにも起用されています。

「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトにイラストを描く、とんぼせんせい。本展では、各界で活躍するクリエイターの作品の中に三本の線が出現します。シンプルな線は、メディアを横断するだけでなく、クリエイターの作品にも入り込み、イラストレーションの新たな展開を提示します。このほか、ぬいぐるみなどの立体作品やバルーンなども展示。来場者が三本の線を用いて、思い思いに絵を描くワークショップスペースも会場に設けます。とんぼせんせいの三本線の笑顔が様々な表現によって一堂に会する展示をぜひご覧ください。

 

 

コラボレーション作品参加作家(五十音順・敬称略)
えぐちりか 大島慶一郎 川上恵莉子 菊地敦己 佐々木俊 白根ゆたんぽ 

チーム未完成 都築潤 水野健一郎 宮下良介 安田昂弘

 

とんぼせんせい
「三本の線を引くだけでどこにでも現れる」をコンセプトに活動するイラストレーター。最果タヒ著『きみの言い訳は最高の芸術』や、スモール出版「DIALOGUE BOOKS」シリーズへのイラスト提供、ポニーキャニオンのキャラクターディレクションなどを行う。その他、個展・グループ展・イベント参加など多数。第9回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト

 

 

Print

スタッフ/クスモト

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。