文芸表現学科

文芸表現学科Storyville主催、窪美澄さんと上村裕香さんトークイベント 『創作の衝動 つづりつづける作家たち』開催のお知らせです。

こんにちは、文芸表現学科のStoryvilleです!

 

 

本学文芸表現学科3回生の上村裕香さんが「救われてんじゃねえよ」で、新潮社の主催する「R-18文学賞」の大賞を受賞されたことを祝し、文芸表現学科は受賞記念イベントを開催します!

対談のお相手には、22年上半期に直木賞を受賞された作家の窪美澄さんをお迎えします。

 

 

 

 

トークイベントは2部制を予定。第1部では、「R-18文学賞」の選考委員であり、第8回の受賞者でもある窪美澄さんと上村裕香さんによる対談を行ない、デビューに共通点を持つおふたりがどんなことに突き動かされ、どのようにして言葉をつづりつづけているのかについてお話しいただきます。

 

©︎新潮社

 

 

第2部では、「R-18文学賞」を主催する新潮社から現役編集者のかたもお迎えし、プロとしてデビューするとはどういうことか、座談会形式で様々な角度からお話しいただきます。

人気作家として活躍される窪美澄さんと、デビューを果たし、作家人生を歩みだしたばかりの上村裕香さん。おふたりにとって、創作の衝動とは。きっと学生のみなさんの創作欲も刺激されることでしょう。

 

 

当イベントは参加費無料、事前申し込み必須(定員あり、先着順)となっております。

こちらのフォームからぜひご参加ください。また、ぜひ窪さん、上村さんへの質問も事前にお寄せください。

https://forms.gle/NM5qfXRH8VTbNVZh7

(会場にご来場のかたのなかから抽選で、3名の方に窪さんのサイン入り文庫本をプレゼントする予定です)

 

 

 

 

文芸表現学科主催

Storyvilleトークイベント

『創作の衝動 つづりつづける作家たち』

 

第1部:窪美澄さん×上村裕香さん対談

第2部:座談会 「プロとしてデビューするということ」

 

日時:12月17日(土)14時00分から16時30分(開場13時30分)

会場:京都芸術大学 瓜生山キャンパス 望天館4階 BT41教室

※事前予約必須/定員120名

主催:文芸表現学科「Storyville」(Instagram@storyville_kua)

 

大学アクセスはこちら

https://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/access/

 

 

 

 

○登壇者プロフィール

窪 美澄

小説家。2009年「ミクマリ」で R-18 文学賞大賞を受賞。また同年、同書で山本周五郎賞を受賞。12年に第二作『晴天の迷いクジラ』で山田風太郎賞を受賞。

22年『夜に星を放つ』で第167回直木賞を受賞。

 

上村 裕香

小説家、文芸表現学科在籍中。2022 年「救われてんじゃねえよ」で第 21 回R – 18 文学賞大賞を受賞。選考委員からは「ナイフでメッタ刺しにするような切迫感」、「殺傷力の高い文章」と評される。同年に「何食べたい?」で第19 回民主文学新人賞を受賞。

 

 

 

 

○Storyvilleとは?

京都芸術大学文芸表現学科において開講される社会実装科目。学生が主体となり、文芸に関するイベントを企画・主催・運営を通し、社会に広く知見を還元することを目指す。

 

過去の活動はこちら

⇒2022年7月:漫画家・今日マチ子さんトークイベント/イベントレポート

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=149646

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=151612

 

⇒2021年12月:301刊行イベント

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=137647

 

⇒2021年11月:作家・川越宗一さんトークイベント

https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=134888

 

 

 

 

お問い合わせ

電話:075-791-8039(文芸表現学科直通)

メールアドレス:bungei@kua.kyoto-art.ac.jp

Instagram:https://www.instagram.com/storyville_kua/

 

 

 

 

 

 

<4041424344>