文芸表現学科

5/18(土)学科独自イベントへのご参加ありがとうございました!▶︎▶︎▶︎Next ☞ 5/25(土)

こんにちは、文芸表現学科です!

 

5/18(土)に学科独自イベント「たった1行」のセリフを書くことから始める、初心者向け脚本(シナリオ)講座を開催しました!

ご参加くださった高校生・受験生のみなさん、ありがとうございました!

 

▲講師は学科長であり作家の山田隆道先生です。

 

脚本(シナリオ)とは、一般的に映画やドラマ、演劇、アニメなど、ストーリー作品の台本を指します。

小説などの一般的な読みもののように、読者に読んでもらって終了ではなく、役者や監督、プロデューサー、時には100名を超えるほどのあらゆるスタッフに向けて書かれる、いわば、設計図のようなものです。

 

そのため、脚本の書き方には、一定のルールが存在します。

と呼ばれる、場所・時間・概略などを書き示したもの。ト書きと呼ばれる、場の状況や役者の配置・動きを書き示したもの。そしてセリフの三要素から成り立つ「シーン」の積み重なりで物語が構成されています。

 

今回の脚本講座では、そんな、脚本の読み方を学ぶことからスタートしました。

 

 

参加してくださった高校生・受験生のみなさんも、「脚本」というもの自体はご存知でしたが、読んだことはない様子。

まずは、参考資料であるドラマ脚本を「情景をイメージしながら」読むことに挑戦してもらいました。

はじめての脚本に四苦八苦されている様子でしたが、1行ずつ、丁寧に読み進めていきます。

 

次は、いま読んだ脚本が映像化されたものを、脚本と照らしあわせながら見てもらいます。

 

▲参考資料として取りあげられたのは、坂元裕二さんの『ウエディング・マッチ』。(2014年7月・TBS)

 

脚本はあくまでも設計図ですので、役者や監督が変わると、できあがるものもガラッと変わります。

ただし、登場人物の関係性や置かれている状況、ストーリーの主旨、ストーリーを進めるうえで省略不可能な感情など、ぜったいに変えたくないものに関しては、脚本という限られた表現方法のなかで適切に伝えなくてはなりません。

 

そこで用いられるひとつの技法に「シャレード」というものがあります。

 

脚本のルールとして『○○は喜んでいる』『怒っている』『悲しんでいる』などといった、登場人物の感情を書くことはできません。

その代わり、登場人物にある行動をさせることで、その感情をあらわすことが可能です。

これがシャレードと呼ばれる技法です。

 

例えば、登場人物にスキップをさせることで喜びを表現したり、物を投げつけさせることで怒りを表現したりと、脚本家によってシャレードの表現はさまざま。

今回の資料として取りあげられた作品でも、シャレードが巧みに活用され、わたしたちも適切に登場人物の感情を読み取ることができました。

 

とはいえ、これはとっても高度な技法。

今回の脚本講座では、もう少し簡単に、まずはセリフの言い回しを工夫することで感情を示唆する方法を学んでもらいます。

 

 

次の参考資料は、学科で脚本執筆を学んだ卒業生の脚本が取りあげられました。

脚本を読んでいると、虫喰い箇所がちらほら。

前後のシーンを読み解き、自分だったらどんなセリフを入れるかを考えてもらいます。

 

▲いま、脚本執筆を学ぶ3年生、4年生の学生スタッフにも、一緒にワークしてもらいました。

 

セリフが書きあがったら、脚本にセリフを当てはめて読みあいを行います。

脚本を複数人で読みあうことを「本読み」と呼び、実際の現場でも、すぐに演技に入るのではなく、まずは役者と監督・制作スタッフが一堂に介して本読みを行い、ストーリーに対する理解や演技などを一緒に作りあげていきます。

 

 

さすが在学生は、本読みがとっても上手!

普段ひとりで脚本執筆しているときであっても、実際に声に出しながら執筆を進めるそう。

セリフの掛けあいがスムーズか、ナチュラルな会話になっているか、よりおもしろいセリフを模索し、声を出しながら執筆するのは脚本あるあるなんだとか。

 

 

学生スタッフが書いたセリフ、作者本人が書いたセリフをそれぞれ読み比べ、同じシーンであってもセリフひとつで面白味がガラッと変わることがわかりました。

 

山田先生曰く、良いセリフとは「示唆しているものが多いもの」ではないか、というお話がありました。

 

たった1行のセリフで、登場人物の感情や置かれている状況、ストーリー全体のキーポイントを、ズバッと読み解かせることができる。そのセリフが役者の芝居によって発せられて、はじめてセリフが立ち上がる。それこそが脚本家にとっての最大の喜びであると山田先生は言います。

 

登場人物が発するセリフには、ひとつとして不要なものはありません。

なぜこのセリフなのか、どんな思いが込められているのか。

みなさんもぜひこれから触れるセリフの面白味を感じていただき、視聴者がおもわず唸ってしまうような、伝説の「うまいセリフ」を模索し続けてください!

 

 

(スタッフ・牧野)

 


 

\視聴参加登録受付中!/

 

╭━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╮

あなたの小説に
プロの小説家・大学教員・在学生がアドバイスします!
   高校生・受験生対象オンライン合評会vol.07

╰━━━━━━━━━━━v━━━━━━━━━━━━╯

 

💡小説がうまくなりたい!小説を書く仲間と出会いたい文芸表現を学びたい!そんな方にぴったりなイベントです。

 

💡文芸表現学科が大切にしている学びのひとつ「合評会」を体験できるチャンス。自分の作品を仲間たちに読んでもらい率直な意見や感想をもらう、また仲間たちの作品を読んで率直な意見や感想を伝えるという場です。みなさんの作品で、わたしたちと一緒に合評会しませんか? ※エッセイや詩歌など、小説以外の作品も受け付けます。

 

●開催日時

5月25日(土)

10:00〜17:00

※終了時間は応募作品数によって変動します

※視聴のみの参加も可能

※時間内の入退室自由

※事前予約制

 

●実施形式

オンライン(ZOOM)にて実施

※参加方法などの詳細は、お申込みいただいた方に学科よりご連絡します。

 

●視聴参加登録&詳細はこちら!

https://hs-lp.kyoto-art.ac.jp/online/form/cource_bungei_2023

 


 

╭━━━━━━━━━━━━━━━━╮

日常をテーマに、
読者に届くおもしろい文章を書こう!

╰━━━━━━━v━━━━━━━━╯

 

💡ふだん暮らしている体験や実感をもとにして何かを書く技術は、リアリティのある描写を生んでくれます。そうした日常をテーマにして「あなたならではの視点や風景を見つけ、それを読者に提案する」というおもしろさを書き込んでみよう!

 

💡先生が丁寧にレクチャーしてくれるから、はじめての方でも楽しく参加できる!

 

💡受験生は入試対策の絶好のチャンス!このオープンキャンパスが、9月・10月の「体験授業型入試」の模擬体験になる

 

💡2日程で最大4コースの体験授業に参加できる!複数コースをためして比較することで、大学で学びたいことがきっと見つかる!

 

 

●開催日時

6月1日(土)2日(日)

午前…11:10〜12:50

午後…14:20〜16:00

※事前予約制。

※1日最大2コースまで受講可能。

※午前と午後で同じコースの授業を受けることはできません。

※両日、午前・午後の授業内容は同じです。

 

●実施形式

京都芸術大学 瓜生山キャンパスにて対面実施

 

●参加登録&詳細はこちら!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-01_02_08-24_25/

 


 

╭━━━━━━━━━━━━━╮

 「書く」表現は、
どのようにトレーニングできて、
どのように仕事につながるのか?

╰━━━━━━v━━━━━━╯

 

💡「書く」ことはどのようにすればうまくなるのか、また、世の中で「書く」ことを通してできる仕事にはどのように携われるのか丁寧に伝えます!

 

💡現場で言葉を記すことを通して、書くおもしろさを知り、深めよう!

 

💡オンライン開催だから、大学に足を運ばなくても大丈夫!自宅から参加できる

 

 

●開催日時

6月15日(土)

13:00〜15:00

※事前予約制

 

●実施形式

オンライン(ZOOM)にて開催

※参加方法などの詳細は、お申込みいただいた方に学科よりご連絡します。

 

●参加登録&詳細はこちら!

https://hs-lp.kyoto-art.ac.jp/online/form/cource_bungei_2023

 


 

\学科長・山田隆道先生が解説!/

『文芸表現学科 クリエイティブ・ライティングコース』

2025年度コース紹介動画

 

 


 

\Follow me!/

文芸表現学科公式X

 

在学生活動情報や、学科の最新情報をお届け中! ぜひフォローしてね!

 

 

 

 

 

 

<56789>