文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2016年11月11日  授業風景

TRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)を体験する!

11月に入り、マスクをつけた学生の姿をよく見かけます。みなさまも風邪にはお気をつけください◎


さて、以前も取り上げた北沢慶先生の授業に、またまたお邪魔してきました。
「実際にTRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)で遊んでみよう!」
ということで、ゲーム大会……のような授業風景をお伝えします!


プレイするのは、株式会社グループSNEより発売されている『ソード・ワールド2.0』。北沢先生の手がけたタイトルです。
これはキャラクターシートといって、物語での自分のキャラクターを設定します。


IMG_9690
全員がこれを作り、いざ物語の世界へ!


そしてTRPGには「ゲームマスター(GM)」と呼ばれる進行役が存在します。
ゲーム内の世界観やルールを熟知し、時にプレイヤーたちを導きます。狂言回しのポジションですね。
今回は北沢先生がGM役を務めてくださる方々をお呼びくださいました!


IMG_9652
ほとんどの方がグループSNEに所属されています。
業界人がズラリと並んでいると思うと緊張しますが、今日はみんなでゲームの日!
学生たち、笑顔が弾けていました(笑)。


IMG_9723
IMG_9765
IMG_9788
机の上は紙だらけ。なんだか会議のようにも見えるのですが、実はとっても賑やかです。
TRPGは会話ありきで進むので、見た目とは裏腹に?ワイワイ楽しそうな様子でした〜。


IMG_9694

授業の最後に北沢先生が、今度はゲームを作る側、GMをやってみてください、と仰っていました。
この日感じた楽しさはどうやって作るのか? どうしたら魅力的だと思わせることができるのか?
何にでも好奇心をはたらかせ、みんなにはどんどんチャレンジしていってほしいなと思います。





(スタッフ・加藤)






関連記事

<125126127128129>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。