クロステックデザインコース

イベント

  • LINEで送る

2020年6月18日  イベント

オンライン説明会直前!クロステックデザインコースってなに?にお答えします!

今日はクロステックデザインコースの授業内容についてお話しいたします!

 

「クロステックデザインコース」って名前だけではどんなコースか分かりませんよね。

 

クロステックデザインコースは小笠原治教授をはじめとする諸先生方のもとで、企画やマーケティングのみならずテクノロジーを通してクリエイティブに思考する方法をも身に着け、アイディアを実社会で実現化出来る人材を育てるコースです。学生たちは自らのアイディアを社会に送り出す一つ方法として、スタートアップや企業についてもしっかり学ぶことが出来ます。

 

クロステックデザインコースは実は3年前に新設されたばかりの新しいコースで、学びに対する様々な新しいアプローチを導入しています。

 

今回は、幾つかの例をblogで振り返りながらお伝え出来ればと思います!

 

まず企画。

「企画を考える」というと、なんだか堅苦しさを感じる学生も多いのではないでしょうか。クロステックデザインコースの1年生は「身近な誰かを喜ばせるためにはどうすれば良いか」という観点から企画を学びます。ただ驚かせる「ドッキリ」ではなく、喜ばせる「サプライズ」をするには、人を良く観察し、どうしたらその人に喜んでもらえるのかを考える必要があります。

これは大人になっても変わらない大切な心得の一つです。

 

現3年生が1年生のころ、本学のグループ校である京都文化日本語学校の外国人留学生たちと交流イベントをしたいという学生たちの発案で、流しそうめん大会が行われました。

 

IMG_4485-700x467

せっかく日本で語学を学んでいるのに、日本の学生との交流がないというのは語学学校ではよくある問題です。それをクロステックは自分たちも一緒に楽しめる企画で解決しました。

竹については大学の山から採り、ウルトラファクトリーの台所を借り、全て手作りでサプライズを行いました。流しそうめんを本格的に出来る機会なんて日本人でもなかなかありませんし、留学生の皆さんにとってもきっと心に残ったイベントになったことでしょう。

 

身近な人への企画からはじめ、2年生では産学連携プログラムの授業がおこなれます。

そのうちの一つがairbnb様が行った寄附講座。

現在ある民泊宿泊サービスairbnbに3つの新しいサービスを提案し、記者会見まで行いました!

 

DSC_03431-700x468

こちらに詳しい記事がありますのでご興味のある方は是非覗いてみてくださいね!

 

 

クロステックデザインコースでは、企画だけでなく、実際に手を動かしてものを作る授業もあります!

 

例えば昨年には大学のウルトラファクトファクトリーを使用してスケートボードを制作しました。自分のアイディアを形にするためにもっとも適した素材を探し、プロトタイプ(試作)を素早く制作する練習です。

またこのときは裏課題として、オリンピック正式種目に選ばれたスケートボードになお残る偏見への向き合い方を、それぞれの学生に提案してもらいました。

 

昔ながらの方法で木材を加工する学生もいれば、3Dプリンターやレーザーカッター、ショップボットなどの大型の機械を駆使する学生もいました!

 

DSC_0991-21

左一昕さん(中国甘肅省張掖中学 出身)が制作したのは、レゴブロックを使った3人乗りのスケートボード。

 

DSC_0912-02-1

坂東拓海君(札幌国際情報高校 出身)は物事の善悪を簡単に決めつけてしまう私達自身のあり方に疑問を持ち、最も身近な「測る」道具である定規の「目盛り」にメッセージを込めました。

 

詳しくはこちらを是非ご覧ください!

 

芸術大学らしく、クロステックデザインコースでは展示会を開くこともあります。

クロステックデザインコースの先生方の中には芸術大学出身の先生もいらっしゃします。

中山和也先生は現代アート作家であり、数々の展示会のキュレーション(作品を取捨選択して展示を構成すること)も行っています。

今年からは中山先生の「芸術表現論」の授業も始まり、芸術を読み解くことで様々な着眼点を学ぶことができます。

 

その一環として去年1年生の授業で行われた展示会をご紹介したいと思います。

1月に行われた[X Tech Design Exhibition]では、作品に制作や展示レイアウトの考案、キャプションやポスターの制作まで、全て学生中心で行いました。

学生たちは展示環境を整えることの大切さや、作品に込められた思いを人に伝える事の難しさを学びました。

 

DSC_01822-468x700

詳しくはここから!是非ご覧ください!

 

クロステックデザインコースの授業では、ゲストを招いてお話を伺うチャンスも多くあります。

 

最近ゲストに来てくださった方を少しだけご紹介いたします。

 

国内No.1のチャットボット会話広告パッケージ「fanp(ファンプ)」を企画開発した株式会社ZEALSのCEO・清水正大氏

詳しくはこちら

DSC_0205-min-700x467

モバイル端末アプリケーションの企画・開発会社の創設者であり会長の福野泰介氏

詳しくはこちら

 

IMG_4712-700x525

LinkedIn日本代表の村上臣氏。

 

ELkPcrOUwAA-22Z

 

なお、村上臣氏の特別授業の様子については、クロステックデザインコースの学生が書いた記事がtsumug edgeに掲載されておりますので、そちらも是非チェックしてみてくだい!

 

社会人だけじゃない! 学生の就職活動にも役立つ「LinkedIn」:現役大学生がLinkedInを使ってみた

文:遠藤和奏

 

新しいモノやコトを創造し突き進むクロステックデザインコースの教員や学生は、本当に個性豊かで楽しい人達ばかりです。

 

ちょっと興味があるな…という方がいらっしゃいましたら

6/21(日)の先生・在学生が答える オンライン相談会に是非ご参加ください!

自宅からzoomで参加することが出来ますよ!

 

参加者もチャットを使って気軽に質問することができますので、

クロステックデザインコースって何?

どんなことが出来るの?

学生と先生の雰囲気は?

など、様々な疑問をぶつけてみてください!

 

banner_20onlinesodan_1280x720

 

先生・在学生が答えるーオンライン相談会

日程:6/21(日)

時間:午前の部・10:00~11:00

   午後の部・13:00~14:00

  (各部、10分前にはZoomURLからログインください)

詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/news/89

お申し込み:https://entry.s-axol.jp/kyoto-art/step1?f=163

 

 

 

また、7/5(日)・8/2(日)に行われる

1日体験入学オープンキャンパスの予約もスタートしています!

是非ご参加ください!

 

・・・・・・・・・・・・・

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

twitter    Instagram

 

1280x720_topgb_03132

関連記事

<1415161718>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。