情報デザイン学科

2018年11月

  • LINEで送る

2018年11月28日  授業風景

【情デの授業】ボードゲームをつくる授業!?チームで乗り越える厳しくて楽しい課題のゆくえ(第二回)

 

最近一気に寒くなっちゃって、教室にコタツがあればいいのになーなんて思っています。

クラスのみんなで鍋パーティ。したいなぁ…。

 

さて、前回のイラストレーションコース2回生のボードゲーム授業に引き続き、

今回はその中間発表をお伝えいたします。文章は長谷川、写真撮影は磯本です!

— 前回の授業から一週間。中間プレゼンに向けて、教室には毎日夜遅くまで制作するチームの姿が。

ゲーム内容を直したり試作を作ったり、本当にこのクラスは頑張り屋さんが多いです。いい仲間、いい刺激。

そしていよいよ中間発表!発表するチームは、教室の真ん中に置かれたテーブルで

約10分間実際にプレイをしながらボードゲームの説明をしていきます。

 

7

1回生の頃からいろいろな授業でプレゼンテーションを経験するので、2回生ともなればみんなお手のもの!

聞いている周りの仲間に、どうしたら自分たちのゲームのおもしろさや内容が伝えられるのか工夫します。

 

そしてなによりも、各チームのボードゲームが前回見ていたものよりも格段にレベルアップしてる!

新しいルールを追加したり、キャラクターを作ってきたりなど、

どんどんゲームが面白いものに変化していきます。

 

6

こういう進化の中には、チームの中での「共有」が必要不可欠なんです!

 

ゲームのイメージの共有。作業進行状況の共有。

情報を共有することで、チームもアイデアもまとまっていくんですよね!

 

プレゼンテーションを聞く他の生徒たちも、ノートにメモを取ったり、写真や動画を撮ったり、

積極的に質問をしたりなど他のチームのボードゲームに興味しんしんです。

5

そして授業中は終始笑い声が絶えない!(笑)

各チーム、設定やルールの中におもしろい要素を入れてくるので、聞いているみんなもめっちゃ楽しいんです。

先生もこの笑顔!(笑)

 

1

生徒も先生もみんな一緒になって楽しめる授業なんて、最高に素敵じゃないですか!?

 

 

今回の中間発表を終えて、あたらめて自分たちのチームのボードゲームのいいところと弱点を見つけることが

できました。授業終了後は各チーム早速集まって、これからどのようにしてより良い

ボードゲームに変えていくか会議をしています。

 

ボードゲームは設定やデザインがしっかりできているだけでは完成ではありません。

これからは素材にこだわったり、使う人への配慮を考えるなどまだまだ課題は残っています!

さぁどんどん楽しくなるぞ!

 

ワクワクする気持ちを持って、今日もチームでミーティングです。

3

 

【Tsutae取材班】

磯本 朱里(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

長谷川 文香(イラストレーションコース2回、滋賀県立信楽高等学校 出身)

相場 葵(イラストレーションコース2回、静岡県立磐田農業高等学校 出身)

岩城 有香(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月19日  イベント

電通人権アートプロジェクト ポスター展のお知らせ

 

情報デザイン研究室です。

毎年恒例の京都造形芸術大学 情報デザイン学科 ×電通 「人権アートプロジェクト」2018展が、

本日より知勇館1階エントランスにて始まりました!

 

色味1

色味2

 

色味5

 

「人権アートプロジェクト」とは、電通で募集・制作された人権スローガンをもとに、

美術大学の学生がビジュアルデザインを考え、人権ポスターを制作する活動です。

2007年にスタートし、11年より関西の芸術系大学としては初めて本学が参加することになりました。

学生と電通のクリエーターが一緒に、アイデア段階から検討を重ねてポスター制作を行い、

各地での展覧会開催や、人権保護の立場にあるイベントにポスターを貸し出すなどの活動を行っています。 今年度も、電通のアートディレクターや、プランナーの講師に直接ご指導いただき、さまざまな人権ポスターが完成しました。

この展覧会が、改めて「人権」について考えて頂く機会となれば幸いです。

是非ともご高覧下さい。

 

—————————————————————–

 

展覧会

「電通×京都造形芸術大学 人権アートプロジェクト2018

 

日時:201811月19日(月)~23日(金)9:0020:30

(最終日は16:30まで)

場所:京都造形芸術大学  智勇館1F エントランス

 

—————————————————————–

 

 

 

 

 

スタッフ/クスモト

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月14日  授業風景

【情デの授業】ボードゲームをつくる授業!?チームで乗り越える厳しくて楽しい課題のゆくえ(第一回)

boardgame_元の写真_2

秋も深まり、瓜生山の色も赤や黄色に紅葉してきています。スカッと晴れた青空の下で美味しいものを食べると、本当に気持ちのいい季節ですね。一生この季節がいいと切に願う相場です〜。(みんなそうでしょ〜)
さて後期も始まり、順調に課題の波に追われている情デの皆様。

みんな課題なんかに負けずにがんばろうや〜!

 

さて、今回は都築先生、とんぼせんせい先生のとってもユニークな授業をご紹介!金曜3〜4限イラストレーションコース2回生「構想計画Ⅰ」の【ボードゲームをデザインする】です。

 

普段ビジュアライズ(D領域)という、ビジュアル設計を中心にした学習をするチームと、ナラティブ(E領域)という、ストーリーから構築していくチームに分かれていますが、その領域が一緒になって取り組む課題です。楽しい課題にも実はしっかりとした目的が掲げられています。

 

boardgame_元の写真_1

目的1【ふたつの視点から分析しよう】
ボードゲーム制作の時点でビジュアル的(D領域)に見栄えが良く、

ストーリー性(E領域)があった方がエンドユーザーに手にとってもらえるなど、

両方の視点から課題を進めます。

 

目的2【コミュニケーションを企画しよう】
そしてビジュアルとコンセプトがきちんとマッチしているかが大切です。

 

目的3【コミュニケーション能力を磨いて制作しよう】

チーム制作はコミュニケーションが大事!
情報を分け合うのはアイデア発想にとても良いです。

あまり話したことのない相手とも親しくなれるチャンス!

 

目的4【作り手側の楽しさを伝えよう】
最後にこれが超重要!
なんたって自分たちが楽しく作ったものは、

自然と楽しさがこぼれ落ちるものです。そんな良いものを作ろ〜!

boardgame_元の写真_3

楽しい課題だからって全然ゆるくない。大学2回生が本気(ガチ)で約1ヶ月かけてボードゲームを作る全貌を5回に分けてお送りいたします!

 

10月19日の授業では、中間発表に向けてどのグループもボードゲームの雰囲気だけではなく、システム面も重点的に改良を重ねていきます。どうしたら楽しめるか、どうしたらもっと良くなるか、常に試行錯誤の毎日です。

 

今まで遊び手として楽しんでいたボードゲームを作る側に回ることでぶち当たる壁、だから乗り越えたくなるものだし、チームでひとつの物を作るという難しさと楽しさ、みんな自分たちのボードを本気で愛そうとしています。

 

自分の作品は自分がいちばん愛してやらなくちゃ!(これ大事)
私も自分の作ったもので友達が遊び、笑顔になっているところが早く見たくてうずうずしています。ワクワクドキドキの中間発表に乞うご期待!

boardgame_元の写真_4

【Tsutae取材班】
相場 葵(イラストレーションコース2回、静岡県立磐田農業高等学校 出身)

岩城 有香(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

磯本 朱里(イラストレーションコース2回、京都市立紫野高等学校 出身)

長谷川 文香(イラストレーションコース2回、滋賀県立信楽高等学校 出身)

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

 

  • LINEで送る

2018年11月13日  イベント

【クロステックデザインコース】鯖江市に研修旅行に行ってきました

11/9-10の一泊二日で福井県鯖江市に研修旅行に行ってきました!

前週に特別講義に来ていただいた福野泰介さんから伺ったお話の現場です。

 

鯖江といえばめがね!

まずはめがねミュージアムでめがねストラップ作りを体験です。

形を削って…IMG_4763

研磨機で磨いて…

IMG_4769

穴を開けて出来上がり!

IMG_4777IMG_4768

ここでは1日かけて実際のめがねも作れるそうです。

体験だけでなくめがねの博物館やショップも充実していてめがね好きには堪らないスポットでした。

小笠原先生と軽部先生も記念にパチリ!

IMG_4785

 

夕方には鯖江市役所にお邪魔して、鯖江市のオープンデータの活用や子どもたちへのプログラミング教育、全国の大学生が集まる地域活性プランコンテストなどさまざまな革新的な取り組みについてお話いただきました。

IMG_4792

なんと急遽、牧野市長も登場!

IMG_4790 (1)

 

宿泊はかわだ温泉にお世話になりました。

先生たちによるレクリエーションは予定を大幅に超えて23時まで、そして解散後も各々の部屋で賑やかに過ごして寝不足の学生が多かったようです。

R0006799IMG_4804

二日目はうるしの里会館での絵付け体験。

用意されていた下絵を使わず、オリジナルの絵柄を描く学生が多かったのは芸大ならではですね。

IMG_2736 (1)

IMG_4819

 

この辺りは古くから漆器や木工、焼物、和紙などものづくり産業が盛んな土地とのことで、工房が併設されている木製雑貨店のHacoaと県内外からセレクトしたプロダクトを扱うataWにもお邪魔しました。

IMG_4825IMG_4828

どちらのショップも商品はもちろんディスプレイや建物、空間全体がおしゃれ!

学生たちもいい刺激をもらったと思います。

 

新しいものをどんどん取り入れて官民一体で前に進んでいる感じがビジバシ伝わってくる鯖江。

これからも目が離せません!

 

  • LINEで送る

2018年11月12日  ニュース

【授業紹介】働く人にインタビュー! 

こんにちは。

情報デザイン研究室です。

 

 

11月がスタートして、今年もあと2ヶ月。

もうすぐ、紅葉シーズンも本番を迎えますね。

 

 

”はたらくこと”についてスポットを当てた、『プロフェッショナル研究』の授業では

先日、学内で働いている人に取材し、それをまとめ制作した「壁新聞」の講評会が行われました。

_MG_2652

_MG_2613社会に出て働くとはどういうことなのか、「仕事のやり甲斐」や「自分にとって仕事とは」などをテーマに持ち、実際に取材を通して考えていきます。

 

 

 

 

質問担当や、記録、写真担当などの役割を分担して、チームで1枚の壁新聞を制作!

取材した方のイメージや、仕事に対する想いなどギュッと凝縮された壁新聞が出揃いました。

_MG_2597

 

_MG_2658BLOG

_MG_2638

 

 

 

 

 

 

_MG_2656BLOG

_MG_2636

_MG_2602壁新聞なのに壁に貼らずに吊るすことで、両面から読むことができるものや、イラストで柔らかなタッチの似顔絵が印象的な壁新聞まで、 チームによって様々な工夫がみられました。

 

 

 

 

 

 

全ての壁新聞をご紹介できないのが残念ですが、力作が揃いましたね!

「はたらく」ということについて、様々な切り口から考えるきっかけになったのではないでしょうか。

_MG_2762BLOG2取材にご協力いただきました学内の関係者の皆様、改めてありがとうございました。

 

 

 

 

スタッフ ミズタ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。