美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2013年5月23日  ニュース

現代美術写真コースからお知らせ

アートゾーンで「リサーチパラダイス展」が始まります。アート・デザイン・建築の世界では文化人類学的サーヴェイが多くの表現の骨格(共通言語)となりつつあります。言語からのアプローチは哲学や思想や評論家が行いますが、我々視覚言語に携わる立場では、それらの言語をイメージに置き換えて作品に閉じ込めるという高度な修練が必要となります。まだ3回生ですが、本コースの学生がその難関にチャレンジしています。ぜひ皆さんとイメージを読み対話する機会とさせていただきたいと思います。

http://www.artzone.jp/

Web

 

 

  • LINEで送る

2013年5月17日  ニュース

現代美術写真コース2回生展始まりました

現代美術写真コースでは、写真というメディアを通じてサーヴェイ(調査)するプロジェクトに通年で取り組んでいます。この作業は、漠然と作品の構想を練るのではなく「調査に基づく仮説を元に、表現のテーマを設定し、それに対して的確な表現手法を選択する」という現代美術にとって欠かせない習慣を育成することに重要な役割を果たしています。言葉で説明するのではなく「言葉」を作品のなかに織り込むという高度な作業に学生たちは真剣に取り組みました。ぜひ多くの方々にご覧いただきたいと思います。

会期:5月17日(金)~30日(木)場所:NC201b(美術工芸学科研究室)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • LINEで送る

2013年5月14日  ニュース

奈良研修スケッチ展♪ お坊さん人気急上昇?!

こんにちは。美術工芸学科です。

 

本日から、奈良研修旅行のスケッチ展が始まりました!

 

場所は、大学内・NC棟(人間館実習棟)の2階から3階の階段壁面。

先月末に1年生みんなで行った研修旅行は、スケッチ2枚とレポートが課題でした。

 

ボールペンや鉛筆で細かいところまで書き込んだ作品や、墨や水彩絵具の柔らかい色調の作品、

ポップで可愛い雰囲気の作品…

nara4 nara9 nara5 nara8 nara3

などなど、たくさんの作品が並んでいます。

 

 

じっくり見てみると、いろんな作品があって楽しいですよ~

 

たとえば、

▼鹿や大仏、お寺の作品も多いですが、今年の特徴はお坊さんを描いている作品が多いこと!笑

nara10 nara2nara1

(そういえば、東大寺でたくさんのお坊さんがいらっしゃいました。みんな、お坊さんの集団に創作意欲を刺激されたのでしょうか…)

 

 

▼そして、謎のゆるキャラ「モチドン」の登場。

注※モチドンは、もちいどのセンター街のキャラクターらしいです。なぜかワニがモチーフ。

 

nara7

 

葉書大のスケッチですが、ずらっと並ぶとなかなかの迫力!

今後、各コースの先生方からの投票も行なわれる予定です!

 

 

大学が開いている時間帯ならいつでも見られます。どうぞご覧下さい

  • LINEで送る

2013年5月14日  ニュース

【染織テキスタイル】塩見友梨奈☆首吊りビリーグランプリー☆

 

今月はじめGW真っ只中の5月5日6日、

東京青山のスパイラルで開かれた

SICF14(Spiral Independent Creators Festival)に出展してきました!

http://www.sicf.jp/

100組の様々なジャンルのクリエイターが集まり、

作品を展示し、交流するアートイベントです。

 

 

ひとりひとり与えられたブースの中で作品を展示します。

 

IMG_14861

 

私はブランコの作品を展示しました。

タイトルは「首吊りビリー」

多重人格を煩った実在する人物、

ビリー・ミリガンをモデルにした作品です。

 

IMG_1448

 

この作品はこども用のブランコで

真っ暗の中、手も足も出せないように

ファスナーで閉じ込められます。

ぐらぐらと不安定な動きをするので

とても怖いのです。

 

勇気のあるたくさんのこどもたちが乗ってくれました!

 

IMG_1399

 

このブランコばらすと中はこんな感じ。

きちんとした骨組みが金属で作られています。

 

IMG_7587

 

そしてなんとこの作品、

今年度のSICF14のグランプリを獲得しました!

ありがとうございます!

 

IMG_15051

http://www.ustream.tv/channel/sicf

 

今年の9月〜10月頃に本展と同じ会場、

青山スパイラルにてグランプリ展が開催されます。

是非みなさまお越し下さいませ!

 

非常勤講師 塩見友梨奈

 

 

 

  • LINEで送る

2013年4月30日  ニュース

★オープンキャンパス日本画

_MG_7540

 

 

 

んにちは。日本画コースです。

 

春のオープンキャンパス、ご来場者の皆さまありがとうございました!

 

今回もイベント盛りだくさんで開かれたオープンキャンパス、その日本画コースの模様をお送りします。

 

 

 

 

 

 

 

◆模写・伝統技法クラス在学生による「鳥獣戯画模写体験コーナー」!


 

_MG_7538

 

 

模写研究をするときの行程に

「上げ写し」というものがあります。

このコーナーではそれを簡単に体験できちゃいます。

日本画ブースおなじみの名物コーナーなのです。

_MG_7541

 

「上げ写し」とは、

模写をする原本の上に薄い和紙を敷き、

手で持ち上げよく観察しながら墨で線画を起こしていく作業です。めくった時の目の残像を利用して慎重に写していきます。

 

 

_MG_7558

 

 

 

「鳥獣戯画」 は

当時の世相を擬人化された動物たちで

コミカルに表現している、

誰でも一度は見たことのある

 

紙本墨画の絵巻物です。

 

 

けれどその線は勢いがあって軽やかです。

写すのも楽しいです!

 

 

 

 

 

模写・伝統技法クラスの

在学生のレクチャーを 受けながら

たくさんの来場者のみなさんが体験してくれました。

 

はじめてなのに皆さん筆がスイスイ進みます!

体験した絵はお持ち帰りして頂きました。

OCの思い出にもなりますよ。

今回体験できなかった方、ぜひまたお越し下さいね

 

 

 

 

 

◆日本画コース青木芳昭先生率いる青木ゼミによる、技法素材体験ブース!


 

_MG_7588

 

 

 

素材といえば青木先生!

ということで、素材のスペシャリストである青木ゼミメンバーが出張ブースを設置してくれました!

 

青木先生もとっても嬉しそうな笑顔です。

 

 

 

 

 

 

 

銀箔や孔版画、墨、油絵具、顔料、フレスコ画ライブペイントなどなど…たくさんの講座が目白押しでした。_MG_7563_MG_7562_MG_7544_MG_7569_MG_7570_MG_7548

学生だけでなく、スタッフや先生も興味深くご覧になっていました。

日本画材料だけでなく様々な素材がずらっと並ぶブースは壮観でした!

青木ゼミのみなさんありがとう!

 

——–

そして日本画ブースでは日本画の先生方が熱心に相談に乗って下さっていました。

受験を考えている高校生のみなさんや、大学を考えているみなさん…それぞれとっても真剣な面持ちでお話をしてくれました。

先生方もみなさんのお話を聞くことを楽しみにしています!

オープンキャンパスにお越しの際はどうぞ、お気軽に日本画相談ブースにお立ち寄りくださいね。

未来の先輩かもしれない学生スタッフたちもお待ちしています。

 

次回のオープンキャンパスもお楽しみに!

 

——–

★美術工芸学科 日本画コース

→美術工芸学科詳しくはこちらも!:http://bixko.net/

 

1 57 58 59 60 61

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。