歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2020年10月22日  授業風景

日本古来の彩色技法を学ぶ!【歴史遺産学基礎実習Ⅲ】

こんにちは、歴史遺産学科です。

 

今回は、「歴史遺産学基礎実習Ⅲ」、2回生中神先生クラスの授業風景をご紹介します。

歴史遺産学科では、保存修復に向けて、文化財科学の基礎的な知識を得ることを目的に、文化財に使用されている素材について学びます。

このクラスでは、桐箱に伝統的な日本画の顔料を使用し彩色をしていきます。

美術館などで普段目にする日本画の作品なども、実際に自分で制作をすると、その制作過程や技法、使用する材料の特性を知ることが出来ますね。

 

1

 

こちらは中神先生による見本です。

 

2

 

まずは下地を塗り、、、

 

3

 

彩色していきます。

完成が楽しみですね!

関連記事

<12345>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。