歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年5月29日  授業風景

3回生 進級論文テーマ発表会!

こんにちは、歴史遺産学科副手です。

まだ5月ですが、暑い日が続いていますね!

夏の近づきを感じるこのごろです。

 

さて、この5月27日に3回生「進級論文テーマ発表会」が行われました!

3回生になると、今まで歴史遺産学科で学んできたことを活かし、個人の研究にシフトしていきます。

 

自分が研究していきたいことを先生方、ほかのゼミの3、4回生に伝える場としてはじめての発表会です。

 

P1250715

 

 

3回生になると、「個人研究」にはじめて向かい合います。

1、2回生までに身につけていった知識や興味から、自身の研究テーマを決めます。

この発表会はその研究テーマに関して先生方や他の学生と議論し、自ら決定した内容をより明確にし、そして深めていきます。

 

P1250701

 

はじめての発表会、ということで緊張している様子でしたが、みんなしっかりと自身のテーマについて発表していました!

 

P1250727

 

まだまだ3回生は、研究に関してはスタートラインに立ったところですが、一人ひとりの興味・関心をみんなで共有して、互いに切磋琢磨していい研究ができることでしょう!

 

P1250736

 

 

最後に、先生方からの総括がありました。

これから本格的に個人研究を進めていく学生に、「熱心にとりくむこと」とともに「楽しむこと」「コツコツと積み重ねていくこと」など取り組む姿勢についてアドバイスをいただきました。

 

みんなの発表や意見が多様で、学ぶことの多かった発表会でした。

3回生のこれからが楽しみです!!!

 

 

 

関連記事

<127128129130131>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。