MENU

美術科

日本画

JAPANESE PAINTING

自分の「日本画」を模索する。

日本画を学ぶことは自分自身の個性や感性をたいせつに育てていくこと。基礎からの学習を通して、自分の「日本画」を模索します。

コースの特徴

01画の基本をすべて学ぶ。

彩色、箔などの基本的な表現技法とともに、対象を見る力、描く力、自分の世界を画面に定着させる力をつけます。

02自分の内的世界を見つけ出し、磨く。

根気と時間がかかる日本画の制作。そのために必要な努力のなかから、「自分の内的世界」を発見し、磨いていきます。

03京都で活躍する作家から直に教わる。

日本画の伝統が色濃く息づく京都で、精力的に活動する個性豊かな作家から直接、対面指導が受けられるのも魅力です。

東京だけのスクーリングで卒業可
大学、短大、専門卒の方は、最短2年卒で卒業可

学びのポイント

岩絵具

日本画を代表する伝統的な絵具で、繊細で美しい色彩が特徴。絵皿にとり、膠液を少量加えてまずは指の腹で絵皿にこすりつけるように練り、膠液を少しずつ足しながら絵具の一粒一粒を膠液でくるむように練り合わせます。

水干絵具

岩絵具と違い、画面に粒子が残らず、やや不透明な仕上がりに。用途によって岩絵具と使い分けましょう。膠の濃さは岩絵具より薄めで良いですが、薄いと剥がれやすく、濃いと発色が悪くなるので、使いながら覚えましょう。

学びのステップ

STEP1

対象を見る力、
描く力を育むとともに、
画材の基礎的な扱い方を学ぶ。
対象をじっくり観察して、その本質をつかみとり細密な描写を行います。また、その描写をもとにして、日本画独特の画材を使って、本画の制作に取り組みます。

 テキスト科目例 / 色鉛筆による細密描写モチーフの質感や量感がでるように重ねる色を工夫しながら描くことで、色鉛筆の特性を知り、使い方を学びます。

STEP2

写生から制作への過程を学びつつ、
自分なりの表現を考える。
これまでに培った描写力をさらに深めながら、単に写生するだけでなく、自身の想いをどのように表現していくかを考えます。「植物写生」からイメージをふくらませ、箔を用いて表現します。また、古画を模写することで、線を使用する意味と技法、その心を学びます。

 スクーリング科目例 / 植物制作寺院の天井絵をイメージして、43cm四方のパネルに金箔・絵具で制作。箔のさまざまな技法と使用法を学び、自身の表現に幅をもたせます。

STEP3

より専門性の高いモチーフに挑み、
制作のスキルを磨く。
テキスト科目では人物画の基礎を身につけます。また、植物を大きな紙に写生することで、生命あるものの本質に迫ります。3年次のスクーリングでは、「人物」や「風景」を選択し、大画面で制作します。制作の過程で「写生」→「草稿」→「小下絵」→「本紙制作」という日本画独特のプロセスを身につけます。

 テキスト科目例 / 木の写生枝の張り方、葉の付き方、季節による状態など、よく観察して木の性質を理解しながら、B全サイズの大きな画面に描ききりましょう。

STEP4

自分の制作テーマを深め、
100号作品として完成させる。
各自が設定したテーマにもとづいて、かたち、構図、配色、技法などこれまでの集大成となる作品を制作します。対象物への思いや自己の表現テーマをより深め、制作者の思いが伝わる作品を完成させることをめざします。

 スクーリング科目例 / 卒業制作

入学~卒業までのステップ

4年間で学ぶことがら

1年間の学習ペース

【1年次入学】専門教育科目の1年間の履修スケジュール例

【3年次入学】専門教育科目の2年間の履修スケジュール例

学費の目安

授業料 277,000円
スクーリング受講料 104,000〜128,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 393,000〜417,000円

卒業までの合計⾦額(4年間)
1,572,000〜1,668,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。
授業料 277,000円
スクーリング受講料 156,000〜192,000円
単位修得試験受講料 12,000円
1年間の合計金額 445,000〜481,000円

卒業までの合計⾦額(2年間)
890,000〜962,000円

  • ※入学初年度は、上記に加えて⼊学・編⼊学選考料20,000円と、⼊学・編入学金30,000円、学生 教育研究災害保険料140円の合計50,140円が必要となります。
  • ※スクーリング受講料は、科目の種類や開講場所によって料金が異なります。

教員メッセージ

松生 歩教授

人生の支えとなる日本画制作を、
一歩ずつめざしましょう。

松生 歩
MATSUIKE Ayumi
教授

1959年大阪市生まれ。83年山種美術館賞展大賞受賞。84年京都市立芸術大学大学院修了。90年菅楯彦大賞展大賞受賞。京都市芸術新人賞、京都府文化賞功労賞など受賞。文学や文章表現と絵画との融合を指向し、自作の物語や詩と絵画による個展を中心に活動。宮沢賢治を取材した作品も多く、書籍・新聞の挿絵や絵本の仕事も手がける。

「時の彼方に」50F (2011年)

このコースでは何を学べますか?
対象を見る目と表現力を養う。
日本画では、写真を用いず、対象を直接写生して得られる感動や共感を作品へと昇華させてゆきます。コースの学習において、対象を見る目、感じる心、表現力が養われてゆくはずです。また、日本画独特の画材の扱い方を理解し使いこなす中で、応用力が身につき、卒業時にはひとりひとりが独自の表現を自由に展開できるようになります。
通信教育という点での配慮は?
基本から細やかに指導。
最大限に効率良く、描写力と日本画の基本的な技法が身につくようなカリキュラムを組み立てています。テキストには多くの制作手順や知識が網羅されており、スクーリングでは講師がきめ細やかに指導していきます。授業の内容や手順を細かく記したシラバスには、動画もふんだんに取り入れました。何度でも基本に戻って講師の手さばきを動画で見ながら学習を繰り返し、力を身につけてください。制作途中でわからないことが出てきた時にも、郵便・FAX・メールで、いつでも質問していただけますし、直接大学での面談指導も受けていただけます。
どんな人に学んでもらいたいですか?
生活の中に絵画制作を。
自然を愛する方、表現することが好きな方、初めての事に興味関心が旺盛な方なら、まったくの未経験者でも心配ありません。毎日が発見の連続になることと思います。ほとんどの方が卒業後も制作をつづけられ、公募展、同期会展やグループ展、個展と大活躍。今や本コースのOBが参加していない団体展はないという状況です。私たちもそれら会場での講評会などを通じて、支援と交流をつづけています。山あり谷ありの人生の中で、絵を描くことが支えになったり目標になったりすると幸せですね。心の成長と絵の中身の成長は連動しているみたいです。一番正直な自分を託せるものとして、生活の中に絵画制作がある、そんなふうに将来感じていただけたら一番嬉しいです。

事業経営者×日本画=

川幡 紘嵩
日本画コース(2年次編入学)
15年度卒業 富山県在住60歳

卒業生同期で結成した「筆児の会」グループ展のほか、市の展覧会や県展にも積極的に出品。「目標があると制作しやすいけれど、入選を意識しすぎると自分らしく描けなくなる…そのジレンマが今の課題です」。

日本画でセカンドステージ

50代後半で仕事に一区切りつけ、もう一度大学で学びたいと考えた川幡さん。「何を学ぼうか迷ったんですが、日本画というまったく未知の領域に惹かれて本学へ」。中学の授業以来、ひさしぶりに筆を取り、まさに自分にとって白紙の世界と向き合うことになった。「膨大な種類の絵具、にかわの扱いなど、すべてが知らないことばかり」。手こずりながらも、岩絵具独特のざらりとした質感に引き込まれていった。

孤独なテキスト科目はペースを決めてこなし、学外実習など多彩なスクーリングも満喫。「ベテラン学生の気迫はもちろん、若い学生たちの情熱にも大いに刺激されましたね」。一方、日本画の授業では、あることで先生から再三注意を受けたという。「とにかく写生をして、絶対に写真を使わないで」。写真を見て描くと、現場で見なかったものを描き、見ていたものを描けなくなる。そう教わっても、季節や時間を合わせて写生しつづけるのは難しい。「これ、写真で描いたでしょ」と講評で先生に見抜かれ、本物の目は誤魔化せないと冷や汗。仕方なく写生に通ううち、現場で吸収する感覚の大切さに気づいた。「近道で要領よく成果を求めるのではなく、遠回りしてこそ身につくことがある」。これまで効率重視の世界で生きてきたからこそ、深く感じるものがあった。

じっくり基礎を積み重ねることにした川幡さんだが、既成の枠にはとらわれたくないと感じていた。「日本画では影をつけないことが多い、と教わって、あえて光を表現したいと思ったんです」。水面の光をとらえた卒業制作は、修正を繰り返し、七転八倒した想い出とともに、もう一歩成長したいという大学院進学への後押しとなった。現在は、先生のアドバイスで新たな画材に挑み、より光を際立たせる手法を研究中だ。「画面を水で洗って描き直したり、箔を貼ったり、日本画って意外と自由なんですよ」という川幡さん。日本画を舞台に選んだ、その人生のセカンドステージにも、新たな光が差している。

芸大への憧れ×日本画=

合田 瑠璃
日本画コース(1年次入学)
14年度卒業 三重県在住79歳

卒業制作は京都グランヴィアホテルのロビーを飾り、自身は大学院へ。「絹本など、新しい画材に挑戦中です。まったく予定外でしたが、学びの場から離れがたくて」。

画になったしあわせ

「生まれ変わったら、芸大に行こう」と思っていたところ、本学を知り、居ても立ってもいられなくなって入学した合田さん。当時の想いを語る声は、女子学生のように弾んでいた。実際に女子学生だったのは戦後の混乱期。芸大に行くなど、裕福な子どもにしか許されない時代だった。あれから60年。夢は、ついに京都で叶った。

憧れの大学生活、それは初体験の連続でもあった。まず驚いたのが、「習うのは画だけじゃない」ということ。テキスト課題に欠かせない、レポートも人生初。「高校卒業以来、書くといえば家計簿ぐらいでしたから」。こつこつ取り組むことで、少しずつ慣れていった。さらに、何を履修すればいいか迷うほど、幅広いジャンルの自由選択科目。ここでは学友が支えとなり、自分に合いそうな科目をすすめてくれた。「哲学、環境学、地域学。世の中のいろんなことを知り、描く画に芯が生まれた気がします」。

そして、何より感心したのが、指導の誠実さ。「先生方はみな、自分たちの体得してきたことを、惜しみなく伝えてくださいます」。じつは夫の転勤に付き添い、さまざまな土地で日本画を習っていた合田さん。家事や育児の合間に、コツコツ技術を磨いてきた。「それでもずっと、自分のなかに満たされない何かがあって。大学に来て、技以上に得たものは数えきれません」。広い知識、信じられる師、そして、無心に描くことのしあわせ。

「大学に来てから絵が変わり、まだまだよくなると感じました。これからも、見た人が優しい心を取りもどせるような、悲しんでいる人の心にも届くような絵を描いていきたい」。100歳まで描きつづけなきゃ、と笑う合田さん。穏やかでしあわせそうな絵の裏側には、自由に描けなかった頃の深い苦労が隠れている。だからこそ、その画は、深く豊かに見る者の心を包みこむ。