クロステックデザインコース

イベント

  • LINEで送る

2020年1月20日  イベント

1年生初めての展覧会:X Tech Design Exhibition

今回は現在開催中の1年生の展示会についてお知らせいたします。
「49人の個展、49チャンネル」をテーマに、1年生が初めての展示会に挑戦いたしました。

 

EOPPBQGVAAEkgCz

 

今回は自分の作品を作るだけではなく、展示レイアウト、キャプション制作、ポスター制作まで全て学生中心で行いました。
クロステックでは課題の多くがPCを使用して行われております。そのため、データを印刷してみたら思っていた色と違っていたり、ポスターを展示会場に貼ってみると全く見え方が違っていたりと、メディアが変わることで受ける印象が異なっていることにみんな驚いておりました。

また、作品を見やすくするために動線を確保したり、コンセントケーブルをモールに隠したりと、展示には作品以外にも様々なことに配慮する必要があるということを、学生たちはよく学んだことと思います。

 

DSC_0056-2

先生方からは「軽部賞」「中山賞」「平山賞」が出ています!

軽部先生の専門は企画で、中山先生は現代アート、平山先生はデザインなので、各賞に先生の個性が現れていて、こちらもまた注目です。

 

展示されている作品は映像以外にも、モデリングソフトBlenderで制作したモデル、デザイン性の強い作品、アートなどさまざまで、荒削りながら一年生が面白そうだと思うこと、学んで行きたいことの全てが詰まっている展示だと思います!

 

DSC_0182

水野亮太(福井県立敦賀高等学校出身)/ 「見えているのに見ていない」/ 2020.1

 

DSC_0132守田泰湾(都島工業高校出身)ACID GRAPHIX / 2020.1 

DSC_0206

蛭田康介(浜松開誠館高校出身)/New functionality /2020.1

 

DSC_0145

岸奈央(古賀竟成館高校出身)/ 嫌われ者との距離 / 2020.1

 

 

どんなことでも初めの一歩をやり切れることが大切。
今回の一年生は何度も失敗しながらも初めての展示を完成させたました。
素晴らしいと思います!

 

DSC_0130 (1)

 

もっともっといろんな方に観てもらい、様々な角度から意見をいただくことも学生の大きな学びにつながると思います。
お時間がある方は是非足を運んでみてください。

 

 

[X Tech Design Exhibition]

場所:望天館 BT41・吹き抜け
開催期間:2020/1/15-1/21
時間:Mon-Fri 16:30-19:30
Sat,Sun 10:00-18:00

 

 

*********************************************************
 
クロステックデザインコースでの日々の授業風景、
イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください!
 
twitter       Instagram

関連記事

<1112131415>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。