開催中のイベント
展覧会
川村悦子展 ありふれた季節
2016年06月11日 〜 2016年07月31日
美術工芸学科 川村悦子教授の個展が西宮市大谷記念美術館で開催に
展覧会
アートアワードトーキョー 丸の内 2016
2016年07月25日 〜 2016年08月03日
修士課程修了生2名の修了制作が選出されました
展覧会
ヤノベケンジ展 「CINEMATIZE シネマタイズ」
2016年07月16日 〜 2016年09月04日
現代アーティスト・ヤノベケンジによる四国における初の大規模個展
展覧会
アートと考古学展
2016年07月23日 〜 2016年09月11日
松井利夫教授、家成俊勝准教授、八木良太専任講師ほかが出品します
展覧会
ULTRA x ANTEROOM
2016年07月14日 〜 2016年09月11日
ホテルとアートを刷新するウルトラエキシビション
注目のイベント
その他
開学40周年記念事業 「第1回 ホームカミングデー」
2016年10月09日
瓜生山同窓会会員のみなさんが瓜生山キャンパスに帰る一日

無人島にて 「80年代」の彫刻/立体/インスタレーション

日程 2014年09月26日(金)〜 2014年10月19日(日)
時間 11:00 〜 19:00(会期中無休)
場所 瓜生山キャンパス ギャルリ・オーブ
場所詳細

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

1980年代、オールオーバーで装飾的なインスタレーション、レリーフ的な絵画、あるいは絵画/彫刻の復権といった動向とは一線を画しつつも、しかし緩やかなる同時代性を帯びた作家たちの実践があった。建畠晢は彼らの一部を「時代の状況から鋭く孤立したところにそれぞれの拠点を定めた作家」と呼んだが、「関西ニューウェーブ」が席巻し、すべてが「インスタレーション」として呼びならわされていくその過程において、彼らはどのように自らの作品と向き合ってきたのだろうか。そこにはただ60年代や70年代との切断や急激な転換の痕だけが刻まれているわけではないはずである。

「ひとつの島が無人島でなくなるためには、なるほど、単に人が住むだけでは足りない。」―ジル・ドゥルーズが残した奇妙なテクストが私たちにヒントを与えてくれる。他者なきそれぞれの拠点=無人島において、本展の作家たちは自身の日常を信じつつも反転させ、制作を行ってきた。彼らの実践は、無人島になり続けようとする不断の過程なのかもしれないが、その創造性は、これまでの80年代美術のイメージに修正を促すものだ。

断片的に語られてきた彼らの創造性をつなぎとめる係留点をつくりあげることで、本展が「80年代」を再考する一契機になるとともに、それぞれの作家の実践を現在と結びつける場となれば幸いである。

◆トークイベント◆
10月11日(土)
会場:ギャルリ・オーブ 進行:長谷川 新
14:30-16:00 福岡道雄、宮﨑豊治、石崎 尚[愛知県立美術館学芸員]
16:30-18:00 笹岡 敬、椎原 保 ほか
予約不要 定員80名


キュレーター:長谷川 新
協力:上前智祐記念財団、下関市美術館、千葉市美術館、ギャラリーほそかわ、特定非営利活動法人キャズ(CAS)、東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
出展作家:上前 智祐、笹岡 敬、椎原 保、殿敷 侃、福岡 道雄、宮﨑 豊治、八木 正

■費用 無料
■定員
■申込方法
■主催 京都造形芸術大学
■お問合せ 075-791-9122(代)
■URL https://www.facebook.com/desertislands2014
http://aube.kyoto-art.ac.jp/archives/1449