開催中のイベント
展覧会
DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展
2017年11月10日 〜 2017年11月23日
大学主催による写真展が智勇館1階ギャラリーにて開催
展覧会
金氏徹平「クリスピーな倉庫、クリーミーな部屋」
2017年11月03日 〜 2017年11月26日
京都造形芸術大学教授陣の作品が期間限定で一般公開されます
展覧会
城下浩伺展
2017年11月03日 〜 2017年12月03日
卒業生の城下浩伺さんが個展を開催
展覧会
旅と文学2017
2017年11月18日 〜 2017年12月03日
京都造形芸術大学美術工芸学科 3回生展
展覧会
八木良太 nightfall in UBUD
2017年11月18日 〜 2017年12月21日
八木良太先生の新作と、芸術館所蔵品をコラボレーションして展示を行います。

DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展

地球の上に生きる

日程 2017年11月10日(金)〜 2017年11月23日(木)
時間 11:00 〜 18:00(日曜休廊※15日(13:00~18:00)、16日は入学試験実施に伴い臨時休廊)
場所 瓜生山キャンパス 智勇館1階ギャラリー
場所詳細

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

DAYS JAPANは、マスメディアが報じない世界の真実を伝えていくことをテーマに、フォトジャーナリストの広河隆一氏を中心として2004年3月に創刊されたフォトジャーナリズム月刊誌です。DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2017には、世界中からおよそ1万点もの作品が寄せられました。
京都造形芸術大学における開催が今年で10回目となる「地球の上に生きる 2017 DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展」では、その中から受賞作を中心にご紹介します。

紛争地域からヨーロッパへ押し寄せる膨大な数の難民、世界各地で勃発するテロ行為。日本に暮らす私たちにとって、これは日常から離れた遠い場所での出来事と受け止められるかも知れません。一方で日本人も犠牲となったテロ事件は我々に衝撃を与え、テロや紛争は今や他人事ではないと感じた人もいることでしょう。いま、世界では何が起こっているのか、その背景にはどんな問題があるのかー。フォトジャーナリスト達が命がけで捉えた現実の断片から、私たちは多くのものを感じ取り、考えさせられるはずです。

ひとつの地球の上で、世界の事象はつながっている。個々人がそう思い至るような展覧会となることを願います。

※会期中、会場にて『DAYS JAPAN』バックナンバーの販売および定期購読の申込受付を行います。

■費用 無料
■定員
■申込方法
■主催 京都造形芸術大学
■お問合せ 075-791-9122(代表)