キャラクターデザイン学科

インタビュー

  • LINEで送る

2019年3月4日  インタビュー

ゼミ通ヒーローズ Vol.01-2 

ゼミ通ロゴ

粟田恭一朗+吉田光希 Part2

 ゲームゼミ

卒展講評会での粟田恭一朗さん(大阪府立交野高等学校出身)と

吉田光希さん(クラーク記念国際高等学校出身)

 

村上

ちょっと話は変わるけど、一年生の頃にやっていた「発想構想演習」の授業でも、わりと二人は目立ってたよね。

 

吉田

わー懐かしい(笑)。

 

村上

このお題からよくこんなアイデアをひねり出したな、と毎回驚かされた記憶があるんだけど、そもそも発想の原点って何?なんであんなに次から次へと面白いアイデアが浮かんでくるの?

 

粟田

例えば、横断歩道を渡る時に白い線を外さないように歩くとか、あれって白線の上にいるのが楽しいんじゃなくて、白線以外は危険だと思ってたからだと思うんです。もしかしたらものすごく高い所にあって白線だけが足場になってるとか、黒いところを踏むとサメが出てきて食われるとか。子供の時からそういう気持ちで道を歩いてたんですよ。「こうだったらいいな、面白いな」と思いながら周りの景色を観察してます。

今でも思うことなんですけど、曲がり角を曲がったときに突然クジラが飛び出して来たらどうしようとか。でもそれって絶対楽しいと思うんですよ。

 

吉田

捕鯨しようぜ(笑)。

 

粟田

捕まえてもいいし、上に乗ってもいいし、一緒に泳いでもいいし。

 

吉田

食おうぜ(笑)。

 

粟田

食うんかい(笑)。でも今この空間でこんなことが起きたら面白いな、ワクワクするな、ということを勝手に妄想して「うひー!楽しい!」ってなります。

 

村上

空想好きが高じて今に至るって感じね。で、吉田はどうよ。

 

吉田

わたしは大喜利が好きなんです。特に連想ゲームですね。ある物事とある物事の共通点を見つけてつなげるのが楽しいのかも知れないです。

 

村上

大喜利が好きっていうのは、話しててすごくよく分かる。吉田は言葉遊びが好きだから、謎かけなんか得意なんじゃないかな。一つのお題に対して同時に二つの発想が瞬間的に出てくるっていうか。

 

吉田

確かに、絵が同時に二つ出てきますね。

 

村上

その絵をこう組み合わせたら面白くなるだろうというのが、理屈じゃなくて感覚で分かってるんだろうね。

 

吉田

小学生のときから「マザーグース」とか「世界のブラックジョーク集」とか好きでした。

 

粟田

わかる。卒制のキャプションも含めて、普段書いてる文章も、まるで歌ってるみたいな文章が多くて、ダジャレだったり韻を踏んでたりと、リズムと遊び心があるんですよね。

 

村上

自分の人生を決めるポートフォリオなのに物凄く遊びが満載だったしね。

 

吉田

ただ単にポートフォリオを作ってるのが楽しかったから、人生を決めるなんて意識もなかったけど。

 

村上

何事もすべて遊びに変えてしまうというのは二人に共通してるね。あんな緊張感一杯の合評でもプレッシャーを感じていないように見えるどころか、この状況すらもゲーム感覚で、地の底から笑いがこみ上げて楽しんでるように見える。

 

吉田

笑っていただけたのは良かったよね(笑)。

 

粟田

笑われてたんじゃなくて良かった(笑)。

 

村上

実はそこも気になってたんだけど、なんでいつも笑ってるの?(笑)

 

粟田・吉田

(爆笑)

 

粟田

単に楽しいからだと思います。

 

村上

すごい苦境に立たされてるのに、それでもいつも笑ってるよね。

 

粟田

笑ってると落ち着くんですよ。

 

村上

メンタルは強い方だと思う?

 

粟田

いえ、全然。クソタコナメクジですよ。

 

村上

防御策としての笑顔ってこと?でもそれが刷り込まれて暗示がかかってるのかもね。

 

吉田

笑顔という名のドラッグですね。ていうか、笑ってると褒めてくれる人が多くなるんですよ、大学って。小岩先生(音楽プロデュースの先生)みたいに笑ってると周りを明るく楽しくさせますよね。

 

村上

あの人いつも笑ってるもんね。

 

吉田

就活の面接でも「キミ、全然緊張してないね。そんなにヘラヘラしてる人あんまりいないよ」て言われます。

 

村上

それくらい笑わなくなった人が増えてきたってことなんじゃないかな。「ポジティブになりなさい」という言葉が強制的で恐怖にしか感じられなくなってるような気がする。

 

吉田

確かに、強制されることが多いとしんどいですね。正直ほっといてくれって思います。

 

村上

うちの大学は学生の面倒見が良い方だと思うんだけど、あれってもしかして学生からしたらプレッシャーだったりするのかな。

 

粟田

そうは思わないです。「言われてるうちが花」って言いますけど、あれこれ注意されてるうちに直せるところは直しておこうと思いますし。

 

吉田

わたしは構ってもらえて嬉しいって思います。名前を呼ばれるだけで「わーい!」てなります(笑)。

 

村上

承認欲求が強いのかな?それとも単に寂しいだけ?

 

粟田

基本的に自分に自信がないから、誰かに何かを言ってもらえるのが嬉しいんですよ。

 

村上

褒めて伸びるタイプ?

 

粟田・吉田

完全にそうですね(笑)。

 

 

Part3に続く)

関連記事

<2829303132>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。