文芸表現学科

7月オープンキャンパスへのご参加ありがとうございます!(お知らせもあります◎)

こんにちは、文芸表現学科です!

 

 

7/3(日)に4月ぶりとなるブース型オープンキャンパスが開催されました。

お天気が思わしくなく足元の悪いなか、ご参加くださった高校生・受験生のみなさん、本当にありがとうございました!

 

▲ブースの様子

 

 

教員個別相談ブースでは、おひさしぶりの方とも、はじめましての方ともお話しする姿が見られました。

 

 

どんなことを学びたいと考えているのか、どんなことを不安に感じているのか、いまどんなことに興味があるのか、ぜひ教えてください。みなさんがさまざまなことを知りたいとおもってくださっているように、学科もみなさんのことを知りたいと考えています。

先生方はしっかりひとりひとりと「目」を合わせながらお話を聞いてくださいます。

 

 

ブースでは『「物語のはじまり」で缶バッジをつくろう!』と称したワークショップを実施しました。

さまざまな小説の冒頭部分を読んでもらい、自分にとっての「小説の書き出し」をつくってもらうというワークショップです。

 

例えば『親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。※1』、『桜の樹の下には屍体が埋まっている!※2』、『さっき火事だとさわぎましたのは虹でございました。※3』など、これらは知る人ぞ知る作品の冒頭部分です。

 

※1「坊ちゃん」夏目漱石 ※2「桜の樹の下には」梶井基次郎 ※3「報告」宮澤賢治

 

ここから物語が続いていくスタートの部分、いかにいい走り出しを決められるかどうかでゴールが決まってきます。

いったいどんな文章が続いていくのか……壮大な物語の始まりを予感させる一文がたくさん生み出されていました。

 

 

学科ブースを支えてくれる在学生スタッフ。ワークショップのサポートのみならず、高校生のみなさんが持参した作品を読んで感想をお伝えしたり、学科の学びについてお話ししてくれたりと頼もしい存在です。

 

 

高校生・受験生のみなさんと年齢も近く、いま、学科で学んでいる人たちだからこその目線で伝えられることもたくさんあります。先生とのお話が緊張してしまうという方は、まずはぜひ学生スタッフとお話ししてみてください!

 

▲2年生、3年生と学年の違う混合チームですが、彼ら自身もこれからの学びについて相談しあったりと、互いに成長し続ける人たちです。

 

 

さて、今回のワークショップでワクワクするような書き出しをつくりあげたみなさんは、続きの物語が書きたくてうずうずしているのではないでしょうか!

そんなみなさんに朗報です! 文芸表現学科ではこの夏、高校生・受験生のみなさんを対象とした「オンライン合評会vol.03」を開催します。学科専任教員と在学生、そして高校生・受験生のみなさんで作品を読み合いコメントをしあうイベントです。

 

これまでに開催した様子を学科ブログで紹介しています。

2021年8月23日公開:オンライン合評会へのご参加ありがとうございました◎

2022年6月1日公開:「高校生・受験生対象 オンライン合評会vol.02」ご参加ありがとうございました!

 

 

おもしろい物語の構想が浮かんだ方は、ぜひ最後まで書いてみてください。書きあげた物語も誰かに読まれてはじめて作品になっていきます。

想定外の読まれ方があったり、気づきがあったり、逆に思い通りの読みをしてもらえたりと、読者を感じること、つまり一人では得られない体験ができることが合評の最大の魅力です。

 

みなさんでたかめあい、成長する夏にしましょう!

 

開催日時

8月21日(日)10:00~(ZOOMにて完全オンライン開催)

 

募集原稿

オリジナルの未発表小説 800-1200字(ジャンルは問いませんが、完結している作品であること)

 

<パソコン原稿の場合>

・Microsoft Word(A4サイズ縦書き・横置き)

・1行目>小説タイトル

・2行目>下部に氏名

・3行目以降>本文

・データのファイル名は(名前「作品タイトル」オンライン合評会)としてください。

例:文芸太郎「吾輩は犬である」オンライン合評会

 

<手書き原稿の場合>

・市販の400字詰原稿用紙(欄外の適当な箇所にページ番号を記してください)

・表紙を作成し作品と一緒にご郵送ください(用紙は自由です)

・表紙記載事項>小説タイトル、氏名、生年月日、住所、電話番号(携帯可)、メールアドレス

 

応募方法

<パソコン原稿の場合>

以下の応募フォームに必要事項を記入し、原稿をご送付ください。

https://forms.gle/ztpvv3gB7wENTZhA7

※Googleアカウントが必要となります。

応募締切:8月15日(月)23:59

 

<手書き原稿の場合>

表紙と原稿を同封し、以下の宛先までご郵送ください。

〒606-8271

京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116

京都芸術大学 文芸表現学科「オンライン合評会」係

応募締切:8月15日(月)必着

 

 

なお、オンライン合評会は視聴のみの参加も可能です。

ご希望の方は以下のページよりお申し込みください。

https://hs-lp.kyoto-art.ac.jp/attend/lp/course2022

 

 

改めて詳細を学科ブログにてお知らせしますので、ぜひチェックしてくださいね!

 

 


 

今後のオープンキャンパスはこちら!

 

 

①7/31(日)開催

コースの学びを実感できるワークショップを開催!

3年生・受験生は入試対策! 1・2年生は芸術の楽しさに触れてみよう!

 

詳細、予約については以下をご覧ください。

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-03_07-31/

 

 

 

②8/21(日)開催(オンライン)

あなたの小説に大学教員から感想やアドバイスがもらえる!

文芸表現学科主催「高校生・受験生対象オンライン合評会vol.03」

 

 

 

③8/27(土)28(日)開催

一足先に芸大生になったつもりで、本格的な授業が体験できる!

体験授業型オープンキャンパス:文芸表現学科「創作教室─ショート・ショート編─」

 

ショート・ショートと呼ばれる極めて短い小説(=物語)があります。例えば原稿用紙2枚~3枚の分量だと思えば初心者でも取り組みやすいでしょう。

この体験授業では、そんなショート・ショートの創作を通して、まずはあなたが考える小説を自由に表現してもらいつつ、さらに物語を生み出すためのちょっとしたヒントを学びます。

 

定員・事前予約制となっております。詳細、予約については以下をご覧ください。

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-05_08-27_28/

 

 

 

 

 

(スタッフ・牧野)

 

 

 

 

 

 

<5657585960>