こども芸術大学

日常風景

  • LINEで送る

2016年2月3日  日常風景

2月2日 小さな鬼たちがやってきた!~節分の前日~

子どもたちとお山へ散歩に行く道中、ウッドデッキ近くに植樹された梅の木を見ると蕾がぷっくりとふくらんでいました。寒い日は続いているものの、自然界は冬から春へと歩みを進めているのですね。

 

こども芸術大学では、子どもたちお母さんたちになるだけ季節の行事に親しみを持ってもらいたいと考え日々を過ごしています。

この時期の代表的な行事に節分があります。節分では季節の分かれ目に生じる邪気を払うため、鬼(邪気)に豆まきを行います。今回は節分に因んで、みんなで鬼のお面を作りました。

 

なぜ鬼のお面を作ろうという話になったのか。

 

実は年長の男の子がウッドデッキである巻物を見つけたのです。読んでみるとなんとびっくり。鬼からの手紙だったのです。「おやまにおにがいるの?」と子どもたちは大騒ぎ。涙ぐむ子まで出てしまいました。鬼は瓜生山にいるのか、はたまた別の場所にいるのか、子どもたちは鬼の存在を身近に感じ始めました。

 

resize

resize[1]

resize[2]

resize[3]

 

「邪気が宿る」という言葉は子どもたちには少し難しいので、鬼からの手紙や絵本などを使い「お腹の中にいる悪い鬼がいなくなりますように」というお話をして鬼(邪気)のイメージをふくらませていきます。そして、そのイメージを紙袋や画用紙など身近な素材を使い表現しました。

 

resize[4]

resize[5]

resize[6]

resize[7]

 

10人10色。あっという間にこども芸術大学に様々な鬼が現れました。

「この鬼はどんな鬼?」という質問に対して「怒ったときのお母さん」と答える子どもに大人たちが大笑いする場面もありました。「鬼」というひとつの言葉からこちらの考えが及ばないような発想をしていく子どもたち。 

 

さあ、どんな鬼が現れたのでしょうか?

 

resize[10]

resize[17]

resize[15]

resize[12]

resize[13]

resize[11]

resize[14]

resize[9]

 

resize[16]

resize[8]

 

resize[18]

resize[19]

 

午後はお茶会の時間。今回はお茶会も節分仕様です。お母さん発案で親子で恵方巻きを作り、お茶と一緒に頂きました。普段はざわざわすることもある食事の場面ですが、今年の方角である南南東を向き、黙々と恵方巻きを頂く子どもたちの姿を見ることができました。

 

resize[21]

床の間も節分仕様です

resize[23]

お母さんから恵方巻きを食べる理由を説明してもらいます

resize[20]

resize[22]

resize[25]

鬼もお茶会に参加していました

resize[24]

 

自ら鬼になり、恵方巻きを食べ、こども芸術大学はすっかり節分一色。

さてさて、このような雰囲気のなか行われる豆まき。一体どんなものになるのでしょうか。

 

(村瀬浦人)

  • LINEで送る

2015年12月9日  日常風景

こども芸術大学にクリスマスがやってくる!

12月に入り、こども芸術大学の雰囲気も変わってきました。

今まで三輪車や自転車が走っていたウッドデッキもこのように「落ち葉デッキ」に。その先にある坂道では落ち葉を使ったそり滑りが始まりました。

 

IMG_0245IMG_0358

季節の変化はウッドデッキだけでなく、部屋の中にも訪れます。

 

今日はクリスマスツリーに飾るフェルトボールを作りました。

まずはお母さんがクリスマスの絵本を読んでくれます。みんな一生懸命に聞いています。

 

IMG_0480 IMG_0487

クリスマスがどんなものかイメージが浮かんだところで早速フェルトボールを作ります。

 

IMG_0497IMG_0502

 

それぞれ好きな色の羊毛を切り、お湯と洗剤を溶いた液体で湿らせます。そして球体のプラスチックを使い、ボール状にしていきます。とてもシンプルな工程ですね。

 

出来上がりはこちら。

 

IMG_0505IMG_0520

IMG_0510

 

大きさも色合いもばらばらの、とてもバリエーションに富んだ作品達が出来上がりました。思った通りの色にならずに泣いている子もいましたが、数種類の色を混ぜることで出来上がるオリジナルな色が今回の面白さです。

IMG_0515IMG_0525

ブーツに続き、オーナメントも出来上がり、クリスマスを迎える準備は整いましたよ、サンタさん。

 

IMG_0298[1]IMG_0530

 

クリスマスムードに包まれたこども芸術大学からのご報告でした。

 

 (村瀬浦人)

  • LINEで送る

2015年12月8日  日常風景

12/7(月)落ち葉で遊ぼう!

 時折、ひらひらと舞い落ちる葉っぱたち!

 

すると、葉っぱと目が合い

葉っぱたちのささやきが聞こえてくる

 

IMG_0268  IMG_0244

 

地上に降り立った落ち葉たちと、今日は一日向き合ってみる・・・

 

昨夜ウッドデッキに降りたった落ち葉たちを、朝仕事に子どもたちと一緒に集めて集めて山にした。

 

たくさんの落ち葉に嬉しくなって、折角集めた落ち葉のお山を踏みしめその感覚を音を感触を楽しみ、落ち葉のかけ合いが始まる。

そしてみんなで両手いっぱいに落ち葉を持って「せえーの!」の掛け声で空めがけて投げる。パラパラ落ちてくる葉に歓声があがる!

 

どんな風に遊ぼうか話しているうちに膨らんだイメージを子どもと一緒に形にする。「落ち葉滑りをして落ち葉の中にどっすんしたい!」ウッドデッキとお山に2つの滑り台ができた!
IMG_0276IMG_0312

 

お気に入りの葉っぱは、紙にペタペタ。落ち葉や小枝を拾って、色んな形を作ったり、見立てたり。

IMG_0244

 

お母さんたちが、木々にかわいいアクセントを付けてくれた。フェルトボールやゴットアイで、ウッドデッキがほっこり温かい雰囲気になり、子どもたちもなんだか嬉しそう。

 

IMG_0298IMG_0314IMG_0325

いっぱい遊んで、いっぱい作って、いっぱい笑って、今日もステキな一日でした。

 

IMG_0344IMG_0291IMG_0347

 

掃除の時間・・・もっとままごとがしたかった年中の女の子たち。

赤ちゃんを背中に背負って、お掃除です。「ママみたい!」と張り切ってお掃除していました。

 

(千葉)

 

 

  • LINEで送る

2015年12月8日  日常風景

12/8(火)瓜生山遠足

澄み切った青空と、ひんやりした空気。

そして、温かい木漏れ日。

IMG_0379OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は、瓜生山に登ってきました。

いろんなきのこ、いろんな苔、いろんな葉っぱ、いろんな景色、いろんな道、

いろんな出会いがいっぱいの瓜生山!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

倒木は下をくぐったり、上って降りたり、急な坂道は手をついてよじ登り、まるでアスレチック。

IMG_0396 IMG_0389 IMG_0379

木に登ったり、跨ったり、野山を駆け巡ったり、

木々に縄跳びを吊るして即席ブランコを楽しんだり、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな枝を角に見立てて「みて!みて!しか!!」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葉っぱのメガネ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

楽しいこといっぱいの瓜生山!

お母さんたちと力を合わせて作ったステキな秘密基地。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いっぱい遊んだらお腹が空いて、お弁当もとってもおいしい!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今日もたくさん遊んだね!

 

(千葉)

 

  • LINEで送る

2015年12月4日  日常風景

午後のひととき

お昼ごはんを食べたあと、子どもたちはそれぞれ思い思いの遊びを展開します。

今日のブログではある日の午後の遊びを紹介しますね。

 

「私はお母さん役するね」

「うん、じゃあ私はお姉さん!」

ごっこ遊びが好きな年中の女の子を中心におうちごっこが始まりました。

 

ごはんをつくったり赤ちゃんのお世話をしたり、一日の生活を再現しています。

 

IMG_0107

 

奥のホールではどろぼうを捕まえて牢屋にいれるというごっこ遊びをしていました。

横になって寝ている年少の女の子を、今から牢屋に連れて行くようですよ。

IMG_0112

「よいしょ、よいしょ」

どういう設定なのか、寝ている女の子は一言も声を出しません。

遊んでいる子どもたちの間にだけある、不思議な共通認識の設定がおもしろく、聞き耳をたててしまいます。

IMG_0108

外のウッドデッキではお料理をしている女の子たちがいました。

こちらの女の子はカレーを作っているそうです。

さら粉に水を混ぜ、本当のルーのようなトロトロ感を作り出そうとしているあたりにこだわりを感じます。

IMG_0114

お話しをしながら小枝の仕分けをしている女の子たち。

IMG_0118

「ねぇねぇ、ちょっとこっちに食べに来て。チョコレートのホットケーキ作ったよ。」

声をかけてくれた年少さんについていくと、切り株の穴をお鍋にして、とてもおいしそうなものを作っていました。

IMG_0123

小さな赤い木の実を入れて、枝で優しくかき混ぜる姿は1人前のコックさんです。

 IMG_0125

みんながきゃーきゃー言いながら遊んでいる中、絵本コーナーの窓から見えるお地蔵さんをじっと見ている子もいました。

自分だけの静かな時間も素敵ですね。

IMG_0113

このようにこども芸術大学の午後は、あちこちで遊びが繰り広げられています。

たっぷり遊んだ後はみんなでさようならをします。

IMG_9664 IMG_9669

お母さんに抱っこをしてもらって、これでこども芸術大学の1日はおしまいです。

また明日いっぱい遊ぼうね!

 

(村井)

1 2 3 4 5 7

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。