文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2020年7月6日  イベント

1日体験入学「エッセイを書こう」へのご参加、ありがとうございました!

 

7月体験授業

 

7月5日(日)の「エッセイを書こう」にご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

体験授業史上、初めてのオンライン開催。
「どれくらいの人が参加してくださるのかな…」とドキドキしていましたが、

当日は午前・午後ともに、たくさんの方にご参加いただきました◎
オンラインでの体験授業は、PCやスマホなど、接続機器の準備や使用の練習など、

皆さんや保護者の方々のご協力を、いつも以上にいただいたからこそ開催できました。
そういった条件にも関わらずご参加いただけたこと、学科一同、有難いことと感じています。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

今回の授業では、日常の機微を描く<エッセイ>の執筆と合評を体験してもらいました。

また、参加してくださった方の、それぞれの日常が流れている、それぞれの場所から、それぞれの日常をみんなで読む、という空間を超えた交流も体験していただけたのかな、とも思っています。
それこそ、切実な想いが込められた本を読んだときのように。

 

 

友人と観た夕日、持て余した暇な時間、6月を想起させる雨についてなどなど。
当たり前だけど気づきにくい、皆さんにとっての大切な日常を、みんなで受け止めた温かな時間だったと思います。

 

 

 

授業を担当してくださった小説家の辻井南青紀先生は、皆さんの様子をこう受け止めておられました。

 

-授業内で語られた辻井先生から皆さんへのコメント
「作品をお書きになって、それをちゃんと受け止めて、ただ褒めるってだけじゃなくてね、どう聞き手として、受け手として聞いたのか、受け止めたのかということもちゃんとコメントされていた。とってもこういうことが大事だと、我々の学科は思っています。書きっぱなしとか、読みっぱなしではないんですね。こうやってお互いの書いたことをキャッチしながら、高めていく。よりいい方向に進めていこうとする。よりいいっていうのは、どうやったらもっとよくなるんだろう、もっといい作品になるんだろうか、ということを根本的に考えていく。こういった営みをずうーっと続けていくことが、この学科の学びだろうと思います」

 

また、他者へ自分のことばを贈る、そんなことを考えながら書く時間は、とても大事な時間になったのでは、とも。

 

 

 

執筆時間、画面には皆さんが執筆されている様子が流れていたと思います。

書き手になっているときに、読み手が目の前にいる。
日記とは違い、読まれるということを意識したとき、いつもと違ったことばが思い浮かんだのではないでしょうか。

 

この授業での実感を、皆さんの日常のなかでも活かしてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

8月体験授業予告

※8月2日(日)は受験生対象で対面型授業も予定しています。

体験授業を8月2日(日)にも開催します◎

 

次回の授業は、作家の山田隆道先生がお送りする「ショート・ショートを書こう」です。
原稿用紙2〜3枚ほどの短い小説を自由に執筆してもらいつつ、物語を生み出すためのちょっとしたヒントを学びます。

在校生も参加しますので、文芸表現学科の雰囲気・特色を感じていただく機会にも。

 

時間の都合上、体験授業中にすべての作品を読む合うことはできないのですが、次回も希望者の方には、授業後にブレイクアウトルームという小部屋をつくって、先生方に読んでいただける場を設けますので、ぜひ活用してくださいね。

 

 

それでは8月も皆さんにお会いできることを願って。
皆さんのご参加を学科一同、心よりお待ちしております◎

(もちろん、8月からのご参加もお待ちしています◎)

 

 

 

 

 

20 OC

■1日体験入学オープンキャンパス
誰でも芸大生になれる特別な1日!
文芸表現学科の授業「ショート・ショートを書こう」を体験できます。
毎回すぐに満席になってしまうので、お申し込みはお早めに◎
(昨年の授業の様子はこちら

「ショート・ショートを書こう」担当:山田隆道(作家)
日程:8/2(日)
   午前(10:30-12:00)
   午後(13:30-15:00)
※オンライン(Zoom)と対面型授業(受験生限定)で実施予定です。
※どちらの日程も、午前・午後の時間帯をお選びいただけます。


詳細・お申し込み:https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

イベント問い合わせ:京都芸術大学 アドミッション・オフィス

電話受付時間(月曜日~土曜日 09:00~17:30)

TEL 0120-591-200(アドミッション・オフィス直通)

 

 

 

(スタッフ・大賀)

 

 

 

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。