プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年5月27日  授業風景

【授業紹介】バス停のデザインをしてみよう!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

以前のブログにて、高齢者疑似体験をした様子をお届けしましたが、

今回はその授業の続きをご紹介します!

前回のブログは こちら から

 

 

車椅子・高齢者体験を行った学生達は、その経験をもとに

 バス停のデザイン を行いました!

 

体験から得られた気付きをグループで話し合い

そこからバス停のデザインに落とし込みます。

 

 

↓それぞれのバス停の案をプレゼンしている様子

 

b c

 

留学生と話し合いながらデザインを進めた班も〇

 

d

↑最後のアイディアに至るまでに書かれた、いくつものスケッチ

 様々な検討が行われたことが分かります!

 

eDSC_1513

腰が曲がった高齢者のために、時刻表などの掲示板を足下に設置する案や、

車椅子の方がバスに乗り込みやすいように

バス停自体に傾斜をつけた案、などなど。

 

 

この授業は、3年生の以上の学生が受けている授業ですが

みんなこれまでに学んできた知識やスキルを活かし

3Dパースやモデルを制作!それを元にプレゼンテーションを行っていました!

 

 

f g h

 

 

 

――――――――― 体験授業のお知らせ ―――――――――

 

  みなさん、体験授業の予約はもうされましたか?

  プロダクトの授業を1日体験できちゃうチャンス!

 

   ・日時:6/9(日)10001630

       7/7(日)10001630

 

  ご予約は→ こちら から

  みなさまのお越しをお待ちしています!

 

――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

<89101112>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。