通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2018年1月22日  イベント

【芸術教養学科】未知に触れて、つながるということ

0_taiken

こんにちは、芸術教養学科教員の下村です。

去る12021日に、瓜生山キャンパスで本学通信教育部の一日体験入学が開催されました。

これは入学を検討されている方向けの、一日完結のミニ講座ですが、それぞれの学科の最もエッセンシャルな部分をお見せすることになるので、公式の授業にも増して熱が入ります。

特に、私たちの「芸術教養学科」は、webだけで学びが進められることが大きな特徴となっており、顔を合わせての「体験入学」は、ある意味最初から矛盾を抱えているともいえます。入学してからでは味わえない、しかし同時に芸術教養学科の本質が伝わるような、そういうものを目指しました。

以下、ちょっとした誌上講義のようなかたちで、当日の様子をお伝えしようと思います。

 

芸術教養学科の一日体験入学は、120日(土)の13時から開講されました。13:00から14:45が私、下村の担当するレクチャー&ワークショップ、15:00からが加藤志織先生によるカリキュラムと学び方についてのレクチャーという構成です。

 

やはり、芸術教養学科とは何を学ぶところなのか、どういうことを考えるのか、というところから話はスタートします。

芸術教養学科は、いわゆるプロのアーティストが創造する「芸術」、既知の作品だけを相手にするわけではないこと、卒業研究でも、多様な対象が取り扱われていることなどに触れました。それは、人間がその生(生活・人生)をよりよいものにしていくために企図(デザイン)する、モノやコトのすべてなのです。

そして、この学科では、そうした人間の企図のありようを考え、進めていくために、「伝統文化」と「デザイン思考」の両面からものごとを見つめていくことを話しました。

 

芸術教養学科では、多数の人の間から創発されるものにも注目しています。ものごとは一人の人の内側からだけ表現され、生まれるものではないからです。いろいろなよいこと、美しいものが、人々の関わりあいの中から生み出されています。

本学科の「芸術教養講義5」という科目で特に取り扱っている「ワークショップ」も、そういうわざの一つです。ここで、会場のみなさんに「あなたが知っているワークショップ」について聞きました。

すると、「公共施設の活用のために地域の人に集まってアイディアを出してもらった会議」といったものと、「みんなでものをつくるワークショップ」「ダンスワークショップ」といったものが出てきました。「政策立案・コンセプトづくり系」と「芸術系」と整理してもいいでしょう。

前者は、模造紙の上にみんなで付箋紙を貼っていくスタイルの会議という形をとることも多く、「芸術教養講義5」でも、そうしたものを中心に扱っています。

1_workshop-1

 

体験授業では、この2種類は別々のものなのだろうか、ということを考えました。「芸術教養講義5」の動画教材などを参照しながら、

 ・フラットな参加資格

 ・体験・プロセスへの注目

といったことが、全く異なって見える2種類の「ワークショップ」で共通していること、ローレンス・ハルプリンのしごとなど、この2つが重なることだってあるのだということにも触れました。

2_lecture-1

 

さて、ここからはワークショップの実践です。

この日は、音・音楽を扱うワークショップについて、音を出しながら考えることにしました。

音楽は楽しいものですが、「歌の上手い・下手」「リズム感の有無」といった、ふつういわれる音楽の得手不得手は、人々をときに分断してしまいます。

「そうではない」「もうひとつの」「オルタナティブな」音の楽しみを、「共有」する場を経験してみよう、というのがこの日の試みです。うまいへたのないところでの、新しい経験です。

 

ゲーム形式でのグループ分けと、自己紹介タイムを経て、場がなごみ、暖まってきたところで各グループに配られたのは、「炊飯釜」でした。

炊飯釜はおそらくほとんどの家庭にあるものですが、それが美しい音を出すことを知っている人はあまりいません。

そして、それをすりこぎで摩擦することで、美しく幻想的な持続音を出すことができることを知っている人は、ほとんどいないといってもよいと思います。

炊飯器の中の釜を手のひらにのせて、すりこぎで円を描くようにしてその縁をこすります。釜を握らず軽く保持すること、すりこぎは少し押し付けるようにすることがコツです。すりこぎにはガムテープ等を巻いておくと、表面の摩擦ノイズが吸収されてよく釜がよく鳴ります。だんだんウォーンとか、キーンといった持続音がうねりながら発生してきます。これを読んだみなさんもぜひ挑戦してみてください。

まず下村が手本を見せたあとで、会場のみなさんにも挑戦していただきました。炊飯釜を鳴らす技術というのは、ふつうの生活で役にたつものではありませんが、鳴らせるとやはりうれしいもの、そこかしこで顔がほころびはじめます。

次は、6つのグループ全体で、合奏をしてみました。かすかだったり、部屋全体に響いたりする釜の音を、お互いに聴き合いながら、音でコミュニケーションをします。部屋を暗くして、みんなで耳を澄ませました。一人で鳴らすのとは違う、響きあいの空間が生まれました。

 

この炊飯釜のあとは、不思議な民族楽器「口琴」を試したり、独自の方法による「誰でも弾ける爆音ロックギター」教室、それから下村による特殊唱法「ホーメイ」のデモ演奏といったことをしました。

みなさん、それぞれに相談しながらいろいろな試みをし、いろいろな音を生み出し聴き合っていました。

アンケートを拝見したところ、知らない音楽に触れ、驚きを感じた方も多かったようです。

2_lecture-2

 

不思議な音を出してみる、聴き合ってみる、ということ自体、大変面白い経験なのですが、学んで欲しかったのはそれだけではありません。本当に気づいて欲しかったのは次のことです。

それは、未知の経験を共有することは、新しいつながりと場をつくりだすことができる、ということです。これは、新鮮で創造的なワークショップには、さまざまな人が平等な立場で参加できることが不可欠ですが、未知のものは、多様な背景や出自の人々が協働しあう環境を創りだしてくれるものなのです。

既知の、みんなが知っていること(音楽なら童謡など)は、既存の共同体のつながりを確認するのに役立ちます。これもまた地域系ワークショップなどでは重要な資源なのですが、異質な人々が出会いあう現代の市民社会の技として、この未知と冒険の感じというのを知ってほしいと思います。そしてこれは、政策立案系ワークショップであれ、芸術系のそれであれ、大切なことなのです。

 

芸術教養学科は、いつも炊飯器を鳴らしているわけではありませんが、教員たちはそれぞれのフィールドで研究・制作を進めています。今回の一日体験入学でのワークショップも、私のコミュニティ・ミュージックの実践研究や地域系スクーリングでの教育の試みを反映したものです。

普段はwebブラウザ越しのおつきあいになりますが、その向こう側には、今回変な音を出してみせたような生きた教員がいるのです。フライング・カフェと名付けられている対面の学習相談会では、実際に教員に会って話すこともできます。

 

さてこうした、京都造形芸術大学を体験する機会はまだあります。

入学説明会(ミニ講義付き)が、京都では24日(日)、東京では218日(日)に開催されることになっています。興味のある方はぜひお越しください。お待ちしています。

 

詳しくはこちら

https://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_feb/

予約不要・参加無料

 

 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

  • LINEで送る

2017年12月20日  イベント

【情報デザインコース】 特別講義報告! 中川政七商店から山口葉子さんにお越しいただきました。

10月28日、株式会社中川政七商店から山口葉子さんをお招きし特別講義をおこないました。中川政七商店は、享保元年に手績み手織りの麻織物を扱うお店として奈良で創業、2016年には創業300周年を迎えられたとのこと。雑誌やWebサイトなど様々なメディアで話題となっているためご存知の方も多いかと思います。「日本の工芸を元気にする!」というビジョンを掲げ、進化する老舗として現代のニーズにあった商品やサービスを生み出されています。


まずは、奈良という街が持っているブランド力を現代に活かした商品企画・販売形態や、「遊 中川」「2&9」「motta」といった、山口さんがデザイナーやブランドマネージャー、クリエイティブディレクターとして務められた自社ブランドを紹介いただきました。「生産から販売まで自社で行なう」「いいものを作る人が経済的にも自立できる環境づくりを目指す」という解説からは、日本の工芸を支える姿勢が強く感じられます。消費者だけでなく生産者もモチベーションアップにつながるような商品づくりなど、商品に込められた企画側の意図を知ることができました。

 

●仕事の喜び

続いて、山口さんが手がけられたお仕事の紹介になりました。伊藤若冲作「老松白鳳図」の羽根の模様をレースで再現するためにパターンに起こすという作業を担当されたとのこと。実際の商品に使われた生地もお持ちいただきましたが、とても繊細で美しい仕上がりに聴講の皆さん惹きつけられていました。この商品のように図柄やデザインがプロダクトとして結実する仕事に関われることはとても面白いということでした。

●ブランド「2&9」について

山口さんがクリエイティブディレクターとして務められたブランド「2&9」の立ち上げ当時のお話です。イメージマップを作成し、どんなブランドにしたいのか、まずはシンプルな言葉を並べて頭の中を整理することから始められたということです(情報デザインの課題でもマッピング作業はおなじみですね)。


「美術を学び関わってきた人たちは、抽象的なイメージで伝える傾向があると思うんです。」

なるべく具体的な言葉にまとめ、伝わりやすいイメージと合わせ、わかりやすくプレゼンテーションをするように心がけているということです。この他にもブランドイメージに近い視覚情報を集めたイメージボードを作成、イメージを精査するために徹底した準備をされていることが伝わってきました。


アイディアの製品化に尽力くださった職人さんとのやりとりからブランドのディレクションに関わる制作作業まで、「この頃は、これまでにやったことのないことをたくさん経験した時期でした」との山口さんの言葉からはお仕事の大変さとやりがいが伝わってきました。

 

●学生時代の学び


中学生の時はファッションデザイナーになりたかったという山口さん。学生時代には、イラスト・写真・立体制作など、いろいろな分野に挑戦されていたそうです。この時の「食わず嫌いをせずにいろいろ体験する」ことによって得られたマルチな力が、現在のお仕事でも活かされているとのこと。お仕事の中でも、「一見全然関係のないことが後々助けになることは多い」とお話されていました。学生の皆さんからの質問にも丁寧にお答えいただきました。

これまでも近くにあった技術やプロダクトにデザインは積極的に関わることができるのではないでしょうか。日本各地それぞれのやり方で地域の伝統や特徴と向き合う企業が増えると、日本の産業はもっと元気になるはず!我々教員にとってもとても有意義な時間となりました。山口さん、元気の出るお話をありがとうございました!

 

 

情報デザインコース 業務担当教員 仙石

 

 

情報デザインコース|学科・コース紹介

  • LINEで送る

2017年12月15日  イベント

【文芸コース】秋の1日体験入学レポート

 文芸コース教員の寒竹泉美です。先月11月11日に瓜生山キャンパスで行われた「秋の1日体験入学」についてレポートします。

 紅葉シーズン真っただ中の秋晴れの中、たくさんの方にお越しいただきました。 

01

 

 文芸コースの体験授業は2本立て。

 「心に届く小説を書くためのワークショップ」と「読みを柔軟にするための読書会」で、前半を小説家のわたしが、後半を文学研究者の小柏先生が担当しました。

02

 

 前半は、授業と同じようにプリントとスライドを使って進めていきます。

03

 

 もちろん、体験授業なので、話を聞くだけではありません。

 頭も感性も振り絞って、みなさんにも文章を書いてもらいます。

04

 

 今回の体験授業のテーマは「小説の描写」でした。

 同じものを見ても、見る人によって感じ方は違います。体験入学者のみなさまには、自分以外の人間の気持ちになって、様々なシーンを描写することにチャレンジしてもらいました。

05

 一生懸命想像することで、ありきたりでない、自分らしい表現が出てきます。

 見る人の数だけ世界が存在します。それらが重なり合って初めてひとつの物語が生まれ育っていきます。

 小説を書いたことのある人も、書いたことがない人も、それぞれ自分の課題を見つけてくれたようです。

 

 

 後半は「読む」授業です。

 前半と打って変わって、今度はみんなシーンとして読んでいます。

06

 小柏先生が選んだ作品は「パンの伝説」という題のフランス人の作家ミシェル・トゥルニエの短編です。

07

 まず最初に、そのまま読んで、それぞれ感想を言いあいました。

 そのあとに、小柏先生が作品に出てくる地名や固有名詞や時代背景をスライドを使いながら解説していきます。

08

 すると、ただ普通に読んだときには見えなかった新たな世界が次々と現れてきて、想像力もどんどん膨らんできました。そのことでさらに、体験入学者のみなさんからも次々と面白い感想が飛び出ました。

 「書く」ことと「読む」ことの面白さを体験していただける一日になっていれば、幸いです。

 

 1月には「冬の一日体験入学」が行われます。文芸コースの授業テーマは以下の通りです。

【京都会場】1/21(日)「創作ワークショップ」「旅を書くことについて」

【東京会場】1/13(土)「ボキャブラリーで文章を豊かに」「冒頭の冒険」

詳細はこちら。

 

 ぜひ、読むことと書くことの面白さを体験しにきてください。お待ちしています。

 

 文芸コースの新しいパンフレットができました。もしどこかで見かけられたらお手にとってみてください。

09

 


 

文芸コース|学科・コース紹介

 

文芸コース コースサイト

 

文芸コースfacebook

  • LINEで送る

2017年12月8日  イベント

【芸術教養学科】12/3入学説明会(京都瓜生山キャンパス)報告

01_setumeikai

 師走になり2017年も残すところあとわずかとなりました。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。さて、今回のブログでは、晴天に恵まれた先の日曜日に京都瓜生山キャンパスで実施されました通信教育部の入学説明会の模様をお伝えします。

 

 まずは行楽に出かけたくなるような好天にもかかわらず本学瓜生山キャンパスまでおこしくださったみなさんに心よりお礼申し上げます。ありがとうございます!

 

 入学説明会ですが、最初に通信教育部の概要や学習方法などにかんする全体的な説明を1時間程度聞いていただき、その後、各学科、各コースにわかれ適宜休み時間を挟みながら、ミニ講義(1時間)、コース別説明(40分)、コース別教員個別相談会(希望者)をおこないました。

 

 今回の芸術教養学科のミニ講義では、「芸術教養の可能性」と題し、本学科で身につけていただける能力や知識について、「芸術」という言葉の由来や意味の変遷などと関連づけながら、わたし加藤志織が参加者のみなさんにお話しました。

 

 「芸術」という言葉が示すものは昔から不変であるかのように思われるかもしれませんが、実際にはそうではなく、時代によって変化します。本来の芸術は、今日の日本で一般的に理解されているような、いわゆる「美術」(絵画・彫刻・建築)のような造形芸術や文学・演劇・音楽のような上演芸術のみを指すのではなく、人間がより良く生きるための技術や知識を広く意味する概念です。

 02_setumeikai

03_setumeikai

 芸術教養学科では、そうした芸術がもともと有していた意味に立ち返り、「デザイン思考」や「伝統」という視点から、芸術のもつ力を実践的な教養として学んでいただけることをご来場くださった方々にご説明し、みなさんに興味深く聞いていただきました。

04_setumeikai

  ミニ講義に続いて、コース別説明をおこないました。「デザイン思考」や「伝統」という視点から、芸術を生活に役立てるための方法や知識を、どういったカリキュラムによって、どのような手順で学んでいただくのか、WEBを使った学習プラットフォームのairUや本学科が誇る魅力的な動画教材の一部を実際に体験していただき、その上で入学から卒業までの学習スケジュールの立て方、日々の学習方法、本学科がとくに力を入れている手厚い学習支援体制、卒業研究の詳細などについて時間が許す限り紹介させていただきました。

 

 05_setumeikai

 今回、ご都合が悪く入学説明会におこしいただけなかった方もいらっしゃることと思います。また、さらに詳しく本学科の学びについて知りたいという方もおいでになることでしょう。

 

 そうした方々のために、以下のように1日体験入学と入学説明会を今後も京都と東京で複数回開催します。ミニ講義の内容は楽しく聞いていただけるように工夫しています。興味のある方はお気軽にご参加ください。芸術教養の魅力と可能性にふれていただくことができます! 教職員一同、みなさんのご来校をお待ちしています。

 


 

201712

入学説明会

12/10(東京外苑キャンパス):12:00~17:00

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_dec/

 

20181

冬の1日体験入学

1/13(東京外苑キャンパス)

1/20(京都瓜生山キャンパス)

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/1day_winter/

事前お申し込みは12月14日(木)10:00から受付開始!

 

 

20182月と3月にも東京と京都で入学説明会を予定しています。

詳細が決まり次第、下記サイトに掲載いたします。

 

説明会・相談会 | 京都造形芸術大学 芸術学部 通信教育部

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing/

 


 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

  • LINEで送る

2017年11月22日  イベント

【建築デザインコース】秋の体験入学報告

みなさん、こんにちは!通信教育部建築デザインコースです。
11月12日(日)、京都の瓜生山キャンパスでは、秋の体験入学が行われました。

01
建築デザインコースの体験入学は、大学内にある劇場「春秋座」のホワイエにて行われました。今回もたくさんの方が体験授業に訪れてくれました。

 

18
まずはじめに、建築とは一体何か、建築という言葉はどういうことを意味するのかについての岸川先生による講義から始まりました。歴史的建築や有名な現代建築のスライドを交えながらの説明に、参加された方々も釘付けでした。

 

03
建築についての講義のあと、『プリミティブ・エンベロープ』という今回の体験入学で取り扱うテーマについての説明です。原始的な覆いというそのテーマは、建築がシェルターとしての人々を雨風や寒暖から守るといった機能を持つ以前に、一つの立体として構築物として成立することにあります。

 

04
今回は、グループで竹ひごと発泡スチロールの球を使って、塔、ピラミッド、洞窟のような構築物を作る体験学習をしました。10人程度の3つのグループに分かれて、1時間ほどの製作を行います。

 

05
セグメントとしての竹ひごと、ノードとしての球を組み合わせて、まずは平面で正三角形を作ります。そして正三角形を4つ立体的に組み立てた正四面体を作り、それぞれを互いに繋げていきます。

 

06
初めて出会ったグループですが、どのような形をつくるか話し合いながら、一緒に試行錯誤を繰り返します。写真のグループはピラミッドに挑戦です。

 

07
こちらのグループは中に入れる洞窟をコンセプトに正四面体をつなげていきます。

 

08
手分けしながら、少しずつ丁寧に組み立てていきます。線と球だけで、立体の構造物が立ち上がっていきます。初めての建築として、建築の原型、プリミティブ・エンベロープに挑戦です。

 

09
1つの点には、互いに60度ずつずれた線が何本も飛び出します。

 

10
高い場所は脚立を使っての作業。上部に行けば行くほど線の数が少なくなり、繊細かつ大胆な構造となります。

 

11option1

目標の形が出来上がってくると、モチベーションも上がります。

 

12

壊れても、めげずに補修しながら、もう一度。

 

そして、ついに・・・完成しました!
整然と並べられたきれいなピラミッド、5メートル近くにも届く塔、合理的な形態を有機的に組み合わせた洞窟など、様々な構築物な出来上がりました。

 

15

機能を持たない構築物、プリミティブ・エンベロープによって、一つの風景が出来ました。

16
プリミティブ・エンベロープ、はじめての建築を完成させて、皆さん一息。
最後に、建築デザインコースのカリキュラムや学習方法などの詳細について説明がありました。

建築を学ぶことは、実務的な設計手法、図面や模型製作を習得することを超えて、新しい好奇心が生まれたり、今まで以上に視野が広がったりして、日常にありふれているものごとについてより深く考えるということに繋がるということ、つまり、今までとは違う世界が待っているという話で締めくくられました。

 

これを機に、建築への興味がより深まり、この大学で一緒に勉強する人がいると思うと今から楽しみです。

12月3日(日)京都、12月10日(日)東京にて、説明会を開催いたします。12月は「ミニ講義」で建築デザインコースの学びを体験していただけます。予約不要ですので、興味のある方は是非ご参加お待ちしています!

 

入学説明会&ミニ講義

「建築を考えるということ」

12月3日(日) 会場:京都瓜生山キャンパス

「CADと手描きの間のはなし」

12月10日(日) 東京:東京外苑キャンパス

 

詳細はこちら

 

冬の体験入学については12月に入りましたらWebサイトでお知らせいたします。

 

 

 

建築デザインコース | 学科・コース紹介

1 2 3 25

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。