Topics

【講演情報】「絵筆をもったチンパンジー:ヒトはなぜ絵を描くのか」

2018年4月16日

アクティビティ

日程 4/29

 日本モンキーセンターにて開催中の特別展「PrimArt 霊長類アート展」関連イベントとして、齋藤亜矢准教授の特別講演会が開催されます。事前申込み不要です。ぜひご参加ください。

齋藤さん講演会POP

日程2018年4月29日
時間11:00 - 12:00
場所日本モンキーセンター内 ビジターセンター
費用入園料のみでご参加いただけます
申込方法事前申込み不要
主催公益財団法人日本モンキーセンター
お問い合わせ公益財団法人日本モンキーセンター
URL公益財団法人日本モンキーセンター

大学院特別公開授業『宇宙への探求:有人宇宙活動』

2017年12月27日

アクティビティ

日程終了しました

 2018年1月11日(木)、宇宙飛行士の土井隆雄先生(文明哲学研究所 客員教授)による大学院特別公開授業『宇宙への探究:有人宇宙活動』を開催いたします。ぜひ、ご参加ください。

 

————————————————————————————————————

 

大学院特別公開授業
「宇宙への探究:有人宇宙活動」

日 時:2018年1月11日(木) 5講時(16:30〜17:50)
会 場:京都造形芸術大学 人間館2階 NA206講義室
講 師:土井隆雄
申込み:不要, 参加自由(先着40名)

 

————————————————————————————————————

土井隆雄プロフィール:
文明哲学研究所・客員教授/宇宙飛行士
1983年東京大学大学院工学部博士課程修了。2004年アメリカのライス大学大学院博士課程修了(天文物理学)。1997年11月、スペースシャトル「コロンビア号」に搭乗し、日本人宇宙飛行士として初の船外活動を行う。2008年3月、スペースシャトル「エンデバー号」に搭乗し、日本実験棟「きぼう」を国際宇宙ステーションに取り付ける最初の組立て作業を実施。2009年9月〜2016年3月まで、国際連合宇宙部(ウィーン)宇宙応用課長および国連宇宙応用専門官を務める。2016年4月から京都大学宇宙総合研究ユニット特定教授として活躍中。

Print

日程2018年1月11日
時間16:30 - 17:50
場所京都造形芸術大学 人間館2階 NA206講義室
費用無料
対象学生, 一般
申込方法申込不要(先着40名)
主催京都造形芸術大学 文明哲学研究所
お問い合わせ京都造形芸術大学 文明哲学研究所(iphv@office.kyoto-art.ac.jp)

【講演情報】絵を描く心の起源を探る【齋藤亜矢准教授】

2017年11月15日

アクティビティ

日程終了しました

 2017年11月25日(土)、「とっとり弥生の王国 第4回青谷かみじち遺跡土曜講座」にて、齋藤亜矢准教授が講演を行います。

*詳細はこちらをご覧ください

 

—————————————————————————————-

【とっとり弥生の王国 第4回青谷かみじち遺跡土曜講座】

「青谷びとが描いた世界 ~青谷上寺地遺跡と青谷横木遺跡~」
*脳科学や芸術の観点から青谷びとの心を読み解き、その世界に迫ります*

 

講演 「絵を描く心の起源を探る」
    ―チンパンジー、子ども、クロマニヨン人、そして青谷びと―
      齋藤 亜矢(京都造形芸術大学准教授,芸術認知科学)

 

トークセッション 「青谷びとが描いた世界」
パネリスト
 ◇齋藤 亜矢
 ◇三浦努(みうらつとむ) 鳥取県立博物館主幹学芸員(近現代工芸・美術)
コーディネイター
 ◇北浦 弘人(きたうらひろと) 鳥取県埋蔵文化財センター課長補佐(考古学)

 

日程2017年11月25日
時間13:30 - 15:00
場所鳥取市青谷町総合支所2階 多目的ホール (鳥取市青谷町青谷 667)
費用無料
対象一般, 定員120名(要申込)
お問い合わせ鳥取県埋蔵文化財センター青谷調査室
URL鳥取県埋蔵文化財センター青谷調査室

【受賞記念講演】第5回四十雀賞 【能登原由美客員准教授】

2017年11月7日

アクティビティ

 
 能登原由美客員准教授が代表を務める「ヒロシマと音楽」委員会が、第5回四十雀賞を受賞しました。
本賞は、一橋大学言語社会研究科小岩信治研究室により、「本邦の音楽文化に大きな貢献を果たした活動」に対し毎年一団体(個人)が授与されるものです。
 授賞式では、能登原由美客員准教授が記念講演を行います。この機会にぜひ足をお運びください。
 
 
第5回四十雀賞 授賞式・受賞記念講演
日 時:2017年11月21日(火)15時30分~
場 所:一橋大学 東キャンパス国際研究館4階 大講義室
講演者:能登原由美
対 象:一般,入場無料
 
*出席を希望される方は、事前に下記までご一報ください
  (受賞理由その他詳細も、こちらをご覧ください)
 
22728910_794261947420856_3326834202828443660_n

【講演情報】第54回 全国幼年美術の会 夏季大学

2017年6月21日

アクティビティ

日程終了しました

 2017年8月5日(土)、龍谷大学にて第54回 全国幼年美術の会 夏季大学が開催されます。

 「一人ひとりの子どもの心が育つ『表現』―心をひらき心をつなぐ実践」をテーマに実技研修や講演が予定されており、当研究所の齋藤亜矢准教授も登壇いたします。学生は特別価格となっておりますので、この機会にぜひお申込みください。(一般の方も参加していただけます)

 

*申込方法等 詳細はこちら
第54回 全国幼年美術の会 夏季大学ご案内

日程2017年8月5日
時間9:00 - 16:05
*10:30-11:30 齋藤亜矢講演 「ヒトはなぜ絵を描くのか-芸術認知科学への招待」
場所龍谷大学 深草キャンパス2号館
場所詳細京都市伏見区深草塚本町67

MAP

費用8,300円(一般,年間機関誌代・昼食代込)/ 1,000円(学生,昼食なし)
対象一般,学生(学生証提示必要)
申込方法「第54回 全国幼年美術の会 夏季大学ご案内」をご参照ください
主催全国幼年美術の会 (協賛:ぺんてる株式会社)
URL第54回 全国幼年美術の会 夏季大学ご案内
全国幼年美術の会 facebook
文明哲学研究所

2015年度以前