歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年8月7日  ニュース

『歴史研究クラブ2019』開催のお知らせ!

みなさん、こんにちは!歴史遺産学科の副手です。

8月に入り、猛暑日が続いていますね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

熱中症に気を付けて暑さを乗り切りましょう!

 

 

さて、歴史遺産学科では今年も歴史好きの高校生や受験生のみなさんを対象とした

「歴史研究クラブ」を開催いたします。

「歴史研究クラブ」では、全4回のプログラムで文化財保存修復の実習と歴史文化を実地体験する

フィールドワークとを織り交ぜながら、みなさんと一緒に歴史遺産に関する楽しみや学びを深めていきたいと思います。

 

 

2019年度第1回目の「歴史研究クラブ」は824日(土)に開催されます!

1回目となる今回は、これまでにも好評を博した「紙漉き技術に挑戦!-装飾料紙を作ろう-」と題して、

オリジナルの装飾料紙づくりを体験するプログラムです。

「装飾料紙」とは、手紙や書物に施される装飾のことをいい、平安時代から現代にいたるまで

多様な技法で作られた装飾料紙が冊子や径巻(きょうかん)など様々な作品を美しく飾ってきました。

 

今回は、染色繊維を使ったり透かしの技法を使ってオリジナルの装飾料紙をつくってみましょう。

 

1

 

2

 

3

 

 

詳細は下記をご覧ください。

高校生・受験生のみなさま、ぜひご応募お待ちいたしております!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○歴史研究クラブ2019 第1回

開催日時:824() 13:0016:00(3時間)

テーマ:「紙漉き技術に挑戦!-装飾料紙を作ろう-」

担当教員:大林賢太郎先生

参加費:無料

対象:高校生・受験生のみなさん

※詳しいクラブ内容やお申し込み方法はこちらからどうぞ

歴史遺産学科主催 【 歴史研究クラブ2019 】 開催!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

20190807091246-0001

 

20190807091305-0001

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。