沿革

1977年 京都芸術短期大学 造形芸術学科を設置
1979年 専攻科を設置
1991年 京都造形芸術大学 芸術学部を設置
1996年 大学院 芸術研究科(修士課程)を設置
1998年 芸術学部 通信教育部を設置
2000年 京都造形芸術大学、京都芸術短期大学を統合し、総合芸術大学に再編
大学院芸術研究科芸術文化研究専攻、芸術表現専攻(修士課程)、
芸術専攻(博士課程)を設置
2001年 京都芸術劇場を開設
2005年 こども芸術大学を開設
康耀堂美術館が本学に寄贈される
2007年 大学院 芸術研究科(通信教育)芸術環境専攻(修了課程)を設置
芸術学部を10学科29コースに全面改組
2009年 芸術学部を10学科31コースに改組
芸術学部 通信教育部を3学科13コースに改組
2010年 明治神宮外苑(東京都)に外苑キャンパス開設
大阪サテライトキャンパス開設
2011年 芸術学部を13学科34コースに改組
2013年 法人合併により京都芸術デザイン専門学校・京都文化日本語学校が併設校に
芸術学部を13学科21コースに改組
芸術学部 通信教育部を4学科14コースに改組
2014年 京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直 永眠(10月20日)

卒業制作・卒業論文データーベース

京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード