プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年5月17日  授業風景

【授業紹介】PDCAサイクルについて学ぶ!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

5月ももう中旬!

段々と気温も上がって、夏の気配がしてきましたね○

 

 

さて、今日は1年生の授業を紹介します。

 

b c

何やら新聞紙で塔を作り、グループ同士で高さを競いあっています!

これは新聞紙の強度を測っている!のではなく、

”PDCAサイクル”について学んでいるのです○

 

・・・PDCAサイクルとは?

Plan   計画

Do   実行

Check  検証

Action  改善

の頭文字をとったもので、完成度や精度を改善するために

このサイクルを繰り返す、という手法の事。

 

プロダクトデザインに限らず、いろんな分野において

PDCAサイクルが大切とされています。

 

この“PDCAサイクル”について、身を持って学んでいるのです!

 

 

 

みんなで話し合って、どんなふうに新聞紙を使えば

より高い塔が立てられるか “計画”

 

de

 

実際に塔を組み立てて “実行”

f

 

組み上がったものを元にどこが良かったのか、悪かったのか確認をする“検証”

そして次はどのように組み立てるのが良いか再度話し合い“再計画”

 

g h

これを繰り返すことで、より高い塔を作りあげます!

 

 

この授業は「プロダクトデザイン入門」という名前の講義ですが、

その名の通りプロダクトデザインの基礎、入門を学びます。

 

と言ってもただ椅子に座って授業を聞くのではなく、

時には今回のようなグループワークなどを通して

自分自身で体験しながら、楽しみながら学んでいくのです!

 

 

 

――――――――― 1日体験授業のお知らせ ―――――――――

 

 芸大生を一日体験できちゃう、1日体験授業が開催されます!

 プロダクトデザイン学科の授業を体験してみませんか?

 

  ・日時:6/9(日)10:00~16:30

      7/7(日)10:00~16:30

 

 

 詳細は→コチラから

 みなさんのお越しをお待ちしています!

 

―――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

<2829303132>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。