授業への出席と欠席の取扱い

授業は毎回出席することを前提にその内容が組み立てられています。そのため、授業は全て受けることを前提としますが、やむを得ず欠席せざるを得ない場合があることを考慮し、成績評価の要件を「3分の2以上の出席(授業参加)があること」とします。授業時間数の3分の2以上の出席がない場合は、評価の対象となりません(評価対象外= F評価となります)ので授業には必ず出席してください。
ただし、これは「授業時間数の3分の1までは欠席してよい」ということではありません。病気などの不測の事態で欠席せざるを得ない場合に備え、日頃から授業に出席することが重要です。欠席をした場合は、授業内容や課題等を自分で確認し、欠席した授業分を補うようにしてください。

出席に関する基本ルール

基本は「授業開始時刻までに受講できる状態にしておくこと」であることが前提となります。
その上で、登録時間に応じて以下のように出席状況を管理します。

  • 授業開始後10分まで:出席(あくまでデバイスの起動時間等を考慮した時間設定です)
  • 以降30分まで:遅刻
  • 31分以降:欠席

※2講時以上連続する場合は、最初の講時が出席登録の対象となります。

※集中授業や実習系の授業等、授業に応じて管理方法が異なる場合がありますので、必ず各授業で確認してください。

授業受講にあたっての注意事項

芸術表現の歴史や方法を学ぶ本学では、授業の教材として、暴力的な表現や性的な表現を含む動画や画像を使用することがあります。できる限り授業の冒頭で担当教員より予告しますが、許容範囲については個人差がありますので、不安な方はあらかじめ担当教員にお申し出ください。

出席登録/確認について

出席登録/確認については、manaBeへのアクセスを通じて行います。各授業には必ずスマートフォンやPC等、WEBブラウザへアクセス可能な端末を持参してください。

※授業内で特別な指示がある場合は、この限りではありません。授業担当教員に従ってください。

※履修修正期間中に未登録の授業へ出席した場合は、履修修正期間が終了した翌週までに出席状況の確認ができるようになります。

※出席登録するための機器を忘れた場合は、授業を管轄する研究室または芸術教養センター、資格支援センター等に相談して下さい。

出席登録

manaBeへアクセス、【出席管理】タブをクリック
②教員から提示された【講義パスワード】を入力
③表示内容に間違いがないか確認し確認し【出席確認】→【出席登録】をクリック
④アンケート回答画面に移るので、「進む」をクリック
⑤アンケートに回答する(すべて選択式)。回答後、「入力」をクリック
全ての質問に答えないと次の画面に進めません。※赤文字で不備があることが表示されます。
⑥出席・アンケート登録の完了画面を確認。ブラウザを閉じる。

※授業中、教員から指定された時間内に登録作業をする必要があります。授業終了後は受付ませんので、十分に留意してください。

※電波障害等で登録が不可能であった場合は、授業担当教員または授業を管轄している研究室やセンターに問い合わせてください。

出席確認

出席状況は以下の手順で確認することができます。
自身の出席状況は適宜確認をし、修正がある場合は学科/センターへ定められた方法と期限を厳守の上、手続きしてください。

①【出席確認】ボタンをクリック

②履修登録が完了している科目ごとに出席状況を確認できます