キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月19日  授業風景

学生ブログより:「CMをつくろう! ~野村先生ゼミ2~」

 

今日は雨なので少しは涼しいかな?と思ったのですが

じめーっとした湿気で蒸し暑いですね。

こういう日は髪がまとまらなくて困ります。

 

 

こんにちは!副手の齊藤です。

今回も学科公式サイトから、学生ブログでのゼミ紹介シリーズをお送りします。
URL: http://cdkouhou.blog.fc2.com/

 

 

——————————————————–——————————————————–

 

こんにちは~!
梅雨のくせに雨が降らない6月!
先週に引き続き野村ゼミの詳しい様子を今週のことも交えて紹介をしていきたいと思います、山田のなっちゃんです

 

 

 

 

~いままでの ながれ~

 

公共CMをつくる野村ゼミですが、
まずはみんなで公共CMの題材になりそうなテーマを各自探してそれらを付箋にかきこみ、カテゴリ分けをしました!


1_20130610115902.jpg

 

そうしてその中から自分が気になった題材をチョイスしマインドマップを広げます。
2_20130610115904.jpg

 

そうしてまたその中から気になった「言葉」を選んだらそれらを組み合わせて・・・・
「新しいコピー」をつくりそこから連想されたものを企画案として、絵コンテ、字コンテにしてプレゼンをする。

 
3_20130610115905.jpg

それまでが前回までの流れでした。

 

 

さてさて
今週の内容といえば…

前回に引き続き
考えてきた企画案をみんなの前でプレゼンです。

 

ですが前回のものをよりブラッシュアップし、内容を詰めていったものです。
4_20130610115907.jpg

 

そしてそのプレゼンを聞いている私たちは、この「わお!発見嬉しーと」というプリントに
5_20130610115901.jpg

 

★「着眼点のよかったところ」
★「アドバイス」

などをかきこみ!
プレゼン者に渡します!
6.jpg

 

そうして自分の目線では
見つけられなかった発見を見ることができ、今後の発想にもつながっていく・・・・
といった、とっても嬉しいシートです。

 

彼女も何か良い発見はあったかな?

7.jpg

 

 

 

 

さて、今週までは
主に企画案をずーーっとねっていましたが!
今週からはキャラクター作りです。

 

野村先生が熱弁してますねー。
大学の先生っぽい!
8.jpg

 

 

キャラクター作りのポイントは「らくがき」であること。
キャラを仕上げない。どんなものでもいいから描く。

そうすれば意外なところからキャラクターの想像が拡がったり!なんてことが。

 

 

今までは「頭で考える」作業だったものを、
「手で考える」にシフトチェンジです!
「手で考える」は野村先生が1回生のときからよく言っている言葉です。
悩む前に描いてみろってことですね~

そんなわけでみんなの落書きをちょっと見せちゃいましょう
9.jpg

10.jpg

 

さて頭から手へ
視点を変えるという意味で今週は、アイスブレイクをまじえて楽しくはしゃぎました!
私だけかもしれませんが・・・笑

これは、先生に例としてアイスブレイクをして先輩が必死に考えている場面ですね!
11.jpg

 

さてどーでも良い私事ですが、
今回の課題で「30秒の中で人を感動させること」を目標としています。

 

感動といってもお涙頂戴なんてことではなく、私が作ったCMを見た後に何かを考えてほしい。

と、思っており・・・
人は考えることによって感情がうまれるので、感動させるとは「何かを考えさせたこと」だと思っています

公共CMは他のCMと違って「より良い社会作り」のためのCMです。
何か商品を買ってください!といった一方的な宣伝とは違って、一人一人の心がけがとっても大切なんですね。

 

心がけによって行動がかわっていく、ならばその心がけを変えるには「何かを考えさせる」ほどに感動させるしかないのです
私はそれを実写でもなく、アニメーションという表現で挑戦したいと思っています。

 

 
なんだか堅いお話になってしまいましたね
もっと軽い人間ですわたしは!!!!
来週もがんばるぞ!!!!!
ではまた今度!!!やまだなっちゃんでした!!

 

 

関連記事

<344345346347348>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。