情報デザイン学科

2019年6月

  • LINEで送る

2019年6月27日  授業風景

【クロステックデザインコース】清水正大氏 特別授業

 

本日は国内No.1のチャットボットによる会話広告パッケージ「fanp(ファンプ)」を企画開発した株式会社ZEALSのCEO・清水正大さんが1年生と2年生のそれぞれの授業に登壇をしてくださいました。

 

DSC_0205-min

 

東日本大震災をきっかけに「日本をぶち上げる」という志で始まった自らの起業体験、チャットボット以前のロボット開発、苦しかった起業直後のエピソード、そしてコミュニケーションの可能性に気づいたところから現在の「fanp(ファンプ)」に至る経緯など、分かりやすく、熱意溢れる講義を行ってくださいました。

 

DSC_0231-min

 

またチャットボットの持つ未来の形についてや、コミュニケーションの力と「fanp(ファンプ)」の可能性についても語って頂きました。

 

DSC_0214-min

後半のワークショップでは「チャットボットを使って何ができるか」というテーマに、ユーザーに合わせて対話型でカスタマイズできる商品やサービスについてアイディア出しをしました!

 

DSC_0269のコピー-min

DSC_0270-min

ご自身の経験や社会経験を赤裸々にお話ししてくださり、清水さんが未来を見据えて現在を歩んでいらっしゃることが分かる刺激的な時間でした。

===========

 

7/7(日)に「1日体験入学」が行われます。

お申し込みはこちらから

 

クロステックの日々の授業風景、イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください。
Instagram    Twitter

  • LINEで送る

2019年6月24日  授業風景

【情報デザイン学科】長井延裕氏 特別授業

【情報デザイン学科】長井延裕氏 特別授業 6/19の「情報デザイン概論1」では、元フジテレビの長井延裕さんにお越しいただき特別授業を実施しました。

 

_MG_5066

長井さんは、富士銀行からフジテレビの事業部へと転職されて、フジテレビ時代は数々のイベントやコンサート等をプロデュースされてきた方で、現在は青山学院大学の非常勤講師として、メディア論を学生の皆さんに教えていらっしゃいます。

授業では、長井さんのメディアとコンテンツ、それを繋ぐプラットフォームとしてのメディアの重要性を講義頂き、インターネット時代のメディアの変遷を様々な事例を通じて楽しく学べる授業となりました。

 

_MG_5088

 

授業の後半は情報デザイン学科の客員教授杉本先生とのトークセッションにより、参加してくれた学生の皆さんからの様々な質問に答えながら、将来映像づくりやグラフィック制作等のスキルをメディアに活かす方法や長井さんの様々な体験談などで大変盛り上がる授業となりました。

 

_MG_5049

 

_MG_5075

長井さんからは今後大学生活を通じてやるべきこととして

① 世の中のあらゆる情報に興味を持ち、来るべき社会を洞察できるようになること

② 人とは違う自分なりの「個性」を磨くこと

③ 自分の意志を常に貫き、大勢に流されない「気概」を持つこと

をメッセージ頂きました。

 

_MG_5103

近い将来、メディアを志す学生さんが増え、世の中の人々に夢と感動を与えせれる映画やドラマ、様々なコンテンツが創造される日が来ることが楽しみな1日となりました。 しろうとのくろうと長井延裕さん、本当にありがとうございました!  またぜひお越しください!!

 

情報デザイン学科研究室

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1日体験入学 7月7日(日)に開催!!!!!

興味がある方はぜひご参加ください。詳細はこちら

 

 

 

  • LINEで送る

2019年6月20日  イベント

1日体験入学のレポート 【イラストレーションコース編】

 

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

前回の記事に引き続き、6月9日に行われた1日体験入学の授業の様子ををお伝えします。

今回はイラストレーションコース編をお送りします。

ビジュアルコミュニケーションデザインコース編はこちら

_MG_6132のコピー

イラストレーションコースの体験授業では「夏・SUMMER」をテーマにオリジナルTシャツをデザインします。

自分が描いたイラストを様々なカタチとして展開できるのが、イラストレーションの魅力ですね!

 

まずはイラストレーションコース恒例の30秒自己紹介からスタートです!

30秒間で自分を伝えるのは大変ですが、少しグループの緊張がほぐれたようです。

 

そして、いよいよ第一ステップのグループワークです。始めは柔軟な思考を生むためのエクササイズを行います。

配布されたプリントに描かれている絵から連想される“近いキーワード”と“遠いキーワード”を個人でどんどんと書いていきます。その後、書きためたキーワードをグループ内で話し合い、「絵」と「言葉」の組み合わせで、イメージが様々に変わることを体験しました。

 

_MG_6137のコピー

自由でユニークな発想にはクスッとしてしまうアイデアも!

 

IMG_6300のコピー

出来上がったシートをみんなの前で発表します。自分たちのグループとは違う他の人々の発想、視点にみなさん興味津々です。

 

_MG_6150のコピー

さて、ここからが本題です。

SUMMER」とだけ描かれた白のTシャツの上に夏から連想されるアイデアを各自で練って、イラストにおこしていきます。

 

IMG_6179のコピー

制限時間は20分。時には先生や学生スタッフのアドバイスをもらいながら制作に向き合います。制作中の眼差しはさながらイラストレーターのよう。

 

IMG_6203のコピー

イラストの案が固まると着色も行います。だんだんと完成が近づいて来ました。

 

IMG_6224のコピー

それぞれの自由な発想と共通のテーマが組み合わさったことで、個性溢れる面白いSUMMERTシャツに仕上がりました。

 

最後は全員で鑑賞会です。共通のテーマで制作を行っても、仕上がりに大きな違いが生まれることはとても興味深いですね。

 

IMG_6274

IMG_6254 2IMG_6335

通常の授業ではこの段階で合評、プレゼンテーションなどを行い先生や他の学生からの講評を受けます。意見を交換することで制作を行う励みになったり改善点が見つかったりします。

 

参加された皆さん、一日芸大生はいかがでしたか。

1日体験入学でイラストレーションコースでの大学生活をイメージできたのではないでしょうか。

 

イラストレーションコースでは、「描く」技術はもちろんのこと、アイデアを導く方法、イラストが含む情報をどのように伝えるかを学んでいきます。

 

体験授業の第2回目は、7月7日に開催されます。

定員が設けられていますので、少しでも興味をお持ちの方はお早めにこちらにアクセス!

――――

先生方&スタッフ一同、みなさんにお会いできることを楽しみにしております。

 

 

情報デザイン学科 スタッフ にし

  • LINEで送る

2019年6月14日  イベント

1日体験入学のレポート【ビジュアルコミュニケーションデザインコース編】

 

こんにちは。情報デザイン研究室です。

京都造形芸術大学では6月9日に体験型オープンキャンパスの1日体験授業を行いました。

 

今回から2回にわたり、ビジュアルコミュニケーションデザインコースと

イラストレーションコースの体験授業の模様をお伝えします。

 

まずはビジュアルコミュニケーションデザインコースの授業の様子をご覧ください。

 

_MG_2606

ビジュアルコミュニケーションデザインコースの体験授業は、ウォーミングアップから始まりました。

好きな食べ物を一つ紙に書き、その用紙を隣の人へ回し、

他者が書いた「好きな食べ物」を美味しそうに1分間でプレゼンテーションするという内容です。

 

_MG_2589_MG_2587

1分間という短い時間で相手に伝わるように話すのはなかなか大変そうでしたが、

皆さん笑顔で取り組んでくれました。

 

 

 

続いて、先生からのご挨拶。

「こんにちは」の文字が大きさを変えて次々とモニターに表示されます。

 

_MG_2593

この「こんにちは」の文字の大きさや書体の違いによって、

声の大きさや話している人の印象が随分変わるよね、と先生はお話しされていました。

この受け手に与える印象について考えることが、デザインを生み出すきっかけとなります。

 

「こんにちは」のお話を踏まえて、今度は「THANK YOU」をテーマに

状況やシーンに応じて書体を選んでみると言った課題に移りました。

 

THANK YOU」の書体を選んだ後は、書体を紙面のどこに置くか、

そして自分が伝えたい相手(家族、友達など)にどのように伝えるか、文字のみでデザインを完成させます。

 

_MG_2614

_MG_2620

たくさんの書体の一覧を比較しながら、伝えたいイメージを頭に浮かべて皆さん奮闘しているようでした。

 

_MG_2567

 

短い時間ではありますが、実際に大学の授業を体験することで

デザインを学ぶことへのイメージが想像出来たのではないでしょうか。

 

1日体験入学は、大学生活をイメージする貴重なチャンス。
楽しみながら一緒に学んでいきましょう!

 

 

次回の1日体験授業は「白(余白)が語るデザイン」をテーマに7月7日に開催いたします。

興味がある方はぜひご参加ください。詳細はこちら

 

 

 

スタッフ:ウコン

  • LINEで送る

2019年6月10日  イベント

【クロステックデザインコース】「一日体験入学」を開催しました!

 

昨日6/9(日)は「一日体験入学」でした。

 

DSC_0564

クロステックデザインコースにも、たくさんの高校生の皆さんにお越しいただきました。

 

DSC_0724

100分間という限られた時間でしたが、アイディア出し方の講義や電子基板の組み立て、VR体験と様々な体験をしていただき、最後は「VR」+「〇〇」というテーマで新しいサービスや製品をグループごとにブレインストーミングして発表してもらいました。

 

DSC_0686

DSC_0653

DSC_0602

いろんな要素の体験を100分間に詰め込みましたが、クロステックデザインコースが技術とアイディアを組み合わせ、新しい視点でものごとを切り開き、制作していくコースだからです。

 

DSC_0619

最先端の技術に触れていたいけれど、技術屋さんになるのは少し違う。
アイディアはたくさんあるけれど、技術が一人では学びきれない。

 

自分の得意分野を見つけて、それを活かせるチームで新しいモノ・コトを作っていきたい人にはクロステックデザインコースがオススメです!

 

次回は7/7(日)の「1日体験入学」でお会いしましょう!!

お申し込みはこちらから

 

 

クロステックの日々の授業風景、イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください。
Instagram    Twitter

1 2

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。