美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年7月28日  ニュース

【写真・映像】卒業生&在学生受賞情報

写真・映像コース(旧称「現代美術・写真コース」)の

17年度卒業生 片山達貴さん、3年生 神谷拓範さんの受賞情報のお知らせです。

 

ディオールによる若手フォトグラフィー・アワード(2020 Dior Photography and Visual Arts Award for Young Talents)のファイナリストに、写真・映像コース(旧称「現代美術・写真コース」)卒業生の片山達貴さんと、3年生の神谷拓範さんが選ばれました!神谷さんは審査員特別賞(Jury Mention)を受賞。
ファイナリストとしてフランスのアルル写真祭に招待され、作品を展示する予定でしたが、コロナのため写真祭自体が中止に。

 

現在、アワード公式ページに出品作品(一部)とステートメントが掲載されています。

———————————————-

●アワード公式ページ

https://www.luma-arles.org/dior/2020/

 (12)Takunori Kamiyaさん、(13)Tatsuki Katayamaさん

———————————————-

リンク先ページの最下部よりオンラインカタログも閲覧することが出来ます。

こちらには出品の全作品掲載されていますので、ぜひお見逃しのないようご覧ください。

また、下記URL先に審査員特別賞を受賞された神谷拓範さんの動画インタビューもアップロードされていますので、ぜひご覧ください。

https://youtu.be/72ZWbmftotc

 

 

  • LINEで送る

2019年10月10日  ニュース

【写真・映像】卒業生展覧会情報

現代美術・写真コース(2017年度入学生より写真・映像コース)卒業生の

展覧会情報のお知らせです。

 

—————————————————————————————————————————

2015年度卒業生 柳瀬安里さん 出展

金沢21世紀美術館

開館15周年記念

現在地:未来の地図を描くために[1]

柳瀬杏里 2019年金沢21世紀美術館『現在地』_ページ_1柳瀬杏里 2019年金沢21世紀美術館『現在地』_ページ_2

 

金沢21世紀美術館にコレクションされている世界的アーティストと並び、

今回柳瀬さんの代表映像作品『光のない。』が出展される運びとなりました。

是非ご高覧下さいませ。

 

会 期:2019年9月14日(土) 〜2019年12月19日(木)

会 場:金沢21世紀美術館  展示室7〜14、交流ゾーン

時 間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)

休館日:月曜日(ただし9月16日、9月23日、10月14日、10月28日、11月4日は開場)、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
観覧料:■ 本展観覧券
一般=1,200円(1,000円)大学生=800円(600円)
小中高生=400円(300円)65歳以上の方=1,000円

 

https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1770

 

 

—————————————————————————————————————————

2017年度卒業生 片山達貴さん 出展

 

第21回写真「1_WALL」展

ファイナリストに選出されました!

片山達貴 2019年度1_wall 最終選考展_ページ_1 片山達貴 2019年度1_wall 最終選考展_ページ_2

個展開催をかけた公募展、第21回写真「1_WALL」展を開催いたします。

本展は、ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展です。会期中の10月16日(水)には、一般見学者にも公開される最終審査会が行われます。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、審査員による議論を経て、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には、1年後の個展開催の権利と、個展制作日30万円が贈られます。(ガーディアン・ガーデンHPより引用)

 

片山さんは今回、かねてより制作されている映像作品での出展となります。(応募規定より、映像も可)

近年写真コンペなど「写真展」という枠の中で映像作品が取り扱われている中、

今回どのようにひと壁に展示され、どのようなプレゼンテーションをされるのかとても楽しみです。

お近くの方はぜひ最終公開審査に参加されてみてください。

 

会 期:2019年10月8日(火) ~2019年11月9日(土)
会 場:ガーディアン・ガーデン
時 間:11:00 ~19:00
休 館:日曜・祝日休館
入館料:無料

 

http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_wall_photo_201910/gg_wall_photo_201910.html

  • LINEで送る

2019年9月28日  ニュース

【美工・油画】「アートラウンジ@イセタンメンズ」

新進気鋭の若手アーティスト集団によるポップアップイベント

『アートラウンジ@イセタンメンズ』オープン!

この秋、東京・新宿ISETAN店内に『アートラウンジ@イセタンメンズ』がオープンしました。

京都造形芸術大学に在籍する若手アーティスト14名の作品が一堂に集結するポップアップイベントです。

出展作家はいずれも同大学の現役大学生と大学院生より選ばれ、絵画や彫刻を中心とした作品展示を行っています。

皆さまぜひご高覧下さいませ。

img09099

 

—————————————————–

 

「アートラウンジ@イセタンメンズ」

 

会期:9月18日(水)~10月1日(火)
会場:メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス

 

ARTIST`S

 太田桃香

 北村孝祐

 キムミンジョン

 髙戸蒼月花

 竹林玲香

 坪本知恵

 中村百花

 平松可南子

 御村紗也

(美術工芸学科  油画コース  4年生)

 

 川上諒子

(美術工芸学科  総合造形コース  4年生)

 

 土取郁香

 椿野成身

 田中穂

 森井沙季

(大学院  美術工芸領域  2年生)

 

https://www.imn.jp/post/108057201508

 

—————————————————–

 

 

SONY DSC

 

 

 

 

SONY DSC

  • LINEで送る

2019年7月23日  ニュース

美術工芸学科全コース

昨日7月20日(土)と21日(日)は京都造形芸術大学の夏のオープンキャンパスでした。

 

おかげさまで今回も美術工芸学科のブースにはたくさんの高校生や受験生の方が来てくださいました!

中には将来をきちんと考えている中学生の方、大学院を考えている留学生の方、楽しいワークショップに興味を惹かれた小さいお子さんまでブースにいらしてくださいました。
ご来場いただきました皆様本当にありがとうございました。

 

美術工芸学科は日本画、油画、写真・映像、染織テキスタイル、総合造形(立体物を制作するコース)、基礎美術(日本の伝統文化を幅広く学ぶコース)の特色のある6コースからなっています。

京都造形芸術大学の中でも一番多く学生が在籍している学科です。

今後も6コースの特色を活かしながら協力して大学を盛り上げていきたいと思っています。

 

夏のコミュニケーション入試はもう目の前。

8月4日(日)〜7日(水)の日程で行われます。

エントリー〆切はは8月1日(木)17:00までとなっていますので美術工芸学科を目指す人は忘れずにエントリーをお願いします。

詳細は以下のサイトまで。

https://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_s/lp/

 

IMG_4409

  • LINEで送る

2019年7月5日  ニュース

【染テキ】『伊勢木綿と過ごす夏』展

今年もその季節がきました。
祇園祭のお囃子とともに、新作手ぬぐいを販売します。
16スナップ (1)四条河原町交差点、マルイ店頭です! マイフェイバリット京都をテーマに、
京都に住んではじめて気づいた京都の魅力を1枚の手ぬぐいのデザインに落とし込みました。
祇園祭では、室町通り界隈の老舗呉服商が所蔵する名品を見ることができます。 そぞろ歩きしながら伝統の名品を楽しみつつ、
四条河原町交差点では、今の学生たちがつくる粋の良い手ぬぐいをごらんください。

京都マルイ店頭にてお待ちしております!!
スナップ2 burogu
『伊勢木綿と過ごす夏』展
日時:2019年7月8日(月)〜7月15日(月)
   午前10時30分~午後8時30分(最終日のみ19時30分)
場所:京都マルイ1階北側店頭
   (京都市下京区四条通河原町東入真町68番地)


プレスリリース1 プレスリリース2

1 2 3 4 63

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。