修士課程カリキュラム

32単位以上を修得し、論文または作品・および「研究ノート」・「制作ノート」の審査に合格すると、
修士(芸術)の学位を取得できます。但し、芸術文化、比較文化、歴史文化の学際的分野を
主な内容とする論文については、修士(学術)が授与されることがあります。

必修特論(必修履修)
日本の芸術文化を広い視野から概観すると共に、トップランナーの言葉に刺激を受け自己の専門的視座を問い直す。(芸術文化論特論1・2 各2単位)
さまざまな地域・時代・ジャンルを越えた芸術文化の主題を中心に展開し、全学生の問題意識の共有化を図る必修科目。第一線で活躍している研究者、作家等をゲストとして招聘し、講義・ディスカッションを通して問題発見、批評、分析、論述能力の伸長を期す。
原論(1科目以上選択履修)
芸術文化の基底となる考え方と研究の基本的道筋を学ぶ。(各2単位)
1. 思想と(しての)芸術
比較論的な視点から現代思想・現代芸術に言及する。
6. 身体、自然、芸術
芸術と自然との関係について身体論的視点から検討する。
2. 歴史文化
歴史的視点から日本の芸術文化を考察する。
7. 文学と芸術文化
日本の古典的な文化論として文学を読み解く。
3. 日本絵画における絵師の表象能力の可能性
日本美術史を踏まえ芸術文化を造形史的に検証する。
8. デザインと視覚文化のモダニズム
デザインの新たな定義と可能性を考え、試論を展開する。
4. 心の内なる環境デザイン
日本庭園の歴史を築いてきた人々の生き方を通じて、心の内なる環境デザインを探る。
9. 建学の理念と「芸術と平和」
5. 美術館建築と美術
西洋における近現代美術の変遷を美術館建築との関係から検討する。
   
分野特論(1科目以上選択履修)
研究・制作の基礎、基盤となる、より専門的視座に特化した講義科目。(各4単位)
1. 『知術』としての現代アート:観る・読む・書く 9. 建築設計特論
2. 喫茶文化と庭園文化 10. 庭園論・ランドスケープデザイン論
3. 文化財保存修復の理論と技術 11. 芸術における言語表現
4. 古画法から見るアジア及び日本絵画の歴史的背景 12. 日本芸能史-相撲と芸能/神仏と芸能・芸道
5. 視覚文化論 13. 日本文化史の諸問題/外国文学からの文化的考察
6. 記録と編集がもたらす意味、その発生について 14. 日本の工芸と日本の意匠・文様-表現の展開とその思想
7. 日本のビジュアルカルチャー形成論 15. 「現代芸術」論――複数の視点からの検証
8. デザイン領域の形成とデザイン・シンキング
演習・研究
指導教員による研究・制作指導を中心にしながら、分野横断的な領域ゼミ、専攻内合同プレゼンテーション等を通じて複数の教員の視点によるアドバイスも定期的に行っていく。 演習 1(4単位)
課題設定のための基本調査、研究方法の実践的検討など、修士課程における基盤を整える。 演習 2(4単位)
専門領域における演習によって知見をさらに深める。 研究 1(4単位)
専門演習からの継続性を重視しつつ、得られた成果を展開して学位審査に向けた課題を設定する。 研究 2(4単位)
研究成果の提示方法の研鑽に主眼を置き、学位申請のための成果物を完成させる。
芸術文化研究 歴史遺産研究
歴史文化・文化財保存
総合造形
染織テキスタイル・映像メディア 立体・陶芸
ペインティング
日本画・油画・版画
ビジュアルクリエ|ション デザイン 建築・ランドスケ|プデザイン 文芸表現
特殊演習
領域を問わず、全領域の学生を対象としたテーマ別演習
1. 芸術と福祉・保育・教育分野とのかかわりやその可能性について追求することを目的とした実践の場とする。
2. 芸術表現の発想から展開、作品化のプロセスを、ディスカッションを通して考え、実践する。
3. デザイン研究の視点から問題発見型学習や問題解決型学習を提供する。
4. 専門分野における特殊技術の基本を補うと共に、各研究課題への応用を実践的に学ぶ。
学術基礎 1〜4 日本語による論述能力の向上、学術論文執筆における基礎的技法の習得、
英語による口述プレゼンテーションのスキルアップを、学術論文執筆における基礎的技法の習得。
建築実務演習 1〜5
建築総合演習・建築総合研究
建築設計の現場における補助業務と実務を通じて知識や技術、
職業倫理の基礎から応用までを身につける。
修士論文 修士作品および「研究ノート」・「制作ノート」
[学位取得]
修士(学術)または 修士(芸術)
[学位取得]
修士(芸術)

資料請求 あたらしいパンフレットができました。