こども芸術大学

日常風景

  • LINEで送る

2016年5月24日  日常風景

5月24日(火) いつもとちがう道で

このごろはとても暑く、上着を脱いで半袖で遊ぶ子どもたちの姿がよく見られます。

今日も温度計の針は30度の少し上を指していました。

「こんな日は屋内でゆっくりと」と思う親子もいたかも知れませんが、この暑さの中で元気に成長しているであろう野菜たちの様子を見に畑まで行きました。

 

こども芸術大学の畑は木の茂る道を抜けた場所にあります。道中では大きな木が日陰を作り、幾分か涼しく感じます。

普段、子どもたちが畑へ行くときに使っているその道は、砂利が敷き詰めてあり歩きやすいのですが、今日は舗装されていない山道を辿り畑へと向かいます。

 

IMG_7013

お母さんたちと畑で会おうねと約束し、職員と子どもたちだけで道なき道を進んでいきます。

今回の山道は年少さんにとっては崖と言ってもいいくらいの傾斜がありました。

そんな場面では年長さんたちが率先して手を差し出し、年下の子たちの手助けをしてくれています。中には一番先頭を歩き、年少さんにとっては大変そうな場所を見つけては最後の子が登れるまで手を差し出し、声を掛けてくれる年長さんもいました。

 

IMG_7011

IMG_7020

途中、子どもたちが畑のほうを向いて大きな声で「やっほー」と叫びます。

すると、木々の向こうから「やっほー」とお母さんの声が返ってきます。

 

IMG_7016

畑で待っていてくれたお母さんたちと無事再会し、トマトやスイカなどの夏野菜にお水をあげて、午前中の活動を終えました。

 

IMG_7026

IMG_7022

IMG_7027

お昼ご飯の時間。いつもはお弁当を残してしまう年少さんが、真っ先にお弁当の準備をしている様子が見られました。

たっぷりと身体を動かしたあとに食べるお弁当は、一段と美味しく感じたのではないでしょうか。

 

(村瀬浦人)

  • LINEで送る

2016年5月19日  日常風景

5/19(木)今日の活動

 

今日は朝の遊びと学びの時間に畑に行きました。

この前植えた、トマトの支柱立てとスナップエンドウ、そらまめと

イチゴを収穫しました。

野菜は日に日に大きくなっています。

 

IMG_7980 IMG_7977

IMG_7983

対話の時間はからだの時間です。

IMG_7992 IMG_7991 IMG_7994

みんなでからだを動かしたあとはじゃんけん列車で終わりました。

からだを動かしたあとに掃除をして

おやつをいただきました。

IMG_7996

朝に収穫した野菜とイチゴです。

とても美味しかったです。

 

(村瀬尚美)

 

 

  • LINEで送る

2016年5月16日  日常風景

5月13日(金) 忍者になるには

この日、年長さんが発表してくれたものはトゲトゲした黒いものでした。それはとても硬く、不思議な形をしていました。話を聞いてみると、近くの湖で採集してきたそうです。

IMG_7725

IMG_7726

「忍者が使うやつやで」と言われ、初めてこれが忍者の必須アイテムのひとつである撒菱(まきびし)であることがわかりました。その昔、忍者は追っ手から逃れるため、水草であるこの菱の実を乾かしたものを地面にばら撒いたと言われています。

 

半年前の学祭のとき、この年長さんは忍者になりきっていました。持っている手裏剣などの武器はお母さんたちの手作りでした。その時持っていた忍者への憧れをまだ失っていなかったようです。

IMG_7715

今回はこの菱の実をベランダの蓮鉢に蒔いてもらいました。「いっぱいできたら忍者になれるな」と自分の持っている菱をすべて水へ浮かべてくれた年長さん。

IMG_7716IMG_7717

菱について調べてみると、4・5月頃に水底の泥中で越冬した果実から1個の線状をした子葉を発芽するということがわかりました。時期としてはぴったりです。あとは、この浮かんでしまっている果実が発芽するのかどうかです。近いうちにこの年長さんを誘い、数個だけ泥の中に埋め込んでみようと思います。

 

9月に行われる学祭では撒菱を撒き、瓜生山へと逃げていく忍者の姿が見られるかもしれません。

IMG_4737

(村瀬浦人)

 

  • LINEで送る

2016年3月10日  日常風景

3月誕生会(3/10)

今週の月曜に、3月生まれの誕生会をしました。

3月のみんなは4月から1年間この日を楽しみに待ちに待っていました。IMG_5622

子どもたちの発表も気合いが入っていました。

年少の女の子は、最近お昼にずっとやっていた玉つきをみせてくれました。

IMG_5626

この玉つき、ただの玉つきではないのです。

合間にくるりと2回女の子がまわってさらに玉をつき続けるのです。

 

自信に満ちたこの表情!

とてもかっこよかったです。

IMG_5631

続いては年長の女の子が縄跳びを発表しました。

こちらの女の子も、最近ずっと縄跳びをしていました。

自分で発表を決めて、練習を重ねて自信をつけていった女の子。

もうすぐ小学生になる女の子の成長を感じ、頼もしかったです。

IMG_5640

後ろ跳びやあや跳びなど難しい技をやった上に、さらに「目つむり」という技も披露してくれました。

IMG_5642

最後の発表は年長の男の子です。

なんと「世界遺産クイズ」を出してくれました。

 

「これはなんでしょう」

IMG_5644

クイズの下のほうに描いてある像は「モアイ像」と答える子もいて盛り上がりました。

「ピラミッド!!」と子どもたちが答えると、嬉しそうに「正解」と答えていました。

 

他にもピサの斜塔やサグラダファミリアなど、各国の世界遺産のクイズがありました。

「ピラミッドはお墓です」など、それぞれの世界遺産豆知識も教えてくれ、面白かったです。

IMG_5647

いつもならここで誕生会はおしまいですが、3月生まれのお母さんも親子でトーテムポール発表をしてくれました。

お母さんの肩の上で真剣な表情で慎重に立ち上がる男の子。

最後にぴしっとポーズをつけると、自然とみんなから拍手が起きました。

IMG_5653

そして午後には誕生会のおやつの時間がありました。

今日はみんなでテーブルを囲んでいただきました。

お母さん手作りの豆腐のケーキ、とてもおいしかったです。

IMG_5669

IMG_5673

3月生まれのみんな、お誕生日おめでとう。

 

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐おまけ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

午後に卒業式で年長さんに送る言葉を、年少さんと年中さんで考えました。

「ひみつの会議をひみつの場所でするから、着いてきて」と声をかけると、ノリノリの子どもたち。

 

着いた場所は職員の事務所です。

「年長の○○ちゃんと遊んだ」

「いっぱいお世話してもらった」

「だっこしてくれたり、なぐさめてくれた」など、いろいろな年長さんへの想いが言葉として出てきました。

IMG_5659

普段は入らない場所で、あーでもないこーでもないと会議をする姿がいつもよりお姉さんお兄さんに見えました。

IMG_5662 IMG_5660

(村井)

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年2月5日  日常風景

2月5日(金) すもう

こども芸術大学で最近、すもうが流行っています。

今日は、トーナメントを組みました。

子ども同士でも、同じ学年同士、学年を超えての対戦、

女の子同士、時には職員も対戦相手になります。

行司をかって出る子もいます。

何回も対戦をして汗をかいている子、

応援する子どもたちの声にも

熱が入ります。

IMG_3641

土俵もいくつも出来ています。

すもう熱はしばらく続きそうです。

 

(村瀬尚美)

 

 

 

 

1 2 3 4 7

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。