歴史遺産学科

イベント

  • LINEで送る

2019年7月26日  イベント

特別展「GEN」開催中!~8月4日(日)まで

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 

今回は724日(水)から京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブにて開催中の

特別展【「GEN」若者たちが伝える、シベリア抑留、引揚げ】の展示のご案内です。

 

 

この展示は、平和祈念展示資料館(総務省委託・東京西新宿)と京都造形芸術大学のプロジェクト有志学生と

協同で企画した特別展で、昨年度に続き2回目の特別展となります。

今回は、戦争という出来事をリアルに捉えながら、「兵士」「引き揚げ」「抑留」の3つについて、

当時本当にそこにあった事実をありのまま体験・考察できるような仕掛けを施して展示演出しています。

戦争体験を伝えるという課題に、通学部マンガ学科、情報デザイン学科、歴史遺産学科の学生たちによって

つくりあげた展示をぜひご覧ください。

 

歴史遺産学科の学生はキャプションを担当しています。みなさまお誘いあわせの上、ぜひお越しください!

 

 

20190724193917-0001

 

20190724193946-0001

 

 

 

特別展「GEN」若者たちが伝える、兵士、シベリア抑留、引揚げ

会期:2019724日(水)~ 201984日(日)

   10:0017:00

会場:京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ

主催:平和祈念展示資料館(総務省委託)、京都造形芸術大学

後援:京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会

 

関連記事

<23456>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。