MENU

美術科

陶芸

CERAMICS ARTS

本物の焼き物の世界を知る。

さまざまな技法を総合的に身につけ、本物の焼き物の世界を知る。器からインテリアオブジェまで、日常の生活に潤いを与える陶芸作品の創造をめざします。

コースの特徴

01土や火の発する声に耳を傾け制作する。

技術を習得するだけでなく、土をこね、窯へ入れ、焼きあがりを見ることで、土や火の発する「声」を体感。そこで磨いた感性を、器から大型のオブジェまで、幅広い作品にしあげます。

02窯焚きや釉薬まで専門的に学べる。

初心者でも取り組める基礎造形にはじまり、窯焚きや釉薬の専門的知識まで幅広く習得。また、技術だけでなくものづくりの考え方までを学び、本物の焼き物の世界に深くふれることができます。

03現地で制作する学外スクーリング。

現地の土を使い、自然に囲まれた環境で制作に没頭する学外スクーリングは、都会での制作とは異なる魅力があります。

大学、短大、専門卒の方は、最短2年卒で卒業可

学びのポイント

さまざまな窯を体験

電気窯・ガス窯・穴窯など、タイプが違う窯での焼成を、キャンパス内や学外スクーリングで学習できます。

学びのステップ

STEP1

型、ろくろ。手をうごかして、
土の持つ魅力にふれる。
まずは「ろくろ」「型」といったつくる技法の基礎をひとつひとつ身につけていきます。それを通じて、素材=土や火の特性を学びます。技術的な指導はもちろん、感性を育成するという側面も重視。それぞれの技法や素材の発する表現性について、五感で体感する学びをすすめます。

 スクーリング科目例 / 白い器/粉引赤土に白化粧をほどこし、還元焼成する“粉引”の、素朴で清らかな表情の鉢を制作。電動ロクロによる成形を学びます。

STEP2

さまざまな技法や表現に触れ、
感じたものをかたちにする。
「ろくろ」や「型」に加えて、「ひねり」「タタラ」といった成形技法を学びます。各自がそれぞれの技法や素材のもつ表現の可能性を見い出し、さらには自らの表現につなげていくことをめざします。

 スクーリング科目例 / 幾何形態からの展開/手びねりのかたちと染付美しい造形をめざして。手びねり技法により四角柱の基本成形を学び、形態を展開させていきます。呉須による下絵付けの装飾も実習します。

STEP3

自らの方向性を定め、
自分だけの表現を発見していく。
器とクレイワーク(土による造形表現)の2つの表現を学習。担当教員の指導を受けながら、制作に取り組みます。より自由な発想で制作にむかうことにより、自らの表現を発見していきます。

 スクーリング科目例 / 産地研究/信楽六古窯のひとつである滋賀県信楽を訪れ、現地の土を使った作品を制作する他、窯元の見学会も実施します。

STEP4

制作のなかで、陶芸作家としての
自己表現の確立をめざす。
担当教員と密接にコミュニケーションをとりながら、各自のテーマを設定。テキスト科目の課題とスクーリングを連動させ、卒業制作をすすめます。ひとりの陶芸作家としての思考、制作姿勢などを確立するため、各自の個性を尊重し、育んでいきます。

 スクーリング科目例 / 合評(講評会)教員と相談し、素材と技法の出会いや、作り手との密接な関わりの中から制作テーマを設定。より深く自己の創造を追求します。

入学~卒業までのステップ

4年間で学ぶことがら

1年間の学習ペース

【1年次入学】専門教育科目の1年間の履修スケジュール例

【3年次入学】専門教育科目の2年間の履修スケジュール例

学費の目安

授業料 300,000円
スクーリング受講料 104,000〜128,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 416,000〜440,000円

卒業までの合計⾦額(4年間)
1,664,000〜1,760,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
授業料 300,000円
スクーリング受講料 156,000〜192,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 468,000〜504,000円

卒業までの合計⾦額(2年間)
936,000〜1,008,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。

教員メッセージ

新しい技術、表現に挑み、
火と土の可能性を探ります。

清水 六兵衞
KIYOMIZU Rokubey
教授

1954年京都市に生まれる。早稲田大学建築学科を卒業後、陶芸の道に入る。1983年朝日陶芸展‘83でグランプリを受賞。その後タタラ成形という技法にて陶による立体造形作品を制作。1988年京都市芸術新人賞、1993年京都府文化賞奨励賞を受賞。2000年八代清水六兵衞を襲名。2003年京都造形芸術大学教授に就任。2004年中部国際空港に壁面作品「SKY RELATION ー2005」を設置。2005年日本陶磁協会賞を受賞。東京国立近代美術館、大英博物館等内外の美術館に作品を所蔵。

Space Receptor-06
32×32×185(H)cm×2個 37×37×179(H)cm×2個
(撮影:畠山 崇)

このコースでは何を学べますか?
イメージを形にする学び。
陶芸という世界を通して、生活に潤いを与える器をつくること、そしてアートとしての自己表現となる作品づくりが学べます。基礎技法として習得するのは、電動ロクロによる成形、石膏型による成形、手びねり、タタラ成形。ただし、つくるための技術だけでなく、それを使っていかに美しい形をつくりだすか、自分が表現したい形を実現するにはどうすればいいのか、といったイメージを形にする勉強をするのが大きな目的となります。学生たちは卒業してからも、各地でグループをつくり、展覧会や勉強会を開くなど活発に活動しています。そんな風に、同じやきものをめざす同志として、お互いに影響を与えあえる仲間が全国各地にできるのも、本コースの魅力です。
どのような学びが待っているのでしょう。
初心者でも基礎から表現まで体得。
まったく初めて土に触ろうとする人でも、着実に勉強をすすめていけるようなカリキュラムを考えています。自宅学習は、まずシラバス(科目概要を記したもの)に載っている課題を制作して大学へ送付してもらい、それを添削したのち焼成してお返しします。家に窯がなくても、作品を乾かした状態で指定の段ボール箱に入れて大学に送ってもらえば大丈夫です。制作に関する基本的なことは、シラバスとテキストでわかると思いますが、疑問があれば質問票で問い合わせてもらえば、ひとつひとつ回答します。土などの材料は、大学の推薦する原料店から直接購入できるようになっています。
一方のスクーリングでは、各自が大学という場で一緒に制作することにより、ひとりで制作していた時とは違ういろいろな発見を得られます。同じ課題を制作していても、人それぞれに考え方やとらえ方が異なります。それらに触れられるのも大きな勉強です。制作における技術面での指導はもとより、モノづくりの考え方や、表現の仕方などもアドバイスします。最終日の合評(作品講評会)では、ひとりひとりの作品を前に意見を言いあうことで表現の向上をめざせます。

元公務員×陶芸=

川本 修
陶芸コース(2年次編入学)
15年度卒業 北海道在住65歳

現在は、在学中お世話になった方に贈る、日常の食器や花器を制作中。「以前はあまり考えなかった、使う人の気持ちを思いつつ、自分らしさを出したいです」。

氷を溶かす土

「何しに行くんだ」と冷やかす周囲に「俺が行きたいんだ、好きにさせてくれ」と言い返し、北海道から入学した川本さん。本学を開設時から知り、趣味の陶芸を学び直したい、と思いつづけていた。「入学して、これこそ大学でやれることだと感じました」。石膏、たたらなどの多様な技法に、焼成や釉薬の本格的な探求。「何よりも、先生が苦心して培った自らの手技を、惜しげもなく見せてもらえる」。貴重なスクーリングだからこそ大切にしたいと、いつも教室に一番乗りする川本さんだったが、途中には苦悩もあった。

「自分の入院や家族の事情で学びが途切れ、一時はあきらめようかと思ったんです」。その胸中をふと先生に語ると、「いったん制作の手を止めることで、見えなかったものが見え、できなかったことができることもある」と自らの体験を語ってくれた。「嬉しかったですね。こんな一介の学生も、先生は作り手仲間として接してくれる」。作り手として向き合うからこそ、深い考えを求められ、ときに厳しく評価される。「ただ漫然と作ってきた気持ちをリセットされました」。そして卒業制作、川本さんが生みだしたのは、115㎏もの土を使った氷塊。「北海道の冬の厳しさを表現しました」。冬は5月まで土が凍って制作できない。天候が荒れるたび飛行機は止まる。巨大な氷塊は、北海道と京都の遠さ。辺境の地で抱いてきた、都への反発。しかしよく見ると、その内側にはトンネルが。「来るたびに、大学が、京都が好きになってきたんです。遠くても、想いがあればつながりあえる。全国に大切な友だちができました」。長年、公務員として四角四面な業務をこなしてきた川本さん、本学で初めて、自由に発想し、つくる喜びを学んだという。「自分が教わったことを少しでも周りに伝えたい」と、自宅をギャラリーとして開放。地元に作陶の輪を広げている。「こんなおかしな作品を見て、自分も好きなことやっていいんだ、と思ってくれたら幸いです」と破顔一笑。北海の厳しさを知る氷塊は、大海原の自由のすばらしさも知っている。

漠然としたもの足りなさ×陶芸=

島崎 美智代
陶芸コース(1年次入学)
14年度卒業 千葉県在住 56歳

同級生の立ちあげた学習会で、授業とは別に備前や益子へ。先生が紹介や参加をしてくださることも。そんな学友や先生とのつながりが、卒業しても終わらないのがうれしいです。

土といつまでも

島崎さんと陶芸との出会いは、本コース入学より少し前のこと。「何かものづくりがしたいと思っているうちに時が過ぎて。このままではいけない、と仕事のかたわら陶芸教室へ」。最初は楽しかった。けれど何年か経つうち、もの足りなさを感じてきた。そして、もっと幅広い表現を学びたいという想いから、本学への入学を決めた。

「人生初のレポートは、びっしり添削が書き込まれて返ってきました。そこから少しずつ要領を学んでいったんです」。幅広いテキスト科目で見識を広げつつ、スクーリングで多彩な制作を満喫。「増穂に黒田村。とくに学外スクーリングは、思い出してもわくわくするような経験でした」。

なるべく会社を休まないよう、授業初日はいつも、早朝の新幹線で京都入り。「おかげで、同じ新幹線にのる学友とすっかり仲良くなりました」。多くの仲間がいる大学。そこには、個性あふれる先生もずらりといた。「ときに厳しい指摘や問いかけが、ぐっと胸にささることも。でも、問われたからこそ、自分のこだわりを見いだせました」。

どうしてこの色にしたのか。この形にしたのか。ひとつひとつの問いに答えられる強い想いを、まず自分の中に持たなくてはいけない。「こだわりとは、自分が何に心を惹かれ、どう表したいのかを突きつめること。それを形にするのが作品づくりなんですね」。制作や講評を通して、先生や学友たち、そして自分自身の想いを見つめた島崎さん。卒業制作のテーマに選んだのは、人の心の内と外だった。

「1年かかって作品に仕上げたものの、もっと表現を深めたくて。卒業後のいまも別の形で取り組んでいます」。陶芸工房「たびびとの木」で新しい刺激を受けつつ、学友との個展をめざして今日も制作。「大学で多くの友だちができました。陶芸は、その中でもさらに特別な友だちです。ずっと私の支えになってくれる」。本気でぶつかるからこそ、悩まされるし、喜びもくれる。島崎さんがふと知り合った陶芸は、本コースの学びを経て、一生をわかちあう心の友になっていた。