Topics

『Arts and Apes』開催のお知らせ

2018年12月1日

アクティビティ

12月11日-21日、京都造形芸術大学にて大型霊長類の絵画作品展『Arts and Apes』を開催します。

 

芸術とは何か。人間とは何か。

ヒト以外のヒト科の作品展『Arts and Apes』

 

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

*詳細はこちら→『Arts and Apes』

『Arts and Apes』講演会:「絵筆をもった類人猿-芸術の起源を探る」

2018年12月1日

アクティビティ

日程 12/14

『Arts and Apes 』展関連イベントとして、12月14日(金)に講演会を開催いたします。

 

講演「絵筆をもった類人猿―芸術の起源を探る」(文明哲学研究所 齋藤亜矢)

日時:12月14日(金)18:15~19:30

場所:京都造形芸術大学人間館 NA412

*講演終了後も展示をご覧いただけます

日程2018年12月14日
時間18:15 - 19:30
場所京都造形芸術大学 人間館 NA412
費用無料
申込方法申込不要
お問い合わせ文明哲学研究所

【絵画展開催】Arts and Apes – 芸術とは何か。人間とは何か。

2018年12月1日

アクティビティ

日程 12/11 - 12/21

 12月11日-21日、京都造形芸術大学にて大型霊長類の絵画作品展『Arts and Apes』を開催します。

 本学学長室に飾られているチンパンジー・アイの絵をはじめ、手話をおぼえたゴリラのココ、キーボードによる図形文字を覚えたボノボのカンジ、動物園で毎日絵を描いていたオランウータンのモリ―の作品など、国内外の類人猿の力作を集めました。自由で大胆な筆づかいには、それぞれの「画風」もあります。

 

 文明哲学研究所のテーマ「芸術とは何か、人間とは何か」という問いを、進化の隣人であるかれらの絵から考える機会として企画した、この絵画展。展示企画・演出を担当するのは、本学のキャラクターデザイン学科。学生が制作したオリジナルキャラクターによるアニメーションで展示内容を紹介します。マンガ学科はポスターデザインと展示装飾を担当、情報デザイン学科にも展示でご協力いただきました。

 

 芸術とは何か。人間とは何か。

 ヒト以外のヒト科の作品展『Arts and Apes』

 

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

——————————————————————————–

 

『Arts and Apes 』

芸術とは何か。人間とは何か。-ヒト以外のヒト科の作品展

 

会期:12月11日(火)~21日(金) 10:00-18:00(最終日15:00まで)

場所:京都造形芸術大学 人間館エントランスラウンジ

出品作家:

アイ、サラ、パン、ポポ、パル、クロエ、ロイ、ジャンバ、ツバキ、ミズキ、ミサキ、イロハ(以上チンパンジー)、カンジ、パンバニーシャ(以上ボノボ)、ココ(ゴリラ)、モリー(オランウータン) 

 

主催:京都造形芸術大学文明哲学研究所、京都造形芸術大学

共催:キャラクターデザイン学科(展示企画・演出)

   マンガ学科(ポスターデザイン・展示装飾)

   情報デザイン学科(展示協力)

   公益財団法人日本モンキーセンター

   京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院

 

 —————————————————————–

 

【関連イベント】

講演「絵筆をもった類人猿―芸術の起源を探る」(文明哲学研究所 齋藤亜矢)

日時:12月14日(金)18:15~19:30

場所:京都造形芸術大学人間館 NA412

*講演終了後も展示をご覧いただけます

 

ART&APES_flyer

 

 

日程2018年12月11日 - 2018年12月21日
時間10:00 - 18:00
最終日 15:00まで
場所京都造形芸術大学 人間館エントランスラウンジ
費用無料

『霊長類図鑑 サルを知ることはヒトを知ること』が刊行されました

2018年12月1日

出版・メディア情報

 公益財団法人日本モンキーセンター編集の『霊長類図鑑 サルを知ることはヒトを知ること』が、京都通信社より刊行されました。

 霊長類全447種の和名リストを掲載するとともに、 「図鑑編」では180種以上を紹介。 「図解編」で進化、生態、ヒトとの関わりなど、さまざまな視点から解説されています。

 

*詳細はこちら→ 『霊長類図鑑 サルを知ることはヒトを知ること』

cover-10web-s-001

第8回文明哲学セミナーが開催されました

2018年11月20日

文明哲学セミナー

 2018年11月16日、研究所会議に引き続き第8回文明哲学セミナー(兼PWSブッダセミナー)が開催されました。

 

日 時:2018年11月16日(金) 16:30-18:00(セミナー後、自由参加で懇親会開催)

場 所:京都大学 吉田泉殿

テーマ : 「視覚心理学が明かす名画の秘密」

講 師 : 三浦佳世(九州大学 名誉教授)

 

 第8回は九州大学名誉教授の三浦佳世先生をお迎えし、「視覚心理学が明かす名画の秘密」をテーマにお話しいただきました。ジャクソン・ポロックや草間彌生、チンパンジーのアイが描く絵の解析、名画における光源方向やフェルメールの絵の不思議・・・などなど大変興味深く面白いお話が盛りだくさんでした。セミナー終了後は講師の三浦先生を囲み、自由参加での懇親会を行いました。疑問質問と笑い声のとびかう、とても和やかで楽しい時間となりました。(セミナー参加者15名)

IMG_2066 IMG_2067 IMG_2070 IMG_2074

文明哲学研究所

2015年度以前