クロステックデザインコース

授業風景

  • LINEで送る

2019年11月11日  授業風景

ショップボットでスケートボードを制作!

前回に引き続き「素材・材料学演習Ⅱ」の授業が開催されました。学生たちが思い思いにスケートボードを制作しています。

今回登場したのはショップボットです! 自分たちで設計したデータをショップボットに流し、木材をカットしていきます。今日は試作なのでショップボットの使い方を学びました。木工経験がなかった人がテクノロジーと道具の力を借りて「出来ない」ことを「出来る」に変える。アイディアを形にすることは素敵ですね!

 

DSC_0134

DSC_0122

DSC_0157

「素材・材料学演習Ⅱ」に参加している学生を紹介します。

 

DSC_0998
船越晴稀 君(静岡県立浜北西高等学校出身)は最初のスケートボードを制作しています。スケートボードの起源については諸説ありますが、船越君は1940-50年の博物館に飾られている写真に注目、その時代の特有の制作方法や組み立て方を研究しています。スケボーを原点に戻すことで、現在付きまとうスケートボードのマイナスイメージをクリア出来ないかと考え中です!

 

DSC_1003
倉石桂君(香川県立善通寺第一高校出身)は100日間に100種類の方法で同じフォームのスケートボードを作ることに挑戦しています。形は一緒でも、道具や素材が違っていれば違うものになるのではないかと考え、世界で一つだけのスケートボード作りを頑張っています!

 

iOS の画像 (26) (1)
黒木りみさん(熊本県立大津高等学校出身)彼女の地元・熊本でも、特別な道具やテクノロジーを使わず誰でも簡単にスケートボードを作ることは出来ないか考え、へぎ板にたどり着きました。へぎ板とは木の繊維を壊さぬよう、削らずに手で割って1ミリ以下の厚さまで薄くして作られる職人技の板のことです。彼女はこの方法なら特別な道具がなくても板を作ることが出来ることを発見し、冬に地元に帰って家具作りを試みる予定です。

 

クロステックデザインコースでは、テクノロジーやサービスを考えるだけでなく、木工や立体制作、そしてメディアやデザインなど多種多様な学びが可能です。

 

 

 

京都造形芸術大学では2020年度の全入試スケジュールが開示されています。
クロステックデザインコースにご興味がある方は是非自分の強みを生かした入試で挑戦してみてください。

 

高校1・2年生対象の “はじめての1day!!芸大体験” が開催されます!

クロステックのことちょっと気になる方はぜひ参加してみてください。

 

 

日々の授業風景、イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。
ぜひそちらもチェックしてみてください!

twitter  Instagram

関連記事

<1718192021>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。