通信教育部

日常風景

  • LINEで送る

2017年11月21日  日常風景

【和の伝統文化コース】秋のスクーリングに事寄せて鳥居前の名物菓子を考えてみる

 

 

いよいよ天高く馬肥ゆる秋、澄んだ空と紅葉の下でいただくお茶とお菓子は格別です。

 

今回はそんな行楽の愉しみでもある、茶屋の名物菓子などのお話を。

 

 

 

そもそも和菓子(洋菓子に対しての近代の語ですが)の発達には、供物、薬用、酒のつまみ、軽食などの系譜がありますが、15世紀の東寺南大門に茶売りが現れ、16世紀初頭の寺社前では、小腹を満たす串刺しの餅などが売られました。

 

image1

『富士見図屏風』部分(16世紀)

 

 

やがて江戸期には旅の流行とともに、寺社の門前や街道沿いにも旅人の疲れを癒す休息所として、腹持ちのよい団子や餅などを出す茶屋(茶店)が各地に現れます。

 

なかでも桑名から伊勢の参宮街道は「餅街道」と呼ばれるほど、今なお沢山の名物餅が伝わっています。

 

image2

 

 

image3

 

俳諧論書の『毛吹草』(1645)や京都府の地誌『雍州府志』(1682~6)に、祇園社と北野社の茶屋の餅などが記されて、鳥居前の名物菓子は観光の楽しみともされました。

 

 

image4

『花洛名勝図会』(1864)

 

 

今に伝わるものでは、上賀茂神社のやきもち、下賀茂神社のみたらし団子、北野天満宮の粟餅と長五郎餅、今宮神社のあぶり餅、上御霊神社の唐板煎餅、城南宮のおせき餅、愛宕神社の志んこ(団子)、期間限定では八坂神社の稚児餅(「祇園ちご餅」は通年)などがあります。

 

image5

 

image6

 

これらは変わらぬ懐かしい味が魅力ですが、むしろ今では、何時でも日本中で同質の味が買えるコンビニスウィーツや、一か所で各地の美味が揃うデパ地下グルメとは反対に、その場だけの素朴な「レア体験!」と、ブログやSNSへ画像UPがされています。

 

その土地で出会う非日常の体験が旅の醍醐味ならば、茶屋で頬張る名物菓子は、流通が発達した昨今、一層人気があるようです。

 

時代は近代に入ると交通の発達につれ、各地でお土産に好適な、もみじや動物などを型取った銘菓が登場し、京の鳥居前にもきつね煎餅や、はと餅などが生まれました。

 

image7

 

image8

このはと餅は、洛北に位置する三宅八幡の境内と参道口(修学院駅川端)でいただけます。

 

 

image9

 

image10

 

古来より鳩は八幡神の使いとされ、宇佐八幡宮の鳩笛や、石清水八幡宮の鳥居にかかる鳩の絵文字の扁額は、平安の三蹟、藤原行成が長徳年間(995~9)に書いたものを、寛永の三筆、松花堂昭乗が元和5年(1619)に書写したものと伝わり、鎌倉の鶴岡八幡にちなむ鳩サブレーもお土産の定番です。

 

 

image11

 

 

 

image12

 

この愛らしく、もっちりと美味しいはと餅、実は本学から徒歩で程ない詩仙堂前でもゲットできるので、スクーリングの土産話にもなるでしょうか。

一方、八幡宮や鳩の関連では、本学東京校から国立競技場を挟んだ千駄ヶ谷に、円仁ゆかりの鳩森八幡神社が鎮座しています。

ここには江戸期に流行った富士塚があり、富士詣の疑似体験ができるとともに、持帰れる可愛い鳩みくじも密かな人気のスポットです。

 

スクーリングの折、紅葉の瓜生山や、外苑の銀杏並木のミニトリップで、参詣と奉納、名所や名物といった和の観光と旅文化を考察するのも、文化の秋にはふさわしいかもしれません。

 

 

さてと、こんなとりとめもないこの話も、そろそろわらじを脱いで一服とすることに致しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

入学説明会スタート!

 

事前予約は不要です。会場に直接お越しください。(途中入退場も可能です。)

 

【京都】

授業名 :香りの伝統文化

開催日 :12/3(日)12:00~

担当教員:宮﨑涼子

持ち物 :筆記用具、メモ

 

【東京】

授業名 :平安朝の響き

開催日 :12/10(日)12:00~

担当教員:森田都紀

持ち物 :筆記用具、メモ

 

詳しくはこちらから ↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_dec/

 

説明会2016_和伝

2016年度の入学説明会の様子

 

 

 

 

 

季節感のある情報などお楽しみいただけるコースサイトはこちらから↓

 

和の伝統文化コース コースサイト

コースサイト11

 

 

 

学科コース紹介|和の伝統文化コース

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年10月27日  日常風景

【ランドスケープデザインコース】里山リノベーション

こんにちは。
ランドスケープデザインコース・業務担当非常勤の湊です。
普段は外苑キャンパスでのスクーリング運営サポートや、設計や模型製作のスクーリングを担当しています。
今回は、僕が富山市で取り組む「里山リノベーション」について紹介します。

201710land_blog1

普段、「森をつくるケンチク」「森をつくるデザイン」をコンセプトに設計・デザイン活動をしており、間伐など森づくりに貢献する木材を用いたデザインをしています。

ヒノキ間伐材を用いたオーガキッチンや空間(デザインに合わせ製材も自ら手配します)

ヒノキ間伐材を用いたオーガキッチンや空間(デザインに合わせ製材も自ら手配します)


スギ間伐材を用いた保育遊具や家具

スギ間伐材を用いた保育遊具や家具

富山市音川地区では里山林の放置が農作物への獣害を助長し、農地に影を落とすなど生産性の低下を引き起こしていましたし、素材・資源はたくさんあるのに疲弊し元気のない里山を見ているうちに人工林が農業への影響だけではなく、畜産や林業など一次産業を中心とした里山の生活に大きく関わっていることが次第にわかってきました。
そこで、富山市音川地区では1次産業間の連携によって地域を再生・ブランディングできないか、また、新しい風景を作れないかなと考えました。

 

たわわに実る葡萄の下で羊や鳥さんが、葡萄の木の陰でくつろいでいます。

201710land_blog4
農薬を使わず、除草剤も使わない農園内では羊が除草を仕事とし、鳥さんは土つくりを担います。土には、間伐材から家具や建築を作る時のオガコを使います。通常3年程度は完熟までにかかると言われる有機堆肥ですが、羊や鳥さんたちをお薬フリー(ホルモン剤や抗生物質)で朝から元気に育てることで1年程度で出来上がります。
201710land_blog5

201710land_blog6
草刈りヤギにすっかり人気者です。茶色の土の部分は堆肥です。
これまでは、毎年決まった時期、に決まった量の肥料を施し、定期的に草を刈り、除草剤を撒き、雨が降るたびに農薬を撒くという重労働でした。年々荒れた耕作地が増えていましたが、この堆肥を使って近隣のおいじいちゃん(農家さん)の生産量も増えてきました。今では、積極的に首都圏の商店街と連携したりマルシェ等へ出店したりしています。

201710land_blog7

皆さんも、是非、富山市音川地区を訪れてみてください。

そして、ランドスケープデザインコースは、このような「里と農の再生」といった学びも、カリキュラムとして取り入れています。

京都の瓜生山キャンパスで体験入学もありますので、是非、足をお運びください。

 

/////////

申込受付がスタートしました!
〜ランドスケープデザインコース「秋の一日体験入学」〜
「京の丘の魅力ー吉田山の今昔ー」
日時:2017年11月4日(土)  12:00~16:00
会場 京都造形芸術大学瓜生山キャンパス
お申し込みはこちら。
/////////

 

 

ランドスケープデザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2017年4月7日  日常風景

【芸術学コース】教員の仕事とは?研究調査活動について

気づけば桜も花開き、心踊る季節となりました。

みなさんこんにちは。今回は、芸術学コース教員の池野絢子が担当します。

 

さてこれまでは、主に芸術学コースの授業や行事内容についてご紹介してきましたが、

今回は、教員の研究活動について少しだけご紹介させていただきます。

 

研究活動、といってもあまりぴんとこないかもしれませんが、大学の教員にとっては、授業などの教育活動を行うだけではなく、自分のテーマの研究をして、その成果を公表することも大切な仕事の一つです。

具体的には、それまで調べたことをまとめて学会で発表したり、論文や書籍として活字化することですね。

 

私はイタリアの近現代美術を専門にしていますが、普段は日本国内で手にはいる文献をいろいろ読んで、知識を得ています。

けれども、日本国内での調査だけでは、作品を実際に見ることは難しいですし、資料収集にも限界があります。ですので、年に1回程度は、現地に調査へでかけます。

というわけで、2016年のイタリア現地調査の様子を少しだけご紹介しましょう。

 

20170406image1

 

私が昨年訪れたのは、北イタリアのヴェローナ近郊にあるロヴェレートという都市です。ロヴェレートという名前は、ほとんどの方はご存知ないと思います。ガルダ湖にほど近い小さな街で、数時間あれば旧市街は一周できてしまうくらいの規模です。私が行った時は夏でしたが、人も少なく大変静かでした。

なぜそこに行ったのかというと、この町に国立の近現代美術館があるからなのです。三ヶ所の施設からなる複合美術館で、トレント・ロヴェレート近現代美術館、通称MARTと言います。

 

20170406image2

 

なかなか立派な美術館ですよね。ロヴェレートにあるMARTの建物は、2002年にオープンしました。とくに「未来派」と呼ばれる運動を中心とした20世紀イタリア美術の貴重なコレクションを有することで知られています。私は最近、その未来派の画家の一人について調べていたので、この美術館にどうしても行く必要がありました。常設展は撮影可なので、じっくり作品を鑑賞しつつ、写真を撮りまくります。いくつか所蔵作品をご紹介しますね。

 

20170406image3

20170406image4

20170406image5

 

上から、ウンベルト・ボッチョーニ《肩越しのヌード(逆光)》(1909年)、ルイジ・ルッソロ《イントーナルモーリ(雑音調整機)》(1914年、レプリカ)、カルロ・カッラ《ロトの娘たち》(1919年)です。ちなみに最後の作品については、「アネモメトリ」の「空を描く」というリレーエッセイに少し書きましたので、興味のある方は読んでみてください。

とはいえ、今回MARTを訪れたのは、美術館が所蔵している作品を見るためだけではありません。MARTは、充実した近現代美術のアーカイヴを併設していて、そちらの調査が主たる目的でした。

アーカイヴというのは、公文書や古文書を保管する施設のことですが、美術に関するアーカイヴには、たとえばある画家が書いた手紙や日記、その画家が持っていた書籍や原稿の草稿など、大変貴重な資料が保管されています。それらの情報は、有名な画家でない限り公刊されていないことが多く、研究者はアーカイヴへ行って、実物を見る必要があるわけです。施設の外観だけご紹介しておきますね。

 

20170406image6

 

MARTのアーカイヴはコピー代が高額なので、その場で資料を読み、必要箇所をパソコンでひたすら書き写す毎日でした。私が調査に行っていた期間には、他にイタリア人研究者が2、3人、卒論か修論を準備していると思しきフランス人の学生さんが2人ほど来ていました。こんな場所が家の近くにあると、卒論の準備も捗りそうで良いですね。アーキヴィストの方も親切で、オンライン資料の使い方を丁寧に指南してくださいました。

 

アーカイヴ調査はとっても時間がかかりますし、欲しい情報が手に入らず徒労に終わることも多いのですが、美術史も「歴史」を相手にする以上、資料を地道に読むのはとても大切な作業なんです。とくに手紙や日記資料は、手書きなので読むのは一苦労なわけですけれども、画家の「声」に触れられるので、それまで全然気づかなかった驚くような発見があったりします。

 

さて最後に、今回ロヴェレートとあわせて訪れた都市ヴェローナの様子をご紹介して終わります。ヴェローナはロミオとジュリエットの舞台になったことで有名な街ですが、素晴らしい教会や美術館を有する町でもあります。

 

20170406image7

20170406image8

20170406image9

 

上から、アレーナ(円形闘技場)前広場の様子、サンタナスタシア聖堂のピサネッロ《聖ゲオルギウスと王女》(1433-1438年)、サン・ゼノ聖堂です。夏のあいだ、ヴェローナのアレーナでは夜間に野外オペラが開かれるため、広場にはオペラ用の大道具が置かれていました。ちょっと不思議な光景です。また教会のフレスコ画は、現地でしか見られないものがほとんどですので、この機会を逃さず見て回ります。これも勉強ですね。

 

そんなわけで今回の調査旅行も無事に終了しました。イタリアの旅はハプニングがつきものなので、見たかった作品が見られない…ということが今回もありました。でも、旅も研究も、過程を楽しむ気持ちがとても大事なのだと思います。持ち帰った資料を地道に読みながら、また、次の機会を待つことにします。

 

 

 

 

京都造形芸術大学通信教育部 芸術学研究室が運営しているツイッターもぜひご覧ください。

芸術学コースのつぶやき@geigaku4

 

芸術学コース |学科・コース紹介

  • LINEで送る

2016年4月5日  日常風景

【空間演出デザインコース】春の訪れに色んな想いの詰まった卒業制作を振り返る

写真01

 

 

 

 

みなさんこんにちは。空間演出デザインコースの上田です。

週末の入学式に向け大学周辺はまさに今桜満開の春を迎えています。なんとか週末までもって欲しいと願いながら自転車を走らせました。

 

 

 

 

 

写真02

 

 

 

さて、2015年度の卒業制作展では我がコースは二年連続学長賞を獲得するなど今年も大盛り上がりで幕を下ろし、現在WEB卒業制作展が開催中ですが、今日は惜しくも受賞はならなかったものの印象に残った作品をふたつご紹介します。

 

 

 

 

 

 

写真03

 

 

 

ひとつはこの折り紙の作品「京彩集折紙」です。京都の都市空間を彩る色彩を分解、再構築して模様を作りあたらしいお土産として発展させた作品で、建築篇をはじめ三シリーズで構成されています。

 

 

 

 

写真04

 

 

 

展示は折紙とそのパッケージとしての作品でしたが、それだけでなくプロダクトや空間への応用もできるよねと話していたところ、卒業式後の祝賀会でサプライズがありました。

 

 

 

なんと、ネクタイになってプレゼントいただけました!これは建築篇の清水寺バージョンでした。卒業生が我々の雑談を聞きつけみんなで製品化してくれたようです。私のネクタイの他にも、Tシャツやマグカップなどの製品になってました。アイデアだけでなく、早速具現化してしまうという、五感を大切にする空間演出デザインコースならではの贈り物に感激するとともに、改めて卒業に関わることのできた喜びを噛みしめることができました。

卒業生のみんなありがとう!

写真05

 

 

 

 

 

早速次の日着用してみたところです。川合先生、寺尾先生とともに。

 

写真06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつは、こちらのポスターにある「陰翳礼讃ノススメ」という作品です。この作品は専業主婦ながらデザインを学ぼうと入学したFさんの作品ですが、一昨年に私の担当したスクーリング「空間演出デザインV-3 ライティングデザイン」で参考文献として指定した谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』という本からインスピレーションを得て生まれました。

 

 

 

 

 

 

 

写真07

 

現在のように蛍光灯(もはやLEDですね)などの照明が十分で無い時代、蝋燭の灯程度で過ごす暗がりの中で育まれた日本の美意識について論じられた本なのですが、その美意識を「翳シ(カザシ)」と「透カシ」の2シリーズで照明器具として提案したものです。

 

「翳シ」シリーズは5種類あり、例えば右の『砂壁』などは、座敷に届く柔らかく微かな光を染み入らせる繊細さがどんな装飾にも勝る美しさを持つという状況を体感できる照明器具となっています。

写真08また光源は、蝋燭の灯を再現すべく光がゆらぐ電灯を用いています。

 

 

 

 

写真09

 

「透カシ」シリーズは着せ替え可能な障子型照明でユーモラスな透かし模様を楽しむ作品となっています。

 

 

 

 

現代インテリアにも取り入れてみたいものですが、これらが生まれてきた背景にはFさんの住環境にもありました。Fさん宅の窓の外にはすぐ隣家があり十分な自然光を得られないことが長年の不満だったのですが、空間演出デザインを学んだことで、その暗さを嘆くばかりでなく、積極的に楽しもうというという発想に辿り着き、この作品が生まれたわけです。

写真10

 

 

 

ちなみに彼女が私のスクーリングで制作したライティングデザインはこのようなカウンターのあるバーの空間です。この頃から明かりと質感について興味があったのだなと感心しながら振り返りました。人影が私のシルエットそっくりで驚いた記憶も蘇りました。

 

 

 

 

 

このように、通信教育で学ぶ社会人ならではの身近な生活に基づいた発想からまだまだ新しいアイデアは生まれると思います。またこの作品の制作にも多くの年代が様々な学友の視点の違うアドバイスが改善に役立ったようです。

まだまだ改良できる点は山ほどありますが、光を獲得して当たり前になってしまった現代の我々にとって少し立ち止まって考えるきっかけとなる取り組みだったように思います。

 

空間演出デザインコースはインテリア空間や生活に関わるデザインや設計を学ぶコースで二級建築士受験資格やインテリアプランナーなどの各種資格も取得可能ですが、まずは本当の豊かな生活とは何だろうかという問いかけからスタートし、自身の集大成を既存の産業区分や形にとらわれず、大胆に、最も楽しい卒業制作を目指していただきたいと思います。

写真11

 

 

 

 

 

 

冒頭の満開の桜もいいですが、こんな道端の風景も愛でる視座を持ちたいものですね。

 

 

 

 

 

 

出願は4/15までですが、一足先に今週末は入学式と初回ガイダンスです。
入学してソワソワしてる皆さん、もうすぐです。
空間演出デザインという生活に根付きながら実験的な挑戦を続けるデザインをみんなで学びましょう!

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2016年4月4日  日常風景

【建築デザインコース】「建築は楽しい。みんなと学ぶともっと楽しい。」

皆さん、建築デザインコース研究室の岸川です。

京都の桜も満開となり、本格的にすがすがしい季節を迎えますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

先週末は通学部の入学式がありましたが、今週末はいよいよ通信教育部の入学式ですね。

まだ入学をされるかどうか迷われているみなさん、まだ間に合います。

春から心機一転、コースで建築を学びながら仲間たちと一緒にステップアップしていきませんか。

建築デザインコースのカリキュラムは芸術大学ならではの、初学者の方が楽しみながら習い、楽しみながら考え、そしてつくることができるような、なるほどがたくさん詰まった課題を用意しています。

社会人の皆さんが限られた時間の中で学習、制作に励むことはつらいことが伴うこともあるでしょう。

だけど、建築は楽しい、と心から思えるような成果が仲間たちとあげられるように、研究室一同でみなさんの学習をバックアップしていきます。

 

2015年度卒業生の成果は「通信教育部デザイン科WEB卒業制作展」にて6月30日(土)まで公開されています。

ここにある先輩方の姿、作品に何年後かの自分自身を重ねてみてください。みなさんもきっと出来るはずです。

 

さて、最後に先のブログでアナウンスした「プリミティブ・エンヴェロープ コンストラクション」の成果を紹介します。

10人ほどの卒業生、在校生が力を合わせて4時間ほどの作業で、紙官と輪ゴムで柔らかな覆いをギャラリー空間いっぱいにつくりあげました。

primitive envelope_0403

一本一本の紙管はとても軽いものです。だけどもそれが束になった時のずっしりとした重さを身体で感じながらの作業でした。

 

建築は決して一人ではできない。いろんな人との協働作業です。それは通信教育部での学習も同じです。

通信教育だからひとりで勉強するということはありません。

スクーリングでの仲間や教員といろんな会話、そして添削でのコミュニケーションを通して、みんなで卒業というひとつの目標に向かって進んでゆくのです。

それでは、みなさんと入学ガイダンスでまずはお会いできることを楽しみにしています。

 

建築デザインコース | 学科・コース紹介

1 2 3

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。