歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年10月4日  ニュース

京都府舞鶴市布敷地区に伝わる仏像の修復⑧

昨年度の授業から引き続き、京都府舞鶴市布敷地区の弥勒堂と文殊堂に伝わる仏像2躰をお預かりして仏像の修復技術を学んでいます。
現在、欠損した箇所の補修作業を行っています。その途中経過を報告します。

今回は如来の進捗状況についてご報告します。
如来の欠損個所は裳先、右手、左手の指先でした。
P1250688
裳先の補作です。
 RIMG4029
像底には布が貼られていたので補作部分にも布を貼りました。
P1040112
右手の補作は元来空いていた穴を利用し、
P1040116
竹串を用いて接着しました。
 P1040119

接着後はこのようになりました。

 

RIMG3998

右手接着後も形の調整を行いました。
P1040097
左手指先も補作しました。
如来も補作した箇所に漆を塗りました。
P1040154
右手
P1040152
左手指先補作部分
P1040143
裳先補作部分
その後、金粉による表面仕上げをおこないました。
P1030435
表面仕上げ後

 

 P1030434

右手部分の仕上げはこのようになりました。

 

以上が如来の修復作業進捗状況になります。

次回は台座の修復作業進捗状況をご報告したいと思います。

関連記事

<204205206207208>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。