染織テキスタイルコース

【染織テキスタイルコース】卒業生の活躍~中平美紗子さんが海外の公募で入選!!~

こんにちは!染織テキスタイルコースです。

 

だんだんと秋も深まってきました。

みなさまどのようにお過ごしでしょうか。

 

本日は、卒業生の展覧会のご紹介です!

染織テキスタイルコースの卒業生で織作家(兼、本学非常勤講師)の中平美紗子さんが、今年の夏に海外の2つの公募に入選されました。
_

展覧会名:The Cordis Prize for tapestry
場所:Inverleith House Gallery(イギリス・スコットランド)
会期:2021年10月23日〜12月12日
HP:http://thetapestryprize.org/project/2021-cordis-prize/
Cordis Prize for Tapestryは、国際的な規模のタペストリー賞です。
タペストリーの芸術分野では最大の国際賞となっています。

2020年はコロナ禍で延期となりましたが、2021年度は150のエントリーから20点の作品が選出されました。
選ばれた作品は、スコットランドのエジンバラ王立植物園の中心にあるInverleith House Galleryに展示されます。
今回、黄色い縞模様のタペストリーを出品されています。
_

展覧会名:IRENE DAVIES EMERGING ARTIST AWARD FOR SMALL TAPESTRIES
場所:Australian Tapestry Workshop(オーストラリア・メルボルン)
会期:2021年11月9日〜12月24日(ビクトリア州政府の規制が許せば、ATWでファイナリストの展覧会が開催されます)
※HPでは10月28日より作品公開予定
HP:https://austapestry.com.au/whats-on/prizes-and-awards/kate-derum-and-irene-davies-awards
オーストラリアン・タペストリー・ワークショップ(ATW)が2年に一度開催するスモールタペストリー賞です。
Irene Davies Emerging Artist Award for Small Tapestriesは、タペストリー制作を始めて5年以内の若手作家を支援するために設立されました。
2021年度は10カ国から22名のファイナリストが選ばれました。

こちらも黄色い縞模様の小さなタペストリーを出品されています。

_

 

これらの作品は昨年のコロナ禍に制作された作品とのことです。

ぜひHPもチェックしてみてください。

 

今後のご活躍も楽しみです!

おめでとうございます!!!

 

 

_

中平美紗子
1992 年生まれ 高知県出身
2017 京都造形芸術大学大学院(現: 京都芸術大学大学院)
芸術研究科芸術専攻 修士課程 総合造形領域 修了
現在 同大学 染織テキスタイルコース 非常勤講師
_

<56789>