MENU

学部生での+α の学び

所属する学科・コースで学びながら、「資格課程」や「藝術学舎」の講座を併修することで、新たな目標を設定したり、より学びを深めることができます。

資格課程

博物館学芸員課程

[取得できる資格]学芸員

各コースの学習に加えて、学芸員資格を取得することが可能です。博物館学芸員課程では、大きくわけて「1、博物館法施行規則に定める科目(全コース共通)」「2、関連科目」の履修が必要です。

標準的な受講期間 3年間(最短で2年間)
必要な履修単位数 29単位
博物館法施行規則に定める科目=19単位、関連科目=10単位
  • ※「博物館実習」では、事前指導3日間・館園実習5日間以上・事後指導3日間の計11日間以上が必要です。館園実習は、京都瓜生山キャンパスの芸術館(博物館相当施設)または希望の学外美術館・博物館をご自身で開拓・交渉して受講します。
  • ※芸術教養学科の館園実習は京都瓜生山キャンパスの芸術館にて行います。学外美術館・博物館での受講はできません。

藝術学舎東京/京都/大阪/訪問

第一線の講師から学ぶ文化、芸術、デザイン、
352講座藝術学舎は、誰もが参加できる公開講座です。※2015年度実績

藝術学舎の特長

国内・世界で活躍する講師陣

京都造形芸術大学の教員はもちろん、各分野の専門家から、文化人、第一線のアーティストまで、他では出会えない講師陣が教壇に立っています。

好きなテーマを1講座から

ユニークな講座が並ぶ藝術学舎では、好きな分野から興味がある科目を自由に選択し、受講できます。

東京・京都・大阪、3つの学び舎と各地での訪問講座

藝術学舎の講座は東京外苑キャンパス、京都瓜生山キャンパス、大阪サテライトキャンパスを中心に、現地実習の訪問講座も実施し、全国で様々な芸術に触れる機会を用意しています。

土日集中、平日の昼または夜、ライフスタイルに合わせた授業

土日で集中的に学べる講座のほか、昼・夜で時間帯を分けた隔週開講の講座もあり、ご自身のペースに合わせた受講が可能です。

各学科・コースへの単位連携

藝術学舎の多くの講座は、ご自身が所属している学科・コースへ単位連携され、それぞれの卒業に必要な単位にカウントされます。

講座一例

  • ■ 京都・みほとけめぐり[東京外苑キャンパス] 「京都の仏教美術」についての幅広い知識を身につける。
  • ■ 楽しく学ぶ古典技法・フレスコ画[大阪サテライトキャンパス] 模写を通して本格的フレスコ画の描画を身につける。
  • ■ 日本画の基礎[京都瓜生山キャンパス] 日本画の表現の可能性と魅力を探究しながら、描く喜びを体感する。