通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2018年2月14日  イベント

【芸術学コース】第二回 芸術をめぐる(おいしい)お話の会へのお誘い

 芸術学コースでは、今年度より新たに梅原賢一郎先生が主催する勉強会「芸術をめぐる(おいしい)お話の会」を開催しています。

 梅原先生曰く「(おいしい)とは(おもしろい)ということでもあり、拝聴するだけで、芸術が好きになり、感覚が豊かになること必至のお話です(そうなることを望んでいます)」ということです。

 

 10月の第一回目の際には、たくさんの方にお集まりいただき、なごやかな雰囲気のなか開催されました。

 (第一回開催時の様子はこちら⇒【芸術学コース】参加者の声:第一回 芸術をめぐる(おいしい)お話の会

 

 そして、この2月には第二回を開催いたします。詳細は以下の通りです。一般の方、他コースの方を含めどなたでもご参加いただけます。「芸術学コースでどんなことが学べるのか」「どんな先生から学べるのか」気になっているという方にもお気軽にご参加いただける雰囲気です。

おいしいお話の会

「第二回 芸術をめぐる(おいしい)お話の会」
1、「言葉の手術(オペ)-道元のもう一つの(おもしろい)読み方-(おいしいお話①)」(梅原賢一郎)
2、「永観堂のみかえり阿弥陀像(おいしいお話②)」(金子典正)

日時:2018年2月24日(土)14:00 ~ 17:00

場所:瓜生山キャンパス(教室は当日掲示)

※事前申込不要。参加無料。

 

 

 最後に、梅原賢一郎先生からのメッセージです。

 

***

 みなさま、お元気ですか。

 一年のたつのははやいですね。がんばっている人にとっても、なまけている人にとっても。ちがった意味で、「あっという間」ですね。子どものころは、もっと長かったと思うのですが、きっと、がんばるということも、なまけるということも知らなかったのでしょうね。大人は、がんばるか、なまけるかしかできない、無粋な人間なのでしょう。

 「勉強会」のお知らせです。「第二回 芸術をめぐる(おいしい)お話の会」を、2月24日(土)、瓜生山で開催します。スピーカーは、金子典正先生と私です。金子先生は永観堂の「みかえり阿弥陀」さまのお話です。私は道元の『正法眼蔵』についてのお話です。難解とされている仏教哲学書ですが、むつかしい話はしません。道元のサーカスのような言葉をとりあげながら、「言葉」は真理を伝えるのか、真理を裏切るのか、そのようなことを、ちょっとお話してみようと思います。

 がんばっている人も、なまけている人も、がんばってもなまけてもいない人も、大歓迎ですので、ぜひぜひ、ご来校ください。

***

 

 

【お知らせ】
2月18日(日)に、東京外苑キャンパスで入学説明会(コースミニ講義)を開催します!!
今回は「岡倉天心、アーネスト・F・フェノロサと明治の美術」というテーマで、芸術学コースの三上美和先生がミニ講義をおこないます。
ミニ講義終了後は、先生へのご質問やご相談もOKです!

 

事前申し込みは不要です。

詳細はこちらをご確認ください。

(今後の開催予定などもこちらのHPで確認できます)

 

 

 

京都造形芸術大学通信教育部 芸術学コースでは以下のwebサイトでお知らせを定期的に更新しています。ご都合が合うイベントがありましたら、 お気軽にご参加ください!

 

芸術学コースのつぶやき@geigaku4

 

芸術学コースコースサイト Lo Gai Saber|愉快な知識

 

芸術学コース |学科・コース紹介

 

  • LINEで送る

2018年1月29日  イベント

【情報デザインコース】「冬の一日体験入学」のご紹介

こんにちは。情報デザインコース講師の山崎です。
今回は外苑キャンパスで1/14に行われた、次年度入学希望の方々を対象にした、一日限りの体験講義「冬の一日体験入学」の紹介を致します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

情報デザインとは、端的に言うと「わかりやすく伝える」ということが大切なのですが、今回の体験授業では、その「わかりやすく伝える」ことをテーマに、参加者の方々に課題に取り組んでもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はじめの課題は発想の練習で、不定型な形を観察してイメージを膨らませ、枠の中に自由に表現してもらいました。最初は皆さん、かなり戸惑いながら考え込んでいる様子でしたが、次第に楽しんで取り組まれているようでした。

 

次のお題は「アイデアを描こう」ということで、途中まで描かれている絵を、面白いアイデアで完成させる課題です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ライオンが泣いていたり、鉛筆だけが用紙に描かれているのですが、まずはいろんな角度から観察し「なぜ泣いているのか」をよく考えて、アイデアを出していきます。
他の方のアイデアを見て「なるほどな」と思う事も、またアイデアの引き出しを増やすきっかけになるでしょう。

 

そして、少しの休憩を挟んで次はグループを作っての課題になりました。
「ビジュアルで伝えよう」という課題では、ヒントになるような言葉は極力使わず、絵だけでしりとりをしてもらいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自分だけにしか分からない絵ではなく、次の人にも理解できるように伝えるのが重要です。

 

さらにその次は「イメージを共有しよう」という課題。
今度は一文づつ読み上げられる一つの物語を、先を想像しながらリレー形式で描いて行き、次の人へ繋いで絵を完成させます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なかなかいじわるな文章に皆さん翻弄されてはいましたが、今日初めて会ったグループにも関わらず、不思議と画面に統一感が出てくるのが面白いところです。
最後に出来上がったものは、チーム毎で発表してまとめました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうして一日体験の授業はここまでで、その後は情報デザインコースの年間カリキュラムなどの説明に入り、無事に終了しました。
たった一日ではありますが、通信教育学部で学ぶことや、情報デザインコースとはどんなコースなのかと考えられている方が、この体験授業を通して、少しでも理解を深めていただけたならば嬉しいです。
ぜひご入学をご検討ください。おつかれさまでした。

 

 

情報デザインコース 山崎

 

 

情報デザインコース|学科・コース紹介

入学説明会情報はこちらから

  • LINEで送る

2018年1月26日  イベント

【空間演出デザインコース】体験入学(東京・京都)レポート

みなさんこんにちは。空間演出デザインコース(空デ)の川合です。
各地で雪が舞っていますがみなさんのまわりは大丈夫でしょうか?
2018年の空デは、体験入学イベントの開催で賑やかにスタートしました。昨年の京都は大雪の中の開催でしたが今年は良い天気の中の開催で非常に盛り上がりました。その様子をレポートいたします。

 

///////////////////////////

 

まずは1月13日(土)に東京で開催された体験入学「魅惑の空間を発見する。空間の魅力を創造する」です。この授業では自分自身を縮尺1/50のミニチュア人形に置き換えて2つの課題に取り組んでもらいました。まずは上田先生から「縮尺」とは何かについてレクチャーを受けます。例えば、原寸で1メートル(100センチメートル)の線を1/50の縮尺で描くとすると何センチになりますか、、、?というお話です。われわれのコースで学ぶインテリアデザインの領域では、空間を検討したり他者に伝える時に、図面を描いたり、模型を作ることが欠かせません。それらに共通して言えるのは、縮尺があるということです。実際のサイズをイメージすることはもとより、そのサイズを縮尺のあるサイズに変換して検討する必要があるわけです。そこで大切になるのが、いかに縮尺のある世界に入り込んでイメージを膨らませられるかということです。
写真1
数学が苦手な方でも、実際に必要なのは+と-と×と÷だけ。計算機があれば大丈夫ですし、それさえ不要とする三角スケールという便利な道具がありますので心配いりません。

 

写真2
そして、まずは第1課題。プライザーと呼ばれるミニチュア人形を選び、その人形の目線になって、大学構内で魅惑の空間を発見してもらいます。「今日はよろしくお願いします!」と人形に挨拶をしてから、教室の外に飛び出しました。

 

写真3
寒空の下ですが、みなさん嬉々として空間探しをしておられます。

 

写真4

写真5
人形の目線になってみると、何気ない風景が急に魅力的な空間に変化して、あったらいいなと思える居心地の良さそうな場所に見えてきます。緑と赤のコントラストが美しい空間を選ばれましたね。

 

続けて第2課題では、撮影で外に出たついでに拾い集めてきたものを使って、「秘密基地」というテーマで空間構想に取り組みました。大地に見立てた発泡スチロールの上に、縮尺1/50で10メートル角の屋根となる板を必ず使用することを条件にしたグループワークです。

 

写真6
すっかり意気投合されたみなさんは短い時間ながらもしっかりとチームワークを発揮して、見事に屋根を持ち上げています。

 

写真7
少し離れて見ることも大事ですね。このグループでは松の葉が屋根の材料に!

そして、最後は2課題続けての合評会です。これまでのブログでも何度か触れていますが、こうした合評会は作品制作をする上でとても重要な機会です。他者の意見を聞き、他者の作品を見て、客観的に自身の作品を見つめ直し、ふりかえり、そしてまた次の制作へと繋げていくのです。今回はみなさんからの一言コメントに上田先生がコメントするスタイルで進めました。

 

写真8
先ほどの緑と赤の空間。上田先生から「奥行きを感じる空間になりましたね」とコメントが。

 

写真9
第2課題は各テーブルを回っての合評会。屋根を支える柱にドングリが使われていたり、プライザーに小さな葉をもたせて、サーフボードを運んでいるように見せたりと、縮尺を巧みに操って、チームごとに工夫を凝らした「秘密基地」が出来上がりました。

 

写真10
魅力的な建築やインテリア空間を構想するには、柔軟な視点や寸法感覚など空間を三次元的に把握する力の獲得が欠かせません。また、デザインは個人の思いだけで完成するものではなく、他者と共同で作り上げる機会も多いものです。今回の体験授業ではそうした力を養うための1つのレッスンとして、グループワークに取り組んでいただきました。ぜひこの体験を、これから先の学びに活かしていただければと思います。お疲れさまでした!

続けて、1月21日(日)に京都で開催された体験入学「実践!インテリア模型」です。この授業では縮尺1/30でギャラリー空間を考える課題に取り組んでもらいました。こちらもまずは上田先生から「縮尺」とは何かについてレクチャーを受けたら、お正月にコース研究室で準備した特製福袋を開けてもらいます。

 

写真11
写真の右側の茶封筒がコース特製福袋です。

福袋を開けると今回取り組んでいただくための材料一式が入っています。模型制作ではよく使用する、ヒノキ棒やシナ棒といった材料ですが、細かな寸法の違いを覚えていただくのも難しいため、幅の広い順から「きしめん」「らーめん」「そうめん」という覚えやすい呼称に読み替えていただきました。

 

写真12
額の上に置かれている細い木材がそれです。「きしめん」は建具枠に、「らーめん」は幅木(はばき)に、一番細い「そうめん」は廻縁(まわりぶち)と、インテリアを構成する部材として使用します。

 

この課題では、1グループごとに、フレームで囲まれた縮尺1/30の模型があり、そのフレームにぴったりとはまる4面の壁を構想してもらいます。4面ある壁に対して1人1壁を担当し、写真作品や窓のレイアウトを相談して、魅力的な空間を演出します。細かな留意点はありますが、それらの4面の壁が合わさると6メートル四方のギャラリー空間になるというもの。レイアウトする写真作品は空デの在校生たちが鳥取砂丘の学習会で撮った写真で、窓越しに見える風景は東京、京都の風景写真を用意しています。

 

写真13
どの壁を担当するか、グループで話し合います。

 

写真14
写真作品や風景写真を選ぶのも迷いますね。

 

写真15
こちらが完成見本。窓枠やドアノブも「きしめん」や「らーめん」を用いて作り込みます。窓には裏側からプラ板を貼り付け、ガラスを表現し、その奥には富士山の風景写真を貼り付けます。

 

写真16
グループ内で熱心な打ち合わせを行い、ギャラリー空間のコンセプトを決めておられました。

 

写真17
完成する前に、スマホで撮影すると、1/30の視点になって内部空間を確認できます。

 

写真18
中には、スマホを模型の中央に入れて、模型を回転させ、パノラマ撮影するグループも。なるほど、これは良いアイデアですね!

 

写真19
こちらも最後は合評会です。グループの代表者にギャラリーのコンセプトを発表してもらい、上田先生と川合がコメントしていきます。それぞれ写真作品と窓の配置にこだわりを持って制作されていて、しっかりと縮尺や空間構成を理解されていました。また、初めて模型制作に取り組む方がほとんどでしたが、全員が時間内にフィニッシュされていたことが印象的でした。デザインの作業では、期限までにどうにかフィニッシュさせることはとても大切なことです。そうして、完成した作品を俯瞰し、問題点を抽出し、さらに洗練させていくのです。参加されたみなさんはこの短時間で見事にそれを体現されていました。さて、実はこの課題、担当した壁を取り外し、額の中におさめれば、ご自宅でも引き続き楽しんでいただけるようになっています。参加されたみなさんがご自宅に飾って、日々目にかけることで、初めてインテリア模型に取り組んだこの体験を思い出してくださればと思います。お疲れさまでした!

 

写真20

 

芸大の学びが体験できる!入学説明会

空間演出デザインコースでは、
京都:2月4日(日)「光と影の探求-空間やプロダクトから学ぶ光との付き合い方」
東京:2月18日(日)「モデルメイキング-模型をつくるということ-」
と題して、2月にもミニ講義とコース説明会を開催します。ご興味のある方、質問がある方は、ぜひお越しになってください。
詳細は以下をご参照ください。

ミニ講義&入学説明会はこちらから

 

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

  • LINEで送る

2018年1月26日  イベント

【文芸コース】境界領域を跳べ! 編集者が語る小説家の創作秘話

 文芸コース主催の特別講義「作家と編集者はどのように仕事をするか」が、1月20日(土)の午後5時30分から開催されました。

文芸 平尾先生特別講義

 

 会場の外苑キャンパス206教室は開始前からおおぜいのみなさんが参集して、急遽、椅子が追加される事態に……。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 講師は編集者で元・文藝春秋社長、現・神戸市外国語大学客員教授の平尾隆弘さんです。お話の中心は、編集者として担当された山崎豊子先生の小説『大地の子』の創作秘話。作家は取材に8年を費やし、1980年代半ば、中国の当時の総書記・胡耀邦に面会して信頼を得、ヴェールに包まれていた「労働改造所」(一種の強制収容所)にまで調査に行ったというエピソードや、山崎先生が小説の構想を書き記した「進行表」にたいして、担当編集者の平尾さんが感想や注文、時にはダメ出しをつけながら作品が執筆されていった経緯が、その「進行表」をスライド映写しつつ興味深く語られました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 編集者が目撃する小説家の苦闘も、心に響くものでした。小説家にはやがて“境界領域”にさしかかる時が来る。創作の壁というか、作品がどのような方向に向かっていくのかの岐路のようなことです。編集者にはその時が微かに判るが、境界を突破するのは小説家自身にしかできない。境界を小説家が“垂直に跳ぶ”か“水平に跳ぶ”かでその後の小説家のありようは変わる──。それを宮城谷昌光、北方謙三、村上春樹などの作家諸氏を例に語られました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 さて、質問タイムも設けられましたが、参加者から「山崎豊子作品のように、ある時代の全体を克明に描くことは、この現代に可能なのか」という鋭い問いかけがありました。それについて平尾さんは「たとえば、村田沙耶香さんの『コンビニ人間』のように、ごく限られた、狭い世界で生き延びる術を手に入れた人間を描くことで、現代を描くことになるのではないか」と答えられました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 質問の挙手はその後も続きましたが、終了時間を超えて盛況のうちに午後7時45分にお開きとなったのでした。

 

門崎敬一(教員)

 


 

文芸コース|学科・コース紹介

 

文芸コース コースサイト

文芸コースでは2月に読書会や特別講義(京都)を予定しています。一般の方も参加できますのでお気軽にお越しください! 詳細はコースサイトのイベントページをご覧ください。

 

文芸コースfacebook

 


 

◆芸大の学びが体験できる 入学説明会を開催します!

 

京都会場(瓜生山キャンパス)

2018年2月4日(日)

 

東京会場(外苑キャンパス)

2018年2月18日(日)

 

ミニ講義の内容など、説明会の詳細はこちらから

  • LINEで送る

2018年1月23日  イベント

【建築デザインコース】冬の1日体験レポート プリミティブエンベロープ

taiken01

京都造形芸術大学通信教育学部、冬の1日体験入学が行われました。建築デザインコースの体験授業では、今年もみなさんで実物大の空間の制作を行いました。

 

taiken02

はじめに、今回の体験授業のテーマと制作の方法についてレクチャーがありました。テーマは、「プリミティブエンベロープ」です。日本語では「原始的な覆い」という意味ですが、一体どのようなものになるでしょうか?

 

taiken03

レクチャーの中で、原始的な小屋から現代建築まで事例が紹介されましたので、みなさん、それぞれイメージが湧いてきたようです。今回つくるのは、「雲の茶室」です。白い風船を繋げて、人が中に入れる空間をつくります。

 

taiken04

教室の中に、大小2つの空間をつくる計画です。円形と、ひょうたん型の平面です。

 

taiken05

みなさんで手分けをして、大量の風船を膨らましていきます。

 

taiken06

平面形状に合わせながら、協力して組み立てていきます。

 

taiken07

風船を支えながら壁から天井へとつなげていき、うまく反対側と繋がると安定しますが、これがやってみるとなかなか難しいです!身体を使って一つ一つ組み立てることによって、立体の組み立てや構造のバランスを体感できます。

 

taiken08

途中、崩れながらも、なんとか立ち上がりました。圧巻のボリュームです。みなさんで苦労した分、達成感があります。

雲の茶室の内部空間です。白い風船から柔らかな光が透けて美しいです。中に入って、実際の空間に包まれる体験ができました。

 

taiken10

最後に、雲の茶室でコースの説明を聞きました。建築の可能性に触れる楽しい1日になりました。

 

 

【参考図書】
レクチャーの中でも紹介された、バーナード・ルドフスキー著『建築家なしの建築』では、原始的で風土に根ざした土着的な建築が写真で多数紹介されていますので、今回のテーマを掘り下げたい人におすすめです。

 

 

 

建築デザインコース | 学科・コース紹介

入学説明会情報はこちらから

1 2 3 26

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。