通信教育部

日常風景

  • LINEで送る

2018年5月31日  日常風景

【芸術学コース】作品の制作年と作品解釈について―横山大観筆《柳蔭》をめぐって

 みなさん、こんにちは。芸術学コースの三上です。今回は横山大観作《柳蔭》(図1)を例に、作品の制作年と作品解釈の関係について考えてみたいと思います。

 今年は日本画家横山大観の生誕150年にあたり、各地で記念の展覧会が開催されています。なかでも東京国立近代美術館の「横山大観展」は代表作を多く含む初期から晩年までの作品により、大観の作風をたどる充実した内容でした(本展は6月8日から京都国立近代美術館に巡回します)。大観が長い画業を通じ、いかに多くの作品を描いたのかを改めて感じました。

 さらに本展覧会はひとつの疑問を解決してくれました。というのも、本展でこれまであいまいだった《柳蔭》の制作年が大正4年であることが明らかにされたからです。以下、《柳蔭》の作品と制作年についてお話していきます。

 

 《柳蔭》は大正期の大観の代表作の一つで、大観作品の中でもかなりの大作です。

図1 横山大観《柳蔭》6曲一双、各195.4×545.4㎝、東京国立博物館蔵

図1 横山大観《柳蔭》6曲一双、各195.4×545.4㎝、東京国立博物館蔵(上:左隻、下:右隻)

 右隻の中心には柳の下でまどろむ童子が描かれ、左隻左から2扇目の上部では、童子の主人と思われる人物が歓談しています(柳の葉の奥で少し見つけにくいかもしれません)。柳の下で歓談する「柳陰清談」は、文人画でよく描かれてきた画題です。

 本作品のみどころはなんといっても作品全体を覆う柳の葉で、その前に立つと柳に包まれているような爽やかな気持ちになります。所蔵先の東京国立博物館でも、よく初夏の時期にあわせて展示されていますので、見たことのない方は、一度ぜひ実物を見ていただきたいと思います。その際は、作品の近くに寄って、柳の葉の大胆なタッチと、それと対照的な幹の細かな描写に注意してみてください。

 

 私が本作品をよく知るようになったのは大学院修士課程の時、明治から昭和初期にかけ、横浜で活躍した実業家であり、芸術のパトロンとして知られる原三溪(18681939)の研究を始めた時でした。修士論文で原三溪の古美術蒐集と近代美術家支援に取り組み、三溪自筆の史料の分析を行う過程で、本作品が三溪旧蔵品であり、特に三溪とゆかりの深い作品だったことが分かりました。

 本作品については、以前から伝周文筆《四季山水屏風》(東京国立博物館蔵、図2)と非常に似通っており、大観が《四季山水図屏風》からインスピレーションを得て《柳蔭》を描いたこと、原三溪による注文制作だったことが作品解説で指摘されていましたが、それ以上の検討はされていませんでした。

 

 

図2 伝周文《四季山水図屏風》室町時代、重文、6曲1双の内右隻、150.0×355.4cm、東京国立博物館蔵 

図2 伝周文《四季山水図屏風》室町時代、重文、6曲1双の内右隻、150.0×355.4cm、東京国立博物館蔵

 そこで両作品を詳しく比較してみると、《四季山水図屏風》右隻の左から二扇目(図3)には、柳の下で休憩する童子とその主人という、《柳蔭》と同じモチーフが描きこまれていたのでした。

 

図3《四季山水図屏風》部分

図3《四季山水図屏風》部分

 詳細は昨年刊行した拙著(『原三溪と日本近代美術』国書刊行会)を御覧いただきたいのですが、《四季山水図》は三溪旧蔵品の中でも名品の一つとして知られた作品だったことから、大観は《柳蔭》を制作するにあたり、注文主である三溪の所蔵品から一部を引用しつつ、金地に柳を画面いっぱいに描き、まったく違う印象の作品を作り出したことを論じました。

 ただ、当時《柳蔭》の制作年は大正2年頃、とされていました。ところが三溪の自筆の美術作品の購入記録「美術品買入覚」には大正4年購入と記載されていたため、大正4年の制作なのでは、と考えましたが、それ以上の検討はできませんでした。

 その後、大観が晩年のテレビ番組で、「大正2年に三溪園に滞在して制作した」と語っていたことから、大正2年制作であるとされ、しばらく大正2年説が有力と考えられていました。ですが、その場合、三溪が購入するまでの2年間、大観の手元にあったことになるのがなんとも不自然でした。

 大正2年制作説はしばらく続きましたが、先に述べた東京国立近代美術館の「横山大観展」図録の作品解説、年譜の記載によりようやく解消しました。年譜の出典に根拠となる資料(『絵画叢誌』336号、大正48月)も示されていることから、《柳蔭》の制作年は大正4年であると決着をみたわけです。その雑誌で、大観は横浜へ出かけ「一双六間の柳の大屏風」に高額な緑青(緑色の岩絵の具)を漲らせ、原氏に対する年来の約束も済んだ、と語っています。

 大正2年説も同4年説も、いずれも大観本人の談によるものですが、大正2年説は晩年の大観の記憶によるものですから、大正4年説のほうが有力であることは言うまでもありません。しかも三溪の購入記録にも大正4年とあるため、《柳蔭》の制作年は大正4年と結論づけられたのでしょう。

 

 以上のことから、絵画作品の制作年を決めるのはなかなか難しいものだ、ということがわかるでしょう。大観本人にとって、大正2年でも4年でも大した問題ではなかったのかもしれませんが、研究者にとって、作品の制作年は、作家の作風を知る上でとても重要なものなのです。展覧会で公表されていない作品の制作年を明らかにするのは難しいため、今回のように明確になるのはむしろ珍しいことかもしれません。

 なお、これまで刊行された作品集や図録では大正2年制作と記載されているものもありますから、年譜、作品、作家の情報は常に最新のものからチェックすべきこともわかりますね。

 話を《柳蔭》に戻すと、大正2年か4年か不明な時期には、大正2年に制作されたと想定した上で、大観が大正2年に没した岡倉天心を追慕して《柳蔭》のモチーフにその思いを込めて描いた、という論文も書かれています。

 私は《柳蔭》を大観が三溪のために描いたのだと理解していましたので、本論文を読んだときとても新鮮に感じました。近代の芸術作品は作者の意図を込めて制作するのが一般的ですが、《柳蔭》は注文制作であるがゆえに、私は三溪の存在を中心に考え、それ以上踏み込んで考えられなかったのかもしれないと反省するのと同時に、作品解釈がこんなにも自由な美術史という学問の面白さにも触れた思いがしました。

 さて、《柳蔭》の制作年が大正4年と分かった現在、この論文は無意味なものになってしまったのでしょうか。私はそうは思いません。もちろん論文の大前提となる制作年を修正した上で再考する必要はあります。しかし、《柳蔭》が三溪による注文制作であり、三溪のために描かれたとしても、そこに大観が自身の思いを込めるのは可能だからです(もっとも、先の大観のあっけらかんとした口ぶりからすると、そこに深い思いを読み込むのは難しいかもしれませんが)。もし大観が《柳蔭》に天心への思いを込めたとしたら、天心と旧知の仲だった三溪はむしろ喜んだかもしれないな、などと勝手な想像をふくらませています。

 

 以上、最近私にとって年来の疑問のひとつが解決しましたので、それについてお話してきました。作品を読み解く面白さを少しでもお伝えできたでしょうか。

 本学の芸術学コースでは、芸術学や美術史を学ぶ上で大切な基礎から応用までを学ぶことができます。みなさんにも、本コースで芸術学を学ぶ楽しさを知っていただきたいと思います。

 本学芸術学コースのスクーリング「芸術学Ⅱ-3 芸術史:日本芸術史の諸問題」では、原三溪と美術について詳しく講義し、受講生がそれを受けてディスカッションする時間も設けています。詳細は以前のブログでも紹介していますので、こちらを御覧ください。

 

 秋以降の入学説明会のミニ講義でも三溪について取り上げますので、興味のある方は御参加ください。また、三溪の作った三溪園を、新入生を中心にしたスクーリング「芸術学研修」で例年秋に訪れています。四季折々に美しい三溪園ですが、秋の紅葉は格別です。もし入学されたらぜひ御一緒しましょう!それではまた。

 

 追伸:ウェブマガジン『アネモメトリ』にも原三溪と荒井寛方について書いています。よかったらご覧ください。

 

——————–

 

芸術学コース主催「第三回 芸術をめぐる(おいしい)お話の会」
1、「頭の哲学と肉の哲学(ロゴスとレンマ)-からだにやさしい哲学を求めて-」(梅原賢一郎)
2、「ヒトはなぜ絵を描くのか」(斉藤亜矢)

日時:2018年7月7日(土)14:00 ~ 17:00

場所:瓜生山キャンパス(教室は当日掲示)

※事前申込不要。参加無料。一般の方、他コースの方を含めどなたでもご参加いただけます。「芸術学コースでどんなことが学べるのか」「どんな先生から学べるのか」気になっているという方にもお気軽にご参加いただける雰囲気です。

 

——————–

 

京都造形芸術大学通信教育部 芸術学コースでは以下のwebサイトでお知らせを定期的に更新しています。ご都合が合うイベントがありましたら、 お気軽にご参加ください!

 

芸術学コースのつぶやき@geigaku4

 

芸術学コースコースサイト Lo Gai Saber|愉快な知識

 

芸術学コース |学科・コース紹介

 

  • LINEで送る

2018年5月9日  日常風景

【芸術教養学科】卒業生からの手紙

01_letter

すっかり青葉の季節ですね。芸術教養学科の教員上村です。卒業式を過ぎて、ひと月半ほどです。毎年、卒業式のころになると、ほっとした気持ち、喜ばしい気持ちもありますが、忸怩たる思いも強まります。教えるべきことは教えた、などという自負など到底ありません。そもそも大人を教える大学教育ですし、そんな一方的なやり尽くし感はありえません(こどもあいてでもそうだと思いますが)。

 

そんななかで苦手なのが「謝恩会」という文化です。謝恩会というのは、卒業式のあと、はなやかに着飾った卒業生が恩師を招くパーティです。しかし学恩を感じられるほどのことをして差し上げた実感がないままに、恩に着られるとか、晴れ着を着られるとか、そういったことが苦手なのです。かつては、卒業生が謝恩会の企画を言い出す前に「送る会」を企画したことさえあります。謝恩のペイジェントの機会を奪ってしまいました。しかし最近は年を取ったせいか、そんなわだかまりも薄れ、頭髪も薄れ、みなさんが互いに祝いあうイヴェントのすみっこで、心おだやかに参加させてもらっています。

 

卒業式はバタバタと過ぎてゆくのですが、式のめでたさよりも心に沁みるのは、その後の卒業生からのお便りです。それも、教員に対する感謝感激とか大学バンザイとかではなく、普通に近況を知らせてくれたり、あるいは、必要に迫られて推薦状や身元保証人(学問的な)になってほしい、という頼みだったりがほとんどです。それが十分嬉しいです。そういえば、昨年は海外からのお便りがいくつかありました。大学院でお庭のことを調べに来ていた海外の作家がスペインで博士号をとった、とかイギリスの王立芸術大学(RCA)の院に進学がかなったとか。RCAに行った卒業生は2名いて、昨年は偶然それぞれからお便りがありました。ひとりは芸術学科卒、もうひとりは芸術教養学科卒で、ふたりとも大学では研究系の学科にいましたが、本学に入学する前もあとも、ずっと制作活動を続けていたようです。それからもうひとり、NYでデザイナーを目指してがんばっている卒業生からもお便りがありました。しかしこちらは、残念ながらグリーンカード(永住許可証明書)申請がだめだった、またトライする、とのこと。

そうやって、今後の進路にかかわるお知らせがあったかと思うと、知り合いの学生の訃報であったり、体が弱ってしまい、もう多分あえないだろう、というお知らせであったり、人生の終盤にかかわるお便りもあります。寂しい気もします。しかし、それはそれで、しばらくでもお付き合いできたからこそのお便りです。通信制の大学なので、べったり毎日のように顔を合わせて過ごすことはありません。ですが、学問や芸術の分野ではそのくらいがちょうど良いかもしれません。たまに会うからこそ、お互いの成長も衰えも話の種になりますし、そもそも学問も芸術も自分自身でするしかありません。それぞれ切磋琢磨することが、なにより同学のみなさんと繋がる方法です。

 

もしこの文章を在学生や卒業生のかたがご覧になっていたら、たまにはお手紙をください、と言いたいところですが、ときどきお返事しそびれてしまうことがあります。ごめんなさい。また道でばったり会って、お名前を思い出せないこともしょっちゅうあります。そのときも、お怒りにならず、根気よくお名前を思い出させてください。物忘れが激しい私がいうのもなんですが、ときどきで結構ですので、大学は卒業してからも思い出してくださいね。

 

 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

  • LINEで送る

2018年3月8日  日常風景

【芸術学コース】研究の日常風景

 皆さん、こんにちは。芸術学コース教員の金子典正です。3月といえば大学では何といっても卒業式のシーズンです。芸術学コースでも毎年多くの卒業生を送り出していますが、卒業生の方々はいずれも大学の勉強の総仕上げである「卒業研究」を見事に完成させて卒業されます。自ら問題点を見出し、研究を深め、論文を執筆することは、学問の府ならではの経験です。芸術学コースを含む芸術学科では「論文研究基礎」→「論文研究1」→「論文研究2」→「卒業研究」という卒業論文を書くための授業を段階的に履修することによって、マイペースで研究が進められるカリキュラムとなっています。今年もレベルの高い「卒業研究」の論文が何本も提出されました。その成果物は3月17日の卒業式の1週間前から開催される学内の卒業・修了制作展で実際に見ることができますので、お時間がありましたら是非お越しください。

 ところで、研究という点では大学も立派な研究機関ですので、所属する教員もそれぞれ専門分野があり、授業のかたわらで個々の研究を日々進めています。そこで、今日は私の研究の日常風景について、少しご紹介したいと思います。まずは一枚目の写真です。

 

image1

 黄金に輝く四頭立ての象に普賢菩薩像が坐っています。これだけでも相当インパクトがあるのですが、その大きさは、、、なんと高さ48メートルもあります。そしてこの像は重さが660トンもある巨大な金銅仏なのです。写真の下方に人物が映っていますので、その大きさが分かると思います。そしてさらに驚くのは、この普賢菩薩像がある場所です。パンダや麻婆豆腐で有名な中国四川省にある峨眉山にあるのですが、実はこの像はその山頂にあります。峨眉山は中国の仏教聖地のうち普賢菩薩の聖地として有名で、その標高は3099メートル。三千メートル級の山頂にこうした建造物があること自体が驚きです。どうやって資財を山頂まで運び、どのように制作したのでしょう。その様子は現地のパネルで解説されています。そしてこの山頂は、その標高ゆえに、上の写真のように快晴になるのは実はとても珍しいことで、この写真は知り合いの研究者が以前に私に送ってくれたものなのです。因みに、かつて私が訪れた際の様子は次の通りです。

 

image2

現地の方に聞きましたが、峨眉山はこのように霧がかかった状態が日常だそうです。山頂から景色を愛でるどころか、どの方向をみても霧、霧、霧でした。

 研究を長く続けていると、国内のみならず国外の各地を訪ね歩きますが、さまざまな非日常的な場面に偶然出会います。そうした時、自分の限られた知識で考えていた仮説が再考を余儀なくされることも多々あります。机上の考察ではなく、現地に出かけて色々と体験して初めて見えてくることが沢山あります。ですので、もし皆さんが芸術や美術の研究を志すようになったら、ぜひ出来る限り現地を訪れるようにしてください。たくさんの非日常があなたを待っているでしょう。 

 

——————–

「卒業・修了制作展」「芸術学コース卒業研究懇話会」について、以下のリンク先で詳細をお知らせしています。

https://air-u.campus.kyoto-art.ac.jp/news/detail/905/

 

——————–

いよいよ最後の入学説明会開催!

(予約不要・参加無料

 

京都会場 3月11日(日)「欧米のアジア美術コレクション」(担当教員:金子典正)

東京会場 3月21日(水・祝)「西洋美術史の思索者たち」(担当教員:池野絢子)

 

詳細は下記サイトをご覧ください。

https://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_mar/

——————–

 

京都造形芸術大学通信教育部 芸術学コースでは以下のwebサイトでお知らせを定期的に更新しています。ご都合が合うイベントがありましたら、 お気軽にご参加ください!

 

芸術学コースのつぶやき@geigaku4

 

芸術学コースコースサイト Lo Gai Saber|愉快な知識

 

芸術学コース |学科・コース紹介

 

  • LINEで送る

2018年2月8日  日常風景

【和の伝統文化コース】梅のはなし

 

 

みなさんこんにちは。

立春が過ぎてもまだまだ厳しい寒さが続きますね。

 

雪も降って、外に出るのも億劫になるこの時期。凍えるような寒さの中、それでも春を待って咲く梅を見ると、耐え忍ぶ中でも見事に花を咲かせる梅の花の力に元気を貰えるかもしれません。

 

 

梅といえば、京都では天神さんでお馴染みの北野天満宮が有名です。

 

image1

北野天満宮の梅

 

 

 

北野天満宮では約50種類、1500本の梅の花を見ることが出来ます。

 

2月上旬からは、梅苑も公開され、2月25日には梅花祭も開催されます。

梅花祭では、茶屋で和菓子も振る舞われ、ほっこりした中での観梅を楽しむこともできます。

image2

 

 

 

また、梅は別名好文木(こうぶんぼく)と言ったりもします。

 

能の謡曲には、梅が好文木と呼ばれるようになったいわれが謡われてる「老松」という謡曲があります。

image4

「老松」 月岡耕漁 能楽図絵 シカゴ美術館 1898

 

 

 

謡曲「老松」では、唐の帝のおん時は、国に文学盛んなれば、花の色を増し、匂い常より勝りたり、文学廃れば匂ひもなく、その色も深からず、さてこそ文を好む、木なりけりと梅をば、好文木とは付けられたり、         (日本古典文学大系『謡曲集 上』「老松」より抜粋)と梅が謡われており、帝が学問に親しむと花が開き、学問をやめると花が開かなかったという故事の由来が述べられています。

 

 

また、能「東北(とうぼく)」では、東北院に咲く和泉式部の名を持つ梅の話の中で好文木という言葉が出てきたりします。

image7

「東北」月岡耕漁 能楽百番 1898-1903 シカゴ美術館

 

 

 

謡曲「箙(えびら)」では、梶原源太景季が箙(矢をさし入れて背中に背負う武具のこと)に梅を挿して奮戦した様が描かれており、若武者の勇壮な戦いが見られる曲となっています。

image6

「箙」月岡耕漁 能楽百番 1898-1903シカゴ美術館

 

 

 

祝言の席でよく謡われる謡曲「高砂」でも、「梅花を折って頭にさせば、二月の雪衣に落つ」という表現があり、桜だけでなく梅もまた能の謡曲の中ではよく出てくる花の一つとなっています。

image3

「高砂」 月岡耕漁 能楽図絵 シカゴ美術館蔵 1898

 

 

 

寒さ厳しいこの季節、寒さに耐え忍びながら凛と咲く梅を見て、春に向けた準備をする英気を養えれば良いかもしれませんね。

 

image5

 

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】
2月18日(日)に、東京外苑キャンパスで入学説明会(コースミニ講義)を開催します

授業名 :茶人の素顔をのぞいてみよう

担当教員:高垣亜矢

持ち物 :筆記用具、メモ

 

 

事前申し込みは不要です。

詳細はこちらをご確認ください。

(今後の開催予定などもこちらのHPで確認できます)

 

 

 

 

季節感のある情報などお楽しみいただけるコースサイトはこちらから↓

 

和の伝統文化コース コースサイト

waden

 

 

学科コース紹介|和の伝統文化コース

 

coursejapanese

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年11月24日  日常風景

【ランドスケープデザイン】ランドスケープ+すわる

こんにちは。
ランドスケープデザインコースの河野です。
私はスクーリングのある週末は東京の外苑キャンパスにいますが、普段は設計の仕事をしています。

今日は、「すわる」をキーワードとして書いてみたいと思います。

 

ランドスケープですわる場は、デザイン要素のひとつとなります。
公園などのゆっくり休める木陰のベンチ。駅前のバス乗り場のちょっと時間を過ごすベンチなど、素材や形状も、用途や設置する場所に応じて様々なものがあります。
また、その場に合う心地良いすわる場とするには、形状や素材とともに、すわる位置や方向も重要になってきます。

 

例えば、建築の縁側と庭の関係のように、美しい風景などの対象物を「見る」ためのすわる場があります。
対象物が美しく見える場所にすわると、そこに対象物と人との関係性がうまれます。

 

京都にある旧三井家下鴨別邸です。

旧三井家下鴨別邸
開放的な開口部からの庭の景と主屋座敷の関係により、庭の自然の彩りを取り込み、豊かな室内空間となっています。 

 

北海道にある旭川駅です。

 

旭川0

旭川1
駅前の広場沿いに流れる雄大な川の景と向き合う、自然素材で作られたベンチとの関係により、積極的に川や周辺の自然風景を広場利用者に意識させる場がうまれています。 
一方、対象物をすわって「見る」だけではなく、すわっている人が「見られる」ことで、「見る」と「見られる」関係性が入れ子状態になり、すわっている人も取り込んだ賑わいや美しいシーンがうまれます。

 

神奈川県にある複合商業施設です。

Exif_JPEG_PICTURE
広場の一角に設置されたテーブルとベンチ。休憩する人もまた商業施設の顔として賑わいのあるシーンの一部となっています。

 

先ほどと同じ旭川駅の駅前です。すわっている人が歩く人の視線の先にあり、風景のポイントとなって、賑わいや安心感がうまれています。 

旭川2

旭川3
少し私がデザインしたすわる場を紹介します。

この場所は、動物園内の出入口近くのトイレなどが隣接する広場です。

事例2
園路から少し奥まった場所に、樹木を残し広場の目印としながら、待ち合わせができる広場のベンチをデザインしました。

事例1

写真は、中央のベンチから園路側をみた風景です。前方に広がる都市(高層マンション)と水辺の風景をすわる人に意識させながら、不整形な曲線のベンチとすることにより、すわる方向もすわる人の距離も使う人にゆだねています。
広がる風景を見ながら、すわる人の人数や隣同士となる他人、友達、夫婦、家族など、それぞれの人間関係によっての心地よい距離間で自由に利用できるベンチです。

 

最後に、外苑キャンパスの近くには、様々な撮影にも使われる外苑銀杏並木があります。紅葉時期は特に賑わいをみせ、ベンチで休んでいる人もたくさんいます。

外苑銀杏2

外苑銀杏1

すわる場としての「みる」「みられる」の関係を意識して、街を歩くとまた違った発見があります。ぜひ外苑銀杏並木を通りながら、キャンパスにお越しください。

そして、ランドスケープに興味をもたれたら、入学説明会にも是非お越しください。

 

入学説明会&ミニ講義

「植物園をデザインする。運営する。」

12月3日(日) 会場:京都瓜生山キャンパス

 

「ー空間+人間+時間ー」

12月10日(日) 東京:東京外苑キャンパス

 

詳細はこちら

 

 

 

ランドスケープデザインコース | 学科・コース紹介

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。