美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年6月4日  ニュース

【現代美術/写真】3回生・階段展

 

 

階段展1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

階段展2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んん?

 

階段展3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んんん?

 

階段展4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んんんん?

 

 

 

 

 

 

 

階段展5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーーーーーん。

 

 

と、いうことで。

現代美術/写真コースの3回生による階段展、始まりました!

 

「Kyoto Survey Project」という名の下、去年の4月〜今年の始めにかけて

私達3回生(当時2回生)が、京都のまちを歩きながら撮り続けてきた写真の数々です。

 

 

実はこのプロジェクト。去年の前期終了時点で、いったん一区切りし

美術工芸学科の研究室(現在、同コース・2回生が展示をしています)で、展示を行っていました。

その時とはまた違ったテーマになっていたり、更に深い所まで調査していたり…変化は学生によって様々で、私自身も見ていて面白いなぁと感じています。

 

 

お時間あるとき、階段を上り下りする度、「京都」というまちについて考えたいとき、何かの調査を始めたとき、

「最近忙しくて、恋人とデートできてないな…あっそうだ!階段展行こって誘おう☆」ってきっかけでも、

人間館1F/ギャルリ・オーブ階段で行われている、3回生の階段展を見ていただけたらと思います。

よろしくお願いしますー!

 

 

 

美術工芸学科/現代美術コース 3回生 唐鎌なつみ

 

 

  • LINEで送る

2013年5月28日  ニュース

現代美術写真コースからオススメ

現代美術・写真コースでは、写真による学内と京都という都市のサーヴェイ(収集を元に考えること)をカリキュラムの軸に置いています。そのコースの姿勢とは何かを体感してもらえる素晴らしい映画が全国で上映されています。京都では京都駅の南にあるTジョイで上映されています。院生から高校生まで表現者とは何かを知っていただく最高の作品です。ぜひ上映スケジュールを確認して観てください。やはり映画は映画館ですよ

http://t-joy.net/site/kyoto/schedule/index.php?d=130528#21855

  • LINEで送る

2013年5月23日  ニュース

現代美術写真コースからお知らせ

アートゾーンで「リサーチパラダイス展」が始まります。アート・デザイン・建築の世界では文化人類学的サーヴェイが多くの表現の骨格(共通言語)となりつつあります。言語からのアプローチは哲学や思想や評論家が行いますが、我々視覚言語に携わる立場では、それらの言語をイメージに置き換えて作品に閉じ込めるという高度な修練が必要となります。まだ3回生ですが、本コースの学生がその難関にチャレンジしています。ぜひ皆さんとイメージを読み対話する機会とさせていただきたいと思います。

http://www.artzone.jp/

Web

 

 

  • LINEで送る

2013年5月17日  ニュース

現代美術写真コース2回生展始まりました

現代美術写真コースでは、写真というメディアを通じてサーヴェイ(調査)するプロジェクトに通年で取り組んでいます。この作業は、漠然と作品の構想を練るのではなく「調査に基づく仮説を元に、表現のテーマを設定し、それに対して的確な表現手法を選択する」という現代美術にとって欠かせない習慣を育成することに重要な役割を果たしています。言葉で説明するのではなく「言葉」を作品のなかに織り込むという高度な作業に学生たちは真剣に取り組みました。ぜひ多くの方々にご覧いただきたいと思います。

会期:5月17日(金)~30日(木)場所:NC201b(美術工芸学科研究室)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • LINEで送る

2013年5月14日  ニュース

奈良研修スケッチ展♪ お坊さん人気急上昇?!

こんにちは。美術工芸学科です。

 

本日から、奈良研修旅行のスケッチ展が始まりました!

 

場所は、大学内・NC棟(人間館実習棟)の2階から3階の階段壁面。

先月末に1年生みんなで行った研修旅行は、スケッチ2枚とレポートが課題でした。

 

ボールペンや鉛筆で細かいところまで書き込んだ作品や、墨や水彩絵具の柔らかい色調の作品、

ポップで可愛い雰囲気の作品…

nara4 nara9 nara5 nara8 nara3

などなど、たくさんの作品が並んでいます。

 

 

じっくり見てみると、いろんな作品があって楽しいですよ~

 

たとえば、

▼鹿や大仏、お寺の作品も多いですが、今年の特徴はお坊さんを描いている作品が多いこと!笑

nara10 nara2nara1

(そういえば、東大寺でたくさんのお坊さんがいらっしゃいました。みんな、お坊さんの集団に創作意欲を刺激されたのでしょうか…)

 

 

▼そして、謎のゆるキャラ「モチドン」の登場。

注※モチドンは、もちいどのセンター街のキャラクターらしいです。なぜかワニがモチーフ。

 

nara7

 

葉書大のスケッチですが、ずらっと並ぶとなかなかの迫力!

今後、各コースの先生方からの投票も行なわれる予定です!

 

 

大学が開いている時間帯ならいつでも見られます。どうぞご覧下さい

1 57 58 59 60 61 62

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。