クロステックデザインコース

授業風景

  • LINEで送る

2020年12月3日  授業風景

アートの視点を学び考える授業

 

 

 

こんにちは!

クロステックデザインコース研究室です。

 

 

今回は3回生対象の「クロステックデザイン発展Ⅱ」の授業の様子をお伝えします!

 

「クロステックデザイン発展Ⅱ」を担当しているのは、中山先生と白石先生。自分の手を動かして習作(絵・彫刻・音楽などで、練習のために作ること)を制作し、芸術表現やアートの観点を学ぶ授業です。

 

観察力を鍛え、多角的な解釈を行うことで、芸術大学ならではの発想力と思考力を身に着けます。

 

今回は白石先生と中山先生のそれぞれが担当された合評の様子をレポートします!

 

まず、白石先生の授業からご紹介します。

課題は、既存の絵画を選び、観察を元に自画像を制作するというもの。

有名な画家の絵や作品を観察し、アウトプットすることで、作者の価値観や観点を読み解くことを目的としています。

 

 

DSC_0272

合評に向けて各自が制作し、簡単な作品展示を行っていきます。

 

 

DSC_0275

仮の展示でも水平はしっかりとりますよ。

 

 

DSC_0279

 

今回は作品をただ並べるだけでなく、キャプションも制作し、テキストと作品のバランスやアプローチの方法などを考えていきます。

常にPCで作業するクロステックデザインコースの学生が、絵画を眺める姿は珍しいですね!

 

 

DSC_0287

 

こちらの黒木りみ(熊本県立大津高等学校出身)さんの作品は、エキソニモの《A Web Page》を参考にして制作したもの。

 

 

 

DSC_0305

 

エキソニモは当時の“Google”のポートレートを描いたのではないかと考えた黒木さんは、同じような方法で自分を客観視してくれるものを探し、エコー写真を展示しました。

 

 

DSC_0310

 

伊東直輝 君(静岡県科学技術高等学校出身)の作品Two egoは、自分の失った親知らずと、「ミロのヴィーナス」や「サモトラケのニケ」の失われたパーツとをシンクロさせています。親知らずが抜け落ちたばかりのような写真も、インパクトが強いですね。さらに、自画像というキーワードから、自我とは何かということを導き出そうとチャレンジもしていました。

 

 

yuzu

 

 

 

zoomとその機能を使って新たな作品形態に挑戦している学生もいました。

オンライン授業が日常化した中で、メディアアートのような表現が出てきたことも興味深く思いました。

 

 

 

 

次は中山先生が担当された課題「フードアート」です。

「フードアート」という大きな枠組みに対し、学生が何を考えて表現していくのかが、この課題の面白さです。

 

 

まずは、「食べる」ということに着目した浅田優月(京都府立嵯峨野高等学校出身)さん。

 

 

yuzu

 

食べ物がまさに体の一部になろうとする、食べるという行為そのものを撮りたかったという浅田さん。「食べる」という行動で確実に変化しているもの、しかし私たちが認識出来ないものを、クロステックデザインコースのボディスキャンで撮影しました。

 

 

名称未設定-9

 

 

買い物から帰ってきて、やっぱりバナナではなくてミカンにすればよかったと悔やむ。そんなちょっとした後悔から、高島草太君(兵庫県立姫路南高等学校出身)は幾千もある人生の選択肢の一つを誤ってしまったとしても、そこに希望を見出すこともできるのだといいます。

 

中山先生の授業開始時にはすでにオンライン授業が行われていたため、教室での合評はできませんでしたが、それを逆手にとって講評中に「 紅葉狩り」をした伊東直輝 君(静岡県科学技術高等学校出身)。固定化された紅葉狩りのイメージを変えるべく、数日前に「狩った」落葉を塩漬けにし、美しい紅葉を見ながら食べるというパフォーマンスをzoom上で行いました。

 

 

 

ito

パフォーマンス中の伊東くんito02

 

クロステックデザインコースは主に起業やスタートアップに特化したコースではありますが、芸術大学であることを強みに現代アート作品を作る試みも行っています。

 

 

 

DSC_0306

 

というのも、サービスの提供であれ、企画の構想であれ、はたまたスタートアップであれ、そこには常識破りな閃きが必要だと考えているからです。

クロステックデザインコースは学生たちに、ロジカルな計画実行力と、新しい閃き、そして様々な価値観を理解する心をもった大人になって欲しいと考えています。

 

 

 

また面白い授業がありましたらブログにてお伝えいたします!

 

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

初めての、1day!! 芸大体験

芸大への進学を迷っている人、「私でも大丈夫かな」と自信を持てずにいる人、コースを決めることができない人にぜひ参加して欲しいと思っています。

はじめは不安で分からないことだらけかも知れませんが、一歩を踏み出すことで先が見えてきます。

そんな皆さんのはじめてを応援します。

 

日程:2020年12月12日(土)13日(日)20日(日)

会場:京都芸術大学 瓜生山キャンパス

予約はこちらから!

 

 

京都芸術大学クロステックデザインコース公式ページに授業内容の詳細を掲載中!

ぜひそちらも覗いてみてくださいね!

 

クロステックデザインコースでの日々の授業風景、

イベント等はtwitterとInstagramで日々更新中です。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

twitter   Instagram

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

<45678>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。