開催中のイベント
映像・舞台
木ノ下歌舞伎「東海道四谷怪談―通し上演―」〔東京公演〕
2017年05月26日 〜 2017年05月31日
すべては四谷怪談から始まった! 木ノ下歌舞伎の原点にして最新形
映像・舞台
感覚絶叫計画
2017年05月29日 〜 2017年06月04日
舞台芸術学科4年生がギャルリ・オーブで公演と展示をします
展覧会
【ARTZONE】あわいの部屋/型取る声
2017年05月20日 〜 2017年06月04日
大西伸明個展+対話型鑑賞会
展覧会
高橋コレクションの宇宙
2017年04月08日 〜 2017年06月11日
名和晃平教授、宮永愛子客員教授、卒業生の束芋さんが作品展示
展覧会
こども47道具展
2017年04月06日 〜 2017年06月11日
ナガオカケンメイ教授が代表を務めるのD&Dの企画展

47都道府県の子供たちへのものづくり

こども47道具展

日程 2017年04月06日(木)〜 2017年06月11日(日)
時間 11:00 〜 20:00(最終入場19:30)
場所 d47 MUSEUM
場所詳細 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 首都圏

ナガオカケンメイ教授が代表を務めるD&DEPARTMENTの企画展「47こども道具展」が、渋谷ヒカリエ8Fのd47 MUSEUMにて行われます。

―以下、d47 HPより転載―

d47 MUSEUMでは「クラフトビール」「グッドデザイン賞」「アクセサリー」など、毎回様々なテーマで、47の日本の個性を47台の常設展示台を使い紹介してきました。第18回の企画展となる今回のテーマは「子供の道具」です。子供たち自身が使う器、おもちゃ、衣服、家具などを47都道府県から集め、展示・販売します。
日本のものづくりの再発見や、「生活工芸」への注目が集まる今、日本各地にある技術やデザインの力が「子供たち」にどう向き合おうとしているのかを見たいと思い企画しました。曲げ木の伝統技術を活かしてつくられる木製バイクや、地場産業の繊維業が発展して生まれたセミオーダーの子供服など、その土地らしい技術から生まれる「子供の道具」のデザインや発想から、現代日本の「優しさ」を感じてみたいと思います。
また、私たち大人が「子供用品」と「産地」の結びつきを見い出すことで、自分が使う道具に故郷があるという幸せを感じ、いつか親子で産地を旅するきっかけにつながれば幸いです。

d47 MUSEUM ディレクター 黒江美穂

■費用 -
■定員 -
■申込方法 -
■主催 D&DEPARTMENT PROJECT
■お問合せ 03-6427-2301
■URL http://www.d-department.com/jp/47-kids-tools
http://www.d-department.com/jp/shop/d47
■関連教員 ナガオカケンメイ(空間演出デザイン学科 教授)
関連機関 空間演出デザイン学科