京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード

ここに集う教職員、学生の 喜びも悲しみも分かち合ってこそ 学園の未来がある 生死は天命に委ね なおいっそう祈る心で 藝術立国の魂が受け継がれゆくことを ただ願うのみ 後に続く者を信じて 德山詳直

德山 詳直(とくやま・しょうちょく)

1930年5月13日、隠岐の島(島根県隠岐郡海士町)生まれ。戦後間もない1948年に同志社外事専門学校に入学、1950年に同志社大学法学部政治学科へ進学するも、隣国で勃発した朝鮮動乱に抗議する運動に身を投じたことから、数回にわたり逮捕・拘留されることとなった。拘置中に差し入れられた奈良本辰也著『吉田松陰』に感銘し、吉田松陰が終生にわたって德山の思想的な礎になる。近代西欧文明が行き詰まることを早くより看破し、松陰や岡倉天心に深く傾倒しながら、藝術の力による国づくり「藝術立国」を志して、東洋の思想を基盤にした藝術教育に生涯を捧げた。1977年に京都造形芸術大学の前身である京都芸術短期大学、1991年に京都造形芸術大学、1992年に東北芸術工科大学(山形市)、1993年に財団法人日本文化藝術財団(東京)を創設。また、1998年に芸術大学で初めてとなる通信教育課程を設置し、2005年には「こどもこそ未来」を掲げて幼児保育機関「こども芸術大学」を、2010年には東京・明治神宮外苑に藝術の生涯学習機関「東京藝術学舎」を開設した。現在、これらの学び舎で藝術教育を受けた人々が、さまざまな分野で活躍している。2014年10月20日逝去。著書に『藝術立国』がある。

あなたの思い出エピソードをお寄せください。投稿フォームはこちら

寄せられた思い出・エピソード

 

CATEGORY

PERSON

思い出・エピソード

40代 / 男性
京都造形芸術大学(通学) / 教職員(元・現)

ガッチリと握手をしたまま、滑稽なほど長い間じーっと目の奥をのぞきこまれた体験が忘れられません。ユーモアと熱情と怒りと慈愛が交ざり合う不思議なエネルギーを頂いたように感じました。

若者のみならず子どもたちへの眼差しを注ぎつづけた、学園長の理念に深く共感して参りました。この大学で教育の一翼をになうエキサイティングな機会に深く感謝いたします。

突き動かされるようなパッションで語られた夢とビジョンを心にとめて、未来へ還元していきたいと考えております。

心よりご冥福をお祈りいたします。

思い出・エピソード

20代 / 男性
その他 / 一般

私は3〜4年程前に京都大学医学部附属病院の腎臓内科で研修していた際に、徳山先生の担当医をさせて頂きました。
徳山先生に「君は将来何科に進むつもりかね」と尋ねられ、私が「小児科医になるつもりです」と申し上げると、「わたしも、こどもが大好きだ。いっしょだね。こどもは日本の宝だからね。頑張りなさいよ。」とエールを頂きました。
また、担当をさせて頂いている間に、医学に限らず広く世界について学ぶ事が如何に大事であるか、芸術が如何に大事か(私が楽器を弾くので)など、様々な事に関して御教授頂きました。
徳山先生の教育と芸術で日本を変えて行こうという強い意志と行動力には非常に感銘を受けました。
私は現在、群馬県で小児科医をしておりますが、偶然に徳山先生の訃報を知り、投稿させて頂きました。
徳山先生の教えを活かし、学問と芸術と教育を通じて、日本に貢献して参りたいと存じます。
徳山先生の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

故人へのメッセージ(弔辞)

30代 / 女性
京都造形芸術大学(通信) / 卒業生

先ずは、心より哀悼の意を表します。私は、2014年3月に京都造形芸術大学を通信で卒業しました。あいにく卒業式は欠席しましたが、動画で拝見し、そのお姿が強く印象に残っています。魂のこもった、強く、あたたかいメッセージでした。一度お目にかかりたかったです。3年次編入のため、わずか2年間の学生生活でしたが、これからもOBとして何かの形で芸術に関わりたいと思っています。かけがえのない、学びの場をつくってくださり、本当にありがとうございました。

思い出・エピソード

20代 / 男性
東北芸術工科大学 / 一般

私が全国高等学校デザイン選手権で優勝し、京都造形芸術大学へご招待頂いたことが今でも昨日のように感じます。
当時、私はテクノロジーとデザインを融合してこの世界を変えていかなければいけないと強く感じていましたが、どうやって良いのか全く見当がつかずひどく迷っていました。
その時、お話頂いたリベラル・アーツの考え方は、私がその後の生き方を考える上で中心的な役割を果たしております。

2012年、私は会社を設立しました。
当時、徳山先生にお会いしてお話したことが会社の理念に据えられています。
先生が理想とされた世界、我々若い世代がその理想の実現に向けて全力で実行をする所存です。

故人へのメッセージ(弔辞)

50代 / 女性
京都造形芸術大学(通信) / 教職員(元・現)

詳直理事長、寂しくてしかたありません。
年末になりました。
毎年ではないけれど、時折、本当に押し詰まった時期に郵送で届けられてくる「年末の御挨拶」。
大学に就職したての頃は年賀状とちがうんや?と、その意味がわかりませんでした。
5年前の歳末 「眞理似寒梅 敢侵風雪開」(眞理は寒梅のごとし 敢えて風雪を侵して開く)という新島襄の言葉を大書しただけの封書が送られてきました。理事長の大きなサインとともに。
理事長の覚悟を打ち込まれた思いで、はっとしたのを鮮明に憶えています。
「あんたは、いっつもわろてるなあ」という温かいお言葉とともに、我がものとして、大切に新しい年を迎えたいと思います。
瓜生山を大学を、これからもずっとずっと見守ってください。

忘れられないことば(語録)

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 卒業生

『いつでも帰って来なさい。』
家族のような暖かい大学でした。
辛くたって、幸せをかみしめてる時だって、いつも理事長の言葉で生きています。

『100歳まで生きる。あと16年は生きる。』
京大病院を抜け出し、来てくださった2014年度卒業式。
この言葉がかわいくて、卒業生が笑いながら泣いていたのを思い出します。
ほんとうに素敵な理事長に出会えて幸せでした。

思い出・エピソード

40代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

私は大学の一期生で、期待を胸いっぱいに入学したのに、設備や教室の少なさにがっかりしていた頃、有志が始めた「理事長を囲む会」に参加した。

理事長とはどんな人なのか?
本当に学生の意見に耳を傾けることのできる人物なのか?
本当に思ったことを言っていいのか?

半信半疑で参加した。

理事長は初めて会った時から、白髪でモジャモジャの小さいお爺ちゃんでした。

私達の意見を静かに目をとじて聞き、いつも、ぱっと目をあけると、「それはすぐ対応しないとね。君達の学ぶ場なのだから」とか、「物(機材)を増やせばいいというものでもないよ。工夫してやってみて、それでも必要な教室ならば、またぼくにそういうてきてよ」と即答で簡潔な回答をしはる。

きれいごとばかりいうて、誤魔化すそこらへんの大人とは違う人なのだと、子供ながらに感じました。
また、やると仰ると実行し、実現しはる...
はたからみてるといとも簡単そうにやってのけはるので、よく友達と冗談で魔法を使ってんねんで、と話していたくらいです。

その後、有志で学生自治会を作り、入学式で歓迎の辞をのべた時も、「この大学はまだ未熟で未完成である」と大きな声で、大学はもっと学生の要望を受け入れるべきだと遠まわしに文句を言ったつもりが、理事長は「感動した!良かったよ」とほめて下さったのを覚えています。

在学中の御恩返しと思い、非力ながら同窓会の役をさせて頂いてますが、卒業して少し大人になって(振り返ってみると)、行動の早さも実現する情熱も、瞬時に見極める判断力と決断力...本当に魅力的な人物だったなぁと感じます。

理事長がこの大学を創ってくれなければ、今の私は存在しません。

心から感謝しています。

思い出・エピソード

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

「もう少し喋らせて...」

学校でのスピーチ、時間がおしているので(係りの人が)スピーチを中止させようとした時のことば。
とてもかわいかったです。

忘れられないことば(語録)

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

卒業式での

「(この先)辛いこともあるでしょう。死にたくなるときもあるでしょう。そんな時は、この大学に戻って来なさい」

というお言葉は、強い支えになっています。

思い出・エピソード

30代 / 女性
その他 / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こども芸術大学に在籍していた時期は、本当に濃い時間でした。これまであまり考えてこなかった、幸せになるには、人とは、良い物とは、子供に伝えるべき事は、を全身全霊で模索しました。このような機会をいただけたのは、德山先生の深い考えと、理想へとむかう強い心、そして現実を受け止め、おしすすめる力があってこそのものだったと思います。
德山先生の子どもと母に対する愛がとてもありがたくありました。
本当にありがとうございました。