文芸表現学科

4年生・上村裕香さんの最新小説が『小説新潮』2023年5月号に掲載されています!【学生ブログライターによる執筆】

こんにちは、文芸表現学科です!

 

 

昨年4月に新潮社主催・第21回「女による女のためのR-18文学賞」にて大賞を受賞され、小説家デビューを果たした上村裕香さん。

昨年12月には直木賞作家・窪美澄さんとのトークイベント『創作の衝動 つづりつづける作家たち』が実施され、

『小説新潮』2023年4月号にも短編小説を寄稿するなど、作家として着実に活動されています。

 

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

Storyvilleトークイベント『創作の衝動 つづりつづける作家たち』のアーカイブがYouTubeにて公開されました。【学生ブログライターによる執筆】

 

4年生・上村裕香さんの活動情報、トークイベント収録動画についてお知らせします◎

 

そんな上村裕香さんの大賞受賞後第3作となる小説「泣いてんじゃねえよ」が、『小説新潮』2023年5月号に掲載されています!

 

 

作品は第21回R-18文学賞で大賞を受賞した作品「救われてんじゃねえよ」の続編です!

受賞作では八畳一間のアパートで難病の母を介護していた沙智が、東京の大学に進学した時間軸で進んでいきます。

 

 

あらすじ

 

従兄・恭介くんの働く会社へのインターンを勧められ、2年半ぶりに地元に帰省した沙智。東京のテレビ制作会社で働きたいと就職活動中の沙智だが、実家には難病の母と「地元で就職すっやろうもん」と当然のように言い放つ父が待っていた。

 

大学のゼミ教員に「あなたの人生はあなたがクリエイトしていくものよ」と励まされたり、母に「さっちゃんがおらんと生きていけん」と縋りつかれたりするなかで、沙智は東京で就職するか、地元で就職するかの二択で葛藤する。

 

そんなある日、東京にある第一志望の企業の採用面接の連絡がくる。一時的に東京に戻ろうと地元の空港で飛行機を待つ沙智のもとに、「お母さんが怪我で搬送されたので迎えにきていただけますか」と電話がきて……?

 

 

残念ながら現在は完売してしまっていますが、「救われてんじゃねえよ」掲載の『小説新潮』2022年5月号をお持ちの方は、あわせてご覧いただければ、沙智のことがもっと好きになれるはず。

R-18文学賞で選考委員の柚木麻子さんに「我々の想像力の限界をナイフでメッタ刺しにするような切迫感(小説新潮2022年5月号・選評より抜粋)」と言わしめた受賞作の待望の続編を、ぜひお読みください!

 

 

 

『小説新潮』2023年5月号掲載
上村裕香著「泣いてんじゃねえよ」

 

第21回「女による女のためのR-18文学賞」大賞受賞作、待望の続編!(『小説新潮』2022年11月号本誌より抜粋)

 

著者:上村裕香(twitter @kamimura_yutaka)ほか

出版社:新潮社

定価:1,000円(本体909円+税)

発売日:2023年4月22日(土)

 


 

 

\文芸表現学科からのお知らせ/

高校生・受験生対象 オンライン合評会vol.05

7月1日(土)10:00〜

ZOOM(オンライン)にて開催

 

あなたの小説に、学科教員、在学生、プロの小説家がアドバイス!

こんな受験生・高校生におすすめです!

 

①小説がうまくなりたい!

②小説を書く仲間と出会いたい!

③芸大に進学したい!

 

合評会とは、文芸表現学科が大切にしている学びのひとつ。

自分の作品を仲間たちに読んでもらい率直な意見や感想をもらう、また仲間たちの作品を読んで率直な意見や感想を伝えるという場です。

みなさんの小説で、わたしたちと一緒に合評会しませんか?

 

ご応募はこちら↓

https://hs-lp.kyoto-art.ac.jp/online/form/cource_bungei_2023

 

 

 

\予約受付中!/

ブース型オープンキャンパス

 

7月29日(土)30日(日)

10:00〜16:00(9:45受付開始)※事前予約制

 

10学科24コースの学びをワークショップで体験してみよう!

受験生必聴の入試対策講座も開催!

 

プログラムはこちら▼

①コースの学びを比較して自分にあう学びを見つけよう!

②受験生は入試対策も!

③学生スタッフが施設を紹介!

 

ご予約・詳細はこちら↓

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-29_07-30/

 

 

 

体験入学オープンキャンパス

 

6月4日(日)8月26日(土)27日(日)

10:00〜16:20(9:30受付開始)※定員制

 

1年でたった3日だけ。

芸大生になった自分をイメージできる1日。

 

①24コースの本格的な体験授業に参加してみよう!

②大学全体説明&入試説明会は必見です!

 

文芸表現学科の体験授業は……

 

創作教室ーショート・ショート編ー

ショート・ショートと呼ばれる極めて短い小説(=物語)があります。例えば原稿用紙2枚~3枚の分量だと思えば初心者でも取り組みやすいでしょう。このワークショップでは、そんなショート・ショートの創作を通して、まずはあなたが考える小説を自由に表現してもらいつつ、さらに物語を生み出すためのちょっとしたヒントを学びます。

 

ご予約・詳細はこちら↓

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-04_08-26_27/

 

 

\Follow me!/

文芸表現学科公式Twitter

在学生活動情報や、学科の最新情報をお届け中! ぜひフォローしてね!

 

 

<2627282930>