歴史遺産学科

ニュース

  • LINEで送る

2015年6月18日  ニュース

一日体験入学!!

こんにちは!暑い暑い夏がもうすぐそこまで来ていますね!

 

今回は14日に行われた一日体験型オープンキャンパスの様子をレポートします。

歴史遺産学科の体験授業は、実際のモノを通じて保存修復に必要な「モノを見る視点」を学ぶ授業でした。

P1250976

 

文化財を保存修復するためには対象となるモノをよく知らなければいけません。

モノをしっかりと観察し、いつの時代につくられたモノか、どのような素材からできているのか、どのような状態か…など、さまざまな知識を深める必要があります。

 

今回の体験授業では、学内にある文化財からそれらのことを実際に学んでいただきました。

 

P1250859

 

はじめに、江戸初期に描かれた源氏絵をみんなで観察してみました!

 

博物館・美術館ではすごく近くで観察することや、裏側から見ることはなかなかできませんが、それらの観察からわかることがたくさんあります。

 

そして修復の前にはしっかりとした調査が不可欠!!!

モノを知らなければモノに最適な修復処置を行えません。

 

源氏絵からは製作者の表現技法や絵の具、紙の性質、描かれている内容までさまざまな情報が読み取れます。

 

P1250873

 

絵の具の緑色(緑青)は劣化すると紙を焼いてしまうなんて驚き!!

そういう情報は裏側からみるとよくわかります。

 

P1250904

 

次に東大寺二月堂の漆器をみんなで観察しました。

このとき、文化財を見るときの注意点を教えていただきました。

時計などの装飾品、ネクタイ、ネックレスなどモノに当たってしまいそうなものははずす。顔を近づけて見るときは口をハンカチで覆う…などなど。これらのことはモノを見せていただくときのマナーでもありますね。

 

P1260011

 

P1250926

 

そして最後に、天心堂を見に外へ行きました!

木造の建物を見るとき、石仏を見るとき、みなさんはその素材の種類までわかりますか?

杉なのか、松なのか…花崗岩なのか、石灰岩なのか…ということを、木材標本、岩石標本を使って調べます。

P1250924

 

授業に参加してくれた子たちも、もうこのときにはじっくり観察する姿勢が見についていました。

 

文化財や歴史に関係したことで、少し難しい用語や知識もたくさん出てきましたが、それは学科に入ると自ずと身についていきます。

大切なのは今回参加してくれた皆さんのように、興味・関心と学ぶ意欲ですね!!!

 

次回、7月12日(日)の一日体験授業では、襖、屏風、掛け軸、古文書などの紙を扱った文化財について授業を開講いたしますので、ぜひせひご参加ください!!!

 

 

関連記事

<123124125126127>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。