美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年3月29日  ニュース

【総合造形コース】NEW!!~教室編

 

現在、立体・総合造形コースでは

新しい教室建設の真っ只中です。

 

DSCN0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロフト風(?)2階建てブースは真っ白な壁に電源も完備!

 

 

 

 

DSCN0004

 

立体・総合造形コース3・4年生と

大学院生共有スペースになる予定ですが、

学年の隔たり無く

みんなで交流できる場所にしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

4月の完成が楽しみです♪

 

 

  • LINEで送る

2013年3月29日  ニュース

【染織テキスタイル】卒業制作展を少しふりかえってみると:八幡はるみ

 

卒業制作が終わりました。

もうすぐ4月です。ここでもう一度ふりかえってみます。

 

▼染織テキスタイルコースは美術工芸学科のなかでも、アートからデザインまで作品の内容にバラエティーがあることが特徴です。

伝統的な絣織の着物は目にも手にもやさしい作品で、思わず「キモノを着てみよう」という気持ちになります。

 

_2251776

 

▼たくさんのユニクロのTシャツをほどいた作品は、これだけ伸びるのかという造形的なおもしろさや意外性と同時に、「みんなおんなじ」という同時代社会の特徴も掴んでいます。

 

_2251774

 

▼帆布を柿渋で染めたキューブバッグは展示とともに販売もしました。

展示台はパッケージにもなる合理的な提案でした。全作品が完売!といううれしい手応えもありました。

 

_2251730

 

▼最後に空間について。いつもの混沌とした作業工房がこんなにきれいな空間によみがえり、学生本人も驚きです。

よみがえった空間で思う存分に展示発表ができました。作品をつくることは当然の大仕事。

でもさらに床をピカピカに磨き上げ、壁をペンキ塗りしてという作業も含めて、学内展ならではの醍醐味でした。

卒業制作展に向けての1年間がまた4月から始まります。(染織テキスタイルコース教員:八幡はるみ)

 

_2251670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年3月28日  ニュース

【油画コース】報告★アートフェア東京2013 その②

美術工芸学科、油画コースです。

さて、引き続きOBたちのブースと作品を紹介しよう。

 

▼イムラアートギャラリーのブースでは、

新進の画家たちのなかに極並佑君(写真・左)桃田有加里さん(写真・右)を見つけた。

SN3S0618

SN3S0619

 

二人とも若くて大学一年生の時の絵が、まだ私の記憶に生々しく残っているくらい。

時の立つ早さを感じますね。二人とも昔から積極的だったなあ。

 

私もがんばろ…

 

 

▼蔵丘洞画廊の外壁ブースでは、大学院の版画を昨年修了した

長谷川可奈さんの作品が壁一面に展示されていかるのを見つけた。

 

SN3S0676

フレッシュに感じる。

 

彼女は伝統的な木版手法をずっと研究していた人です。

一つのことにこだわることはとても大事ですね。

 

 

▼続いて若手を育成されているギャラリーからは江畑芳さんの作品が目を引きました。

本学大学院、博士課程2年の院生です。

 

SN3S0635

本江邦夫氏もちゃんと覚えておられましたよ。

 

江畑さんは3月29日~4月13日まで

東京のギャラリーSuchiで個展開催します。

 

ぜひお出かけください。

 

 

 

▼そして最後に坂本千弦さんに会いました。 本学から、東京芸大大学院に行った人です。

 

SN3S0690

作品だけでは坂本さんだとわからなかったくらい変貌していたように感じました。

 

黒画用紙に白鉛筆?

 

微妙で微細なモチーフが描かれています。

 

あくまでもさりげなく、密やか。

手法はシンプルですが、この先にさらに不思議な絵画の形が待っているように思えました。楽しみですね。

 

 

 

そんな訳で通り一遍ですが、大学関係者の出品状況を紹介しました。

会場にカメラをわざわざ持って出かけたわけではないので携帯の下手な写真でごめんなさい。

 

さて、これからのアートフェアはどうなるのでしょうか。

 

かつて私が芸大生だった頃、こういう形があろうとは露ほども思わず、

絵描きという「生業」は成立しても、食べていける「職業」としては見通しが立たないのが当たり前でした。

 

しかし現在ではどうでしょう?

こんなに華やかなアートフェアが開催され、沢山の若手アーティストに白羽の矢が立つ時代に、

それはアートにとって、やっと歓迎すべき時代が到来したと喜ぶのが人情?でしょう。

 

作る人、見る人、見せる人、買う人、

それら人と人との関わりが釣り合って始めてこの世界が成り立つのだと思いますし、

その意味ではアートが私たちの生活に深く根付いてきたといえるのかもしれません。

 

前回にも少し書きましたが、

父親は子供を連れて絵の前で何か話ができるような、

あるいは老いた両親の手を引き、絵を通して語らうことができるような、

そんなアートを手がかりに会話が弾む日本の国の姿がさらに近くに来ることを期待します。

 

本学の理念もそうですね。

 

「芸術が人をつくる!」

 

今回のアートフェア東京には、

千住博前学長も細川護煕学園長も出品されていましたが、

奇しくも京都造形大学のシルエットが少なからず感じられる興味深いものでした。

 

 

最後に。

 

現代美術をかかげる各ギャラリーに混じって

近代の洋画斎、斉藤義重や香月泰男、熊谷守一など、

渋くて重厚な作品が岐阜、名古屋の各画廊から沢山出ていました。

 

歴史はさまざまな絵画を淘汰していくのだと、ふと思いました。

私の感傷かな。

 

(京都造形芸術大学 美術工芸学科 油画コース教員 川村悦子)

  • LINEで送る

2013年3月28日  ニュース

【油画コース】報告★アートフェア東京2013 その①

こんにちは。

美術工芸学科、油画コース教員の川村悦子です。

桜が一斉に花開きましたね。

 

今年の春は寒かったり、暑かったりと不順な気候ですが、

巡る季節のなかで満開の桜を眼にすると、

何故か学校が恋しく、懐かしく感じられるのではないでしょうか。

 

今回相次ぐ展覧会のなかで、特に東京の一つのスポットを紹介しましょう。

 

東京ではフランシス•ベーコンが国立近代美術館で、

ラファエロが国立西洋美術館で開催されていますが、

東京国際フォーラムではアートフェア東京が開催されていて、

京都造形芸術大学 洋画コース出身者たちの作品に出会いました。

 

せっかくの機会ですので、皆さんの先輩たちの現在の活動ぶりをお伝えしましょう。

 

 

▼まずはアートフェア東京2013の会場、有楽町にある東京国際フォーラムです。

SN3S0617

3月21日に特別内覧会がありました。(アートフェアは2013年3月22日~3月24日)

 

今年は会場が少し広くなったそうですが、所狭しと並べられた各ブースに

さらに作品が一斉に陳列されていて、現代美術から近代美術、

書画骨董の古美術までが顔見せして壮観でした。

 

昔イタリアのボローニャで見た巨大なアートフェアを思い出したのですが、

何か足りないなあと記憶を遡れば、

そうだ、ここ(東京)には子供が一人もいないのだと気がつきました。

 

初日の前の内覧会ですから、特にこの日は関係者や業者が多いのは当然ですが、

ボローニャでみたアートフェアでは家族連れが多くて、いかにもアートを楽しむほのぼのとした姿が印象的だったのです。

 

子供が美術に慣れ親しむ空気が薄いように、こんなところにも感じてしまったのかもしれません。

 

大丈夫かな、芸術日本?

 

 

さて会場で本江邦夫先生に出会った時、こうおっしゃいました。

 

京都造形大の出身者が結構いますな、と。

 

本江先生は以前に千住博前学長と我が大学の卒展賞審査を何年か勤めて頂いた経緯があって、

よく覚えておられたのですね。

 

 

確かに見覚えのある作品がありました。

 

ではこの機会に京都造形大洋画出身者の作品と展示ブースを見ていきましょう。

 

▼まずは一期生の津上みゆきさん。

SN3S0628

ギャラリーハシモトのブースから。

 

津上さんはこのたび五島記念文化賞の美術新人賞を受賞しました。 おめでとう!

その賞で、津上さんは7月から英国に一年間留学することになりました。

これからさらに広い視野で、世界を舞台にますます活躍してください。

ツガミちゃん、身体に気をつけて!

 

 

 

▼続いて安冨洋貴君、東邦アートのブースから。

 

SN3S0700

鉛筆で克明に描写するスタイルが定着してインパクトが強いです!

人の足を止める作品力がありますね。

 

彼の「水」の表現はなんていうのだろう。人の内にある様々な陰影を感じさせます。

 

清らかなような、悲しいような、激しいような…。

 

 

▼実は安冨君の隣合わせに 私(川村)のブースがあり、本当に驚きました。

 

SN3S0656SN3S0649

 

縁があるものです。せめて字だけでも目立たせておこう!

 

 

さて

 

▼会場で日本画の菅原健彦先生のブースを発見しました。

SN3S0688SN3S0677

 

 

最初、遠目に眺めた時に油画の作品だと思い込んでいました。

そこでお会いしたものだからまた驚き。

 

黒々とした筆勢がすさまじいです。

墨の階調の美しさに加えブルーや黄色い色が鮮やかな光彩を放っていて、

とっても新鮮でした。

 

こうしていろんな場所で京都造形大の関係者に出くわすのは嬉しいものです。

 

では一気にOB、OGたちのブースと作品を紹介しましょう・・・。

 

 

 

 

と、続きが気になりますが、今回はここまで!

 

報告★アートフェア東京2013 その② をご覧下さい。

お楽しみに♪

1 59 60 61

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。