美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年4月18日  ニュース

スタートしました!“総合造形talk#1”

4月10日(水)より始まった前期授業。

 

総合造形コースでは“総合造形talk#1”と題した

名和晃平先生と宮永愛子先生によるレクチャーを行いました。

IMG-20130410-00293

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「総合造形、増えたな~!」

名和先生が入室されての第一声。

 

2年前に編成された総合造形コースは、現在3年生までが在学。

先輩・後輩間のつながりも多く、年々ネットワークは膨らんでいます。

 

 

IMG-20130410-00292

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のレクチャーは

立体造形・陶芸コースの学生にも集まってもらい、

みんなで一緒に節目を迎えることが出来ました。

 

 

 

 

IMG-20130410-00290

先生の作品紹介から、

学生からの質問を交え最後は恋愛の話まで、、、

 

身近なキーワードが飛び交います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“総合造形talk”

今回は記念すべき第一回目でしたが、今後も定期的に開催予定です。

 

どうぞお楽しみに~

 

  • LINEで送る

2013年4月17日  ニュース

【染テキスタイル】こしょこしょ話の日。なんで?

こんにちは。染織テキスタイル副手のホンダです。

 

先週から3年生丹羽ゼミ☆スタートしました!!!

3年生は8つのプロダクト演習の中から気になるゼミを1つか2つを選び、

作品を作って社会にどんどん発信して行きます。

 

丹羽先生の授業では、ミシンをつかって鞄を制作。

初回ゼミは、

まず、布を切って、貼って、縫って

お洒落なアップリケを作るところからスタートしました!!!

 

IMG_6941

▼みんな、かなり真剣です。

 

「うーん。次どんな布もってこようかな?」

「その色いいんちゃう?」

「かわいいなぁ。」

 

なぜか、今日はみんなの声がとっても小さい

こしょこしょこしょお話しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6949

 

▼「なんで、今日はこしょこしょ話?」

と尋ねると。

「マミタス(真ん中)がこしょこよ話で話すから…」

だと言うこと。

「マミタス、なんでこしょこしょ話なん?」

と尋ねると。

「集中してるから。」

 

 

 

だって。「あら。邪魔してごめんなさい。」

 

 

 

 

IMG_6955

▼きれいなリボン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6920

 

▼切った布をアイロンで貼り合わせていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6930

 

▼いろいろな柄

いろいろな色

とってもワクワク♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6962

▼坂東さんは、別のゼミを取っています。

今日は、京都国立近代美術館へ見学でした。

「どうだった?」

「とっても良かったですよ。」

展覧会の感想はまた、次回に…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う訳で、今からそれぞれのゼミからの報告レポートがとっても楽しみな、ホンダです。

みなさん。良い作品作って下さいね!!!

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年4月6日  ニュース

【総合造形】レクチャーのお知らせ

4月10日(水)より、いよいよ2013年度の授業が始まります。

 

新年度を迎えるにあたって、

総合造形コースでは”総合造形 talk#1”と題し、

名和 晃平先生と宮永 愛子先生によるレクチャーを行います。

 

「総合造形」という場のメリットとは?

多種多様な素材とどのように向き合っていくのか??

名和先生と宮永先生は学生の頃どんなことを考えて制作をしていたのか???―等々、

総合造形の新入生から大学院生まで、

みんなで一緒に考える機会にしたいと思います。

 

総合造形コース、総合造形ゼミ、総合造形領域 大学院生、教員の皆さま、

ぜひお集まりください!!

 

※会場はKE23教室、時間は16:30~を予定しています。

 

型取り講評

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(昨年の授業風景より)

 


  • LINEで送る

2013年3月29日  ニュース

【総合造形コース】NEW!!~教室編

 

現在、立体・総合造形コースでは

新しい教室建設の真っ只中です。

 

DSCN0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロフト風(?)2階建てブースは真っ白な壁に電源も完備!

 

 

 

 

DSCN0004

 

立体・総合造形コース3・4年生と

大学院生共有スペースになる予定ですが、

学年の隔たり無く

みんなで交流できる場所にしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

4月の完成が楽しみです♪

 

 

  • LINEで送る

2013年3月29日  ニュース

【染織テキスタイル】卒業制作展を少しふりかえってみると:八幡はるみ

 

卒業制作が終わりました。

もうすぐ4月です。ここでもう一度ふりかえってみます。

 

▼染織テキスタイルコースは美術工芸学科のなかでも、アートからデザインまで作品の内容にバラエティーがあることが特徴です。

伝統的な絣織の着物は目にも手にもやさしい作品で、思わず「キモノを着てみよう」という気持ちになります。

 

_2251776

 

▼たくさんのユニクロのTシャツをほどいた作品は、これだけ伸びるのかという造形的なおもしろさや意外性と同時に、「みんなおんなじ」という同時代社会の特徴も掴んでいます。

 

_2251774

 

▼帆布を柿渋で染めたキューブバッグは展示とともに販売もしました。

展示台はパッケージにもなる合理的な提案でした。全作品が完売!といううれしい手応えもありました。

 

_2251730

 

▼最後に空間について。いつもの混沌とした作業工房がこんなにきれいな空間によみがえり、学生本人も驚きです。

よみがえった空間で思う存分に展示発表ができました。作品をつくることは当然の大仕事。

でもさらに床をピカピカに磨き上げ、壁をペンキ塗りしてという作業も含めて、学内展ならではの醍醐味でした。

卒業制作展に向けての1年間がまた4月から始まります。(染織テキスタイルコース教員:八幡はるみ)

 

_2251670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 59 60 61 62

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。