クロステックデザインコース

授業風景

  • LINEで送る

2020年7月23日  授業風景

クロステック全員アバター化

こんにちは。クロステックデザインコース研究室です!

本日は伊藤佑真先生による「技術応用演習Ⅰ」の授業をご紹介いたします!

 

今回の講義はみんな大好きアバターです!

 

伊藤先生は早速アバターで登場。

ちょっと奇妙な形にも見えますが、こちらが伊藤先生がモーションキャプチャーを体につけてパソコンで配信授業を行っている様子です。

 

ito

美少女。

 

スクリーンショット 2020-07-21 8.56.23

 

現実。メカメカ感がすごい。ちょっとカッコいい。

 

そして学生さんが授業の中で自分の懐かしのアバターとして見せてくれたのが、こちら!

 

00

 

懐かしい!

 

実はクロステックデザインコースには自分をアバター化して授業に参加している学生さんがチラホラいるのです。

 

ito03

 

世の中にはアバターが溢れていますね!

 

伊藤先生曰く、ここ2年間でアバターの世界が急変してきているとのこと!

 

少し前まで高価だったトラッキング技術(体の動きを捉える技術)もカメラとアプリがあれば無料で出来てしまう素晴らしさ!

現在Vtuber(バーチャルユーチューバー)が職業としても認知されつつある中、日本で初めて個人でフルトラッキング技術を作り出した伊藤先生。

当時を振り返ると、アバターで女の子になりたいという以上に、技術者やその仲間達が技術を高めるための学びの場を求めていたそうです。

 

それが今や世界中で行なわれていると考えると、やっぱり技術者すごいな!の一言ですね。

 

さて、授業では皆でアバターを制作しました!

使ったのはRoidモバイル。

3Dキャラクターを制作したり着せ替えたり、写真が撮れたりするソフトです。

 

スクリーンショット 2020-07-20 13.49.06

 

クロステックデザインコースの学生、全員美男美女に

正直もう誰が誰だかわかりません!

 

次回はこのアバターをunity(ゲームや映像を3Dで制作するソフト)で動かしてみるそうです!

 

最先端の技術を教えてくださる伊藤先生の授業はとても興味深いものでした!

また他の先生方の授業の様子や内容などをご紹介できればと思います。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

次回のオープンキャンパスはは8月2日(日)!

詳しい詳細は以下のリンクをチェックしてみてください!

 

OPEN CAMPUS 誰でも芸大生になれる特別な2日間!

  • ●  8月2日(日) 【 仮想空間を使って新しいサービス・表現を考えよう!】●

 

近年、VRやARなどのXR領域の普及が進み、サービスから芸術分野まで広く使われています。

この体験授業では、この先身近な技術になるであろうXRを使ってその活用法をデザインしていきます。

これからの社会でどんな夢を叶えることができるのか? 体験のなかで技術の理解を深めていきます。

 

 

  • ●  体験授業の開催時間 ●

 

<午前>10:30~12:00 

<午後>13:30~15:00 

※午前と午後の内容と開催時間の長さは同じです。

 

【予約はこちらから!】

 

ーーーー

 

8月末にもオープンキャンパスが開催されます!

詳しい詳細は以下のリンクよりご確認ください!

進路選び本番!夏のオープンキャンパス

  • 日程:8/29(土) 8/30(日)

<午前> 10:00〜13:00

<午後> 14:00〜17:00

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

twitter   Instagram

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。