プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年5月22日  授業風景

【授業紹介】現物模写をしました!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

前回のブログに引き続き、今回も授業の様子をお届けします!

今回は、プロダクトデザイン学科専用工房 Product FAB” での

1年生の授業の様子をお届けします○

 

b c

何やら青い物体を削っています!

 

これは “スタイロフォーム” という素材を削っている様子です!

 

・・・スタイロフォームとは

ポリスチレン樹脂を主原料とする発砲体で、

建物の断熱材としてよく使用されます。

 

d

安価で手に入り、加工もしやすいので

プロダクトデザインでは簡易的な検証モデルなどに使用されます。

 

 

今回の授業では、このスタイロフォームを削ったりやすったりして

実際にあるものと全く同じ形・大きさのものを作ります。

今回はプラスチックの容器(スプレー容器や柔軟剤など)を元に

制作していきます!

 

 

e f g

みんな実際のものと見比べながら

一生懸命削っていました。

 

h

削った後にはこんなにもスタイロのやまが・・・!

 

みんな上手にできたかな?

 

 

 

――――――――― 1日体験授業のお知らせ ―――――――――

 

  “プロダクトデザインってどんなを学ぶの?”

  “大学の授業ってどんな感じなんだろう?”

  そんな疑問をお持ちの方、1日体験授業にご参加ください!

 

  ・日時:6/9(日)10001630

      7/7(日)10001630

 

  詳細は→ こちら から

  みなさんのお越しをお待ちしています!

 

―――――――――――――――――――――――――――――――

 

関連記事

<1516171819>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。