通信教育部

日常風景

  • LINEで送る

2016年1月8日  日常風景

【空間演出デザインコース】空デの年末年始

空間演出デザインコースの上田篤です。

皆さま、あけましておめでとうございます。

どのようにお正月を過ごされましたか?

私はといえば、珍しくまとまったお休みなのに、それ以上に珍しい風邪に見舞われ、お屠蘇は少しいただきながら静かにスタートすることができました。

 

さて、今日は空間演出デザインコース(空デ)の年末年始の様子を少しお伝えしましょう。

 

12月は色々なスクーリングが開催されましたが、中でも年末と言えば、空デの在学生主催の大忘年会に研究室一同お招きいただいたことでしょう。

かつてノーベル賞を受賞された先生方も愛したという大学周辺の「天寅」という鍋料理のお店になんと、在学生、卒業生等が全国各地からあわせて総勢約70人!!!の空デメンバーが集まりました。

 

天寅

 

この忘年会には毎年参加ルールがあります。それはオリジナルデザイン名札着用ということ。個人がバレてしまうので写真は掲載できませんが、皆さん個性溢れる名札がお披露目されての宴になりました。

さらには、今年はその名札でコンテストが開催され腕自慢の卒業生や在校生自作の賞品が授与されました。

その他、大じゃんけん大会(これも賞品付き)など大盛り上がり。そこでゲットした賞品をいざ公開します↓↓↓

 

photo01

なんと!こんな空デ愛溢れる豪華賞品が!!!

もちろんこれも卒業生の手づくりです。家宝にすると心に決めました。

時間を惜しむように、まだまだこれからのやる気に満ちあふれた顔、卒業間近で最後の追い込みの顔、数年ぶりの懐かしい顔の方々と素敵なひと時を過ごし、無事に年を越すことができました。

 

さて、正月休みが明けた研究室はこんなモノ達で溢れかえっています。

 

photo02

これは何かと言うと、今週末1/10(日)に京都瓜生山キャンパスで開催される一日体験授業の準備中なのです。空デでは毎年1月の体験授業は「福袋」を配付し、その中身で制作を行います。

今年は「インテリア模型」の世界を楽しみながら結構本格的に体験できる内容を準備しています。まだギリギリ受講生募集中ですので、空間演出デザインに興味のある方はぜひお申し込みいただき当日お会いしましょう!お楽しみに。

 

詳しい内容はコチラから

 

さて、準備はまだまだ終わってません。。これからこの材料達を「福袋」に詰める作業をスタッフ総出で行います!

1週間後の1/17(日)には東京外苑キャンパスでも一日体験授業を実施しますのでまとめて数十部をせっせと作ります。これがここ数年の年始の研究室の風景となっています。

 

photo03

最後にひとつ告知を。

1/10(日)、京都瓜生山キャンパスでの一日体験授業終了後、18時から空間演出デザインコース主催の公開特別講義が開催されます。

 

photo04

「京都リノベーションの現場」と題して、京都を地盤に個性的なリノベーションを多数手がける設計集団「expo」のお二人を招きお話していただきます。

こちらもお時間許せば、ぜひご聴講ください!お待ちしています。

 

最後になりましたが、皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2013年11月25日  日常風景

クククククリスマス?!?!

IMG_7703

 

こんにちは。岡田です。

 

阪急河原町駅の地下を改札に向かって歩いていると、藤井大丸さんのウィンドウディスプレイが。

 

なんともうクリスマス!先月まで気温30度とか言ってたのに!

 

 

このクリスマスのウィンドウディスプレイは、

実は毎年、本学の通学部の学生さんたちが手がけています。

 

今年のものもほんとに綺麗!

 

近くで見てみると、

きらきらしているものはじつはボタンやビーズ。

IMG_9070IMG_8890

 

 

お近くにお越しの際はぜひごらんくださいね。

 

 

IMG_3171

 

 

さて12月がちかづいているということは!

 

 

通信教育部の説明会ももう今週末に迫っています!

 

全コースの教員が参加し、

無料で受けられるミニ体験授業もあり!(予約不要です)

 

*********

第1回 2014年度 入学説明会

 

●京都会場(瓜生山キャンパス)

2013年12月1日(日)12:00〜17:00

 

●東京会場(東京外苑キャンパス)

2013年12月8日(日)12:00〜17:00

 

※参加無料、予約不要、途中入退可

 

 

【お問い合わせ】

京都造形芸術大学 入学課

電話:0120-20-9141

メール:tsushin@office.kyoto-art.ac.jp

********

 

おまちしています!

 

おかだでした。

 

 

  • LINEで送る

2013年8月12日  日常風景

撮る人は撮られる人

IMG_6004

 

こんにちは。岡田です。

 

近頃、日本中をとびまわっています。

 

 

というのも、通信教育部の新しいパンフレット制作に向けて、

 

全国におられる本学の卒業生や在学生を取材してまわっているのです。

 

 

写真は、先週行った関東での撮影のひとコマ。

カメラを持った方をカメラマンさんが撮影する光景がなんだか面白かったので、

つい撮ってしまいました。

 

 

 

来週からは、兵庫・大阪・愛知・静岡・神奈川・北海道…と取材にまわり、

 

8/31(土)には東京での合同説明会、

9/1(日)には福岡での合同説明会に参加します。

大阪、名古屋、札幌での開催もあります。詳しくは文末へ!)

 

 

ということで8月後半は学内にいないので、

次に大学に帰ってきたときの私のデスクの上を想像すると恐ろしい寂しいです。

 

 

出張で遠方に行っても仕事なので観光する時間は無いのですが、

こうして京都を離れて行ったことのない場所に訪れると、

 

日本にはこういうところもあるんだなぁ、知らなかった!とか、

 

こういう場所で生活をしている人の作品ってどんなのだろう?とか、

 

いろいろな発見や疑問が生まれますね。

 

 

 

「県民性」をテーマにしたテレビ番組があります。

わりとああいうのが好きでつい見てしまいます。

 

かならずしも嗜好や生活を都道府県別でひとくくりには出来ません(私は大阪出身ですがヒョウ柄の服は1枚も持っていません)が、

 

日本の各地域が、そこに住む人の芸術活動にもたらす影響ってどんなのがあるのかなあ……

と、ちょっと考えたりしている最近です。

 

地域によって、建築をやっている方が多いとか、

絵画をやってる方が多いとかって、

あったりするのでしょうか?

 

 

 

 

 

ということで!

あっという間に夏が終わってしまいますが、

来週から、合同説明会がはじまりますよ!

 

 

他の通信制大学さんと合同で行うこの合同説明会は、

本学への入学をご希望の方だけでなく、

「なんとなく通信制大学に行こうと思っているけど、どこがいいんだろう」

と、迷っている方にも是非お越しいただきたいイベントです!

 

 

「そもそもどんな大学なの?」から

入学手続や費用、資格についてなど、

些細なことでもぜひ直接ご相談ください!

 

本学事務職員がご説明いたします。

 

—————

・8/24(土)【大阪会場】12:00-17:00

@梅田スカイビル タワーウエスト10階 アウラホール

 

 

・8/25(日)【名古屋会場】11:00-16:00

@愛知県産業労働センター(ウインクあいち)6階 展示場

 

 

・8/31(土)【東京会場】12:00-17:00

@新宿エルタワー 30階 サンスカイルーム

 

・9/1(日)【札幌会場】11:00-16:00

@アスティ45ビル 4階 アスティホール

 

 

・9/1(日)【福岡会場】11:00-16:00

@エルガーラホール 8階 大ホール

 

 

さらに詳しい情報は、主催団体のホームページをご覧ください。

http://www.uce.or.jp/explanation/

 

———————-

 

 

さきほど「あっという間に夏が終わってしまいますが」と書きましたが、

この異様な暑さでは終わる気がしません…!

 

先日日傘を使っておられる男性をお見かけしました。

 

男性は日傘に抵抗ある方が多くおられるそうですが、

むしろ使ったほうが絶対良い様に思います。

最近は男性用日傘もあるそうですね!

 

 

みなさま、くれぐれも体調にはご注意くださいね!

 

(投稿者:岡田)

 

  • LINEで送る

2013年7月17日  日常風景

●人に1人が大学生!? ―京都だより―

学生の街といわれる京都。

 

どれくらい学生がいるかご存知ですか?

 

 

 

 

京都といえば、歴史ある古い町並みが思い出されます。

 

なんとなく若者が多いイメージはないかもしれませんね。

 

 

 

実際のところはどうなのでしょう???

京都市の年齢別人口を調べてみました!

 

 

 

19歳~25歳の人口は、京都市全人口の約10%!

 

 

一説によると、

なんと10人に1人が大学生だそうです!

 

 

 

大学の数は東京よりも少ないのですが、

 

人口に占める学生の割合は、全国で1位なのだそうです。

 

 

 

なぜ、こんなに学生が多いのでしょうか?

京都という土地から考えてみました。

 

 

 

歴史を遡るまでもなく、現在、京都にある大学を見渡してみると、

教育と宗教との結びつきが深いことが分かります。

 

京都市域には、40以上の大学があり、

そしてその半数は、宗教を母体としているとか!

 

 

京都には、3,000を超えるお寺があり、

約2,000の神社を加えると、

5,000にのぼる社寺が存在しています。

 

同じ寺といっても、京都には、

全国に末寺をもつ本山がたくさんあります。

 

 

中世から近世にいたる時代、人々は宗教と学問を究めるために、京都の本山をめざしました。

こうした風土が、京都に教育機関を増やしたのかもしれません。

 

 

このように、教育と宗教が深く結びつき、

1200年にわたって、いまもなお根付いているのですね。

 

 

造形外観

 

話は戻って、

 京都市の全人口に占める学生の割合。

19歳~25歳と書きましたが、

京都造形芸術大学 通信教育部の学生の皆さんは、どんな年齢の方が多いでしょうか?

 

 

答えは、

 

30代・・・25%

10~20代・・・24%

40代・・・19%

50代・・・13%

60代~・・・19%

 

こんな割合です。

意外ですか?予想通りでしたか?

 

 

 

幅広い年齢の方がいるので、

刺激が多く、素敵な出会いがたくさん!

 

また私もスクーリングを覗きにいきますので、

みなさんに色々なお話が聞けたらうれしいです(^^)

 

ではまた!

 

 

岡田でした。

 

 

(投稿者:岡田)

 

 

 

参考:http://www.city.kyoto.jp/sogo/toukei/Population/Estimate/

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月3日  日常風景

おくりもの

 

IMG_3851

 

こんにちは、岡田です。

通信制大学院の修了生の方から、

嬉しい贈り物をいただきました。

 

愛媛県にお住まいの修了生の方が無農薬で作られた、

甘夏!です。

 

 

大きくて、いい匂い!

さっそく家に帰って夕食のデザートにいただきました。

IMG_9974

(まったく余談ですがこのお皿は3匹のキツネが食べ物にのしかかられるというお気に入りの一品です)

 

 

ぎゅうぎゅうに果汁が詰まって、あまずっぱさの中にもほろ苦さがあって、本当においしかったです!

 

 

通学部もそうですが、

通信教育部は特に、全国から学生さんが集まります。

また、学生でありながら、本職は皆さんばらばらです。

 

こうして甘夏をつくっている方もいれば、会社員の方も、教員の方も、

主婦の方も、幅広いそれぞれの生活をおくっている方々が同じ場所で学ぶということは、

それだけ色々な考え方や知識に触れるチャンスがあるということ。

 

 

 

勉強になるということ以前に、

そういうのって楽しそうだなあと、甘夏を食べつつうらやましい気持ちになりました。

 

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

 hako

箱のインパクトがすごいです。

 

 

 

投稿者:岡田

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。