MENU

芸術学科

歴史遺産

HISTORICAL HERITAGE

伝えられてきた「もの」、守ってきた「こころ」。

私たちの「文化遺産」を今 あらためて みつめてみたい。託されたものを確かに引き継ぐために。

コースの特徴

01ほんものから繙(ひもと)く歴史。

歴史ある社寺・旧家への学外スクーリング、実際の拓本・掛け軸を使った実習など、ほんものに触れる授業を数多く設けています。

02日本の「文化遺産」を知る。

人の営みによって大切に守られてきた「文化遺産」。その繊細さを知ることで、これからの保存と活用を考えていきます。

03古きを学び、新たな知を開く。

歴史・美術史・文化財保存など。各分野から総合的に学ぶことで、「文化遺産」についての理解や考えを深めます。

東京だけのスクーリングで卒業可
大学、短大、専門卒の方は、最短2年卒で卒業可

学びのポイント

ほんものに触れる実習

古文書、掛け軸、巻子、仏像など、実物に触り、読み、調査をすすめる授業が豊富。膠や漆など伝統的な素材を使った、蒔絵づくりなども体験できます。さまざまなほんものに触れることで、「知りたい」「読み解きたい」という意欲がわき、学習がすすみます。

現地を訪ねる学外授業

社寺や祭礼を訪ねる学外スクーリングは、本コースの大きな魅力。京都の名所を教室として、現場で教員の解説を受ける体験は、観光とはまるで別もの。同じ道を歩いても、違うものが見えてきます。※過年度例 : 東寺、杉本家住宅、 清水寺、比叡山延暦寺、二条城、大原三千院ほか。

学びのステップ

STEP1

ほんものに触れ、
ほんものの歴史を感じとる。
まずは、日本の歴史文化を学ぶうえで、理解しておきたい基本的なことがらを学習。さらに、京都という地を生かした多様なスクーリングを通して、ほんものの歴史に触れ、歴史遺産を研究する意義や目的を体感的に学びとります。

 スクーリング科目例 / フィールドワーク「京都」を実際に歩いて重層する歴史を読み解き、実感を通して歴史を考えます。

STEP2-1

文化財の基礎知識を学び、
文化財保存について考える。
生活、文化、芸術などをいろどってきた「もの」が文化財として遺されてきたのは、単なる偶然ではありません。文化財の素材や構造、環境を知り、文化財保存について、実践的に学びます。

 スクーリング科目例 / 保存修復特論紙の文化財(東洋書画、古文書等)の保存修復について、簡単な修復作業体験を交え、深く理解します。

STEP2-2

歴史の扉を開くための
研究方法と技術を学ぶ。
歴史を研究するうえで不可欠な「史料を読み解く力」をはじめ、古文書の具体的な調査方法のほか、美術資料や民俗資料の取り扱い方法などについて、実践的に習得していきます。

 スクーリング科目例 / 美術資料調査方法論巻子(巻もの)や掛け軸、仏像の取り扱い、写真撮影の方法など。実際の美術資料を使って、調査の基礎を体験的に学びます。

STEP3,4

自分にとって大切な歴史を、
掘りあてる。
身近な歴史や、地元の文化遺産など、題材は自由です。自分にとって大切なテーマを掘りさげ、研究成果を卒業成果物にまとめます。

入学~卒業までのステップ

4年間で学ぶことがら

  • はコース専門科目、は学科専門教育科目です。
  • ※この他にも芸術学、文芸、和の伝統文化コースの学科専門教育科目が受講可能です。

1年間の学習ペース

【1年次入学】専門教育科目の1年間の履修スケジュール例

【3年次入学】専門教育科目の2年間の履修スケジュール例

学費の目安

授業料 231,000円
スクーリング受講料 64,000〜84,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 307,000〜327,000円

卒業までの合計⾦額(4年間)
1,228,000〜~1,308,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
授業料 231,000円
スクーリング受講料 96,000〜126,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 339,000〜369,000円

卒業までの合計⾦額(2年間)
678,000〜~738,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。

教員メッセージ

栗本 徳子教授

日本の歴史遺産の未来は、
わたしたちに委ねられています。

栗本 徳子
KURIMOTO Noriko
教授

京都伏見の伝統的な商家の古い町家で育つ。自由な気風の私立中学、高等学校で学び、70年代の刺激的な先端文化を享受する同級生と、旧態依然たる我が身の環境に葛藤をおぼえながら「日本の文化」とは何なのかという問いを抱き続けることとなる。79年同志社大学卒業後、同大学院博士前期課程へ進学するも、1年後、日図デザイン博物館学芸員となり、染織、デザイン関係の展覧会に従事する。同退職後、大学院に復学し、88年同博士後期課程退学。以後、仏教美術史、文化史に関わる研究を続けるが、その間、妻としてアフリカの奥地に同行する機会をえて、「文化」の多様性とともに通底するものに目を開かれる。これからも、より道を厭わず、しかし真摯に「日本の文化」とは何かという問いに向かい合っていきたい。

『日本の芸術史 造形篇Ⅰ,Ⅱ』藝術学舎 2013年

このコースの特徴とは?
大人だからこそ、ほんものに触れる。
本コースでは、先人が遺した有形、無形の文化を深く理解し、未来にどう伝えていくかを考えていきます。今日に遺されてきた形ある「もの」(美術工芸、建築、庭園、史料など)、形ない「もの」(歴史文化、民俗文化、思想、習俗など)は、長い年月のなかで、これを大切にしてきた人々によって守られてきました。それらは、歴史や宗教、思想など人々の「こころ」をともなってきたからこそ、替えがたいものとして伝存してきました。しかし現代社会において、それらの保全が困難となっています。私たち自らが「もの」と「こころ」の実際を知り、理解しなければ、文化遺産は伝えられません。まずは大人の感性で「ほんもの」が放つ迫力を捉えていただくために、京都や鎌倉など、現地ならではの文化遺産をめぐり、ほんものの絵画や仏像・民俗資料を扱って調査の方法を学び、江戸時代の古文書を使って古文書を読むスクーリングを行います。こうしたカリキュラムで、日本の文化遺産の豊かさとすばらしさを再認識していただきたいと思います。
入学志望者へのメッセージを。
日本の「もの」と「こころ」を学ぶ。
現在の私たちは、無関心から次々と失われていく文化遺産が、累々としかも身近に存在することを忘れかけています。私たちの祖先が築き、守り伝えてきた文化や文化遺産の真の意味を知った上で、どう遺していくべきかを考えなければならない時期がきています。それは誰でもない、あなた自身の生き方に直結する課題のはずです。ぜひ、授業を通して、文化遺産の未来を考えてください。皆さんのすぐそばにある文化遺産の存在に、あらためて光をあて直していきましょう。そのための一里塚が卒業研究です。丁寧なレポート添削、充実した卒業論文指導で、通信教育でも本格的な研究が積み上げられる教授法を確立しています。過去を知り、現在を考え、未来につなぐ。日本文化の将来は、この私たちに委ねられているのですから。

文具メーカー勤務×歴史遺産=

髙橋 知可
歴史遺産コース(3年次編入学)
14年度卒業 神奈川県在住52歳

じつはつい最近も、浄瑠璃寺の学術調査結果について発表がありました。つねに掘り起こされ、新たな発見が上書きされていくのも歴史の醍醐味。まだまだ現場から目が離せません!

時をかける眼差し

幼い頃から母親に連れられ、しょっちゅうお寺めぐりをしていた。仏像も見慣れていた。なのに、本コースに入学してからは「見ること知ることすべてが新鮮で、興奮しどおしでした」と語る髙橋さん。その感動をあますことなくエネルギーに変え、フルタイムの仕事をこなしながらも学びに熱中。卒業研究では、先生をうならせる論文を書きあげた。

「生まれて初めて本物の仏像にふれたり、社寺や博物館の裏側を見学したり」。スクーリングでいろいろな体験をするたび、モノに向き合う心が磨かれていく。「たとえば、実際の史料を使って虫喰いの補修をする実習では、まず紙を貼る糊から炊くんです」。昔ながらの方法でつくられた糊は、再びはがすときにも素材を傷めない。100年後の再補修まで見すえたやり方に、伝承することの重みを感じた。

「入学前から、和紙などを使う修復には興味があったんです」という髙橋さんは、文具メーカーの開発担当者。「絵巻物に描かれた海や雲が、宗教的に何を表すか読み解くテキスト科目を受けてから、単純にキレイ!と絵柄を見るだけではなくなりました」。その観察眼が、後の卒業研究にも発揮された。「多種多様な学びが、思わぬところでつながるんです」。

研究のテーマに選んだのは、京都にある浄瑠璃寺の「九体阿弥陀如来坐像」。「図版で見たときはどれも同じ印象。でも実際に対面すると、あ、ここが違う、これは似てる、と思えてきました」。仕事のモットーでもある〝現場百回〞を実践し、何度もお堂に足を運んでは像に見入った。そして平日は、夜中まで書いていた原稿を、翌朝の通勤電車で読み返す日々。「もう、毎日が大忙し。なのに気がついたら大学院へ進学していました」。先生を感心させた着眼点を、さらに一歩掘り下げたくて、同じテーマで研究を深めているという。「文具の仕事でも、ここで教わったモノや形に対する想いを活かしたい」と話す髙橋さん。いにしえの学びは、いまと、これからの自分につながっていた。