こども芸術大学

2016年9月

  • LINEで送る

2016年9月14日  授業風景

9月14日こ芸ねぶた点灯式

今週末に迫ってきた学園祭。

月曜日は学生さんの大きなねぶたを見せていただきました。

 

2学期になってから子どもたちのおばけの原画を元に親子で制作してきました。

そして今日はそのねぶたの点灯式をしました。

 

まずは、いろんな種類のライトを紹介し、自分のねぶたのサイズに合ったライトを選びます。

IMG_1116IMG_1119

 

親子でどのように展示するのかを話しながら進めていきます。

「吊るす?」「台の上に置く?」「白い光?赤い光?」など、親子で自分の作ったねぶたに光を入れていきます。

 IMG_1120IMG_1121IMG_1123

 

設置をしたいところを子どもたちが決め、飾っていきます。

IMG_1125IMG_1128IMG_1134

 

そしてどこに飾るのかを決めた後は、全員で点灯式をしました。

それぞれのねぶたがきれいに光り、こども芸術大学のねぶたが出来上がりました。

その瞬間を少しだけ・・・

IMG_1136

 

まだ制作を続けている親子もいます。

当日はたくさんのおばけねぶたが点灯しています。

そして、ねぶただけではなく子どもたち発案のお店屋さんやショータイムもあります。

 

是非、こども芸術大学の学園祭にご来館ください。

お待ちしてます。

学祭チラシ写真で撮った

(小林織香)

  • LINEで送る

2016年9月13日  授業風景

ねぶたツアーに行ってきたよ!

2016年9月12日(月)

 

朝は、ねぶた見学で行かせていただく学生さんからの依頼で、

子どもたちに亀のジョナサンの絵を描いてもらいました。

ねぶたのモチーフの中に、亀を作っているチームがあります。

 

 

201408_neko05_04

(インターネット画像より)

 

ジョナサンは、なんと御歳183歳の現役のゾウガメで

実際にイギリスで暮らしているそうです。

子どもたちに話すとビックリしていましたが、

絵の具を引っ張り出し、ジョナサンの写真を見ながら描いてくれました。

IMG_1052IMG_1051

 

 

 

 

メインの時間では、今まで作ってきた張り子のねぶたに色を付けました。

子どもたちが最初に描いた原画を返却し、絵を見ながら顔や模様を筆入れしていきます。

本学の京造ねぶたのように、白いままの作品もありますが

子どものイメージに近い形で選んでもらいます。

 

IMG_1098IMG_1097

 

筆入れが終わったら、少し乾かして、お楽しみの風船を割ります。

割ると空洞になり、そこに後日また照明と展示に合わせてテグスを通します。

IMG_1096

今まで真っ白だったねぶたには、いまいちピンと来なかった子どもたちも

今回色付けをしたことで、自分のイメージしていたおばけを、

ねぶたに起こしているんだ、という実感を得られたのではないでしょうか。

 

 

 

 

お昼ごはんを食べた午後からは、ねぶたツアーに行かせていただきました。

(9月1日~14日で本学の一回生の学生さんたちが京造ねぶたを作っています)

 

子どもたちは3グループに分かれ、それぞれ3つのエリアを見学しました。

事前に、各グループで子ども会議を行い、エリア内でどのねぶたを観せていただくかと

観たいねぶたに対して、聞いてみたい質問を考えていました。

 

 

 

■体育館チーム

IMG_1022IMG_1042

子どもたち、質問しながら学生さんたちと交流を楽しみながら

しっかりとこども芸術大学の学祭の宣伝もしてくれました!!!!

「遊びに来てください!」と元気に言えたね!

(子どもたちが手にしているピンク色の紙が、こども芸術大学の学祭のチラシです)

IMG_1041 IMG_1043   

 

 

 

■ギャラリーオーブチーム 

IMG_1026IMG_1028 

IMG_1031IMG_1037 

↑特製マイクを使って、お姉さんお兄さんたちにたくさん質問していました。

「どうして途中で終わっているんですか?」(完成図スケッチの魚が途中で切れているように見えたらしい)

「それは、水から出てきているところだからだよ」なるほど。

その他にも「なんでこれを作ってるんですか?」

「かっこいいなぁと思ったからだよ」

「なんでかっこいいものを作るんですか?」という子どもの疑問にも、困りながらも丁寧に答えてくれました。

 

 

 

■人間観1F(ピロティ)

IMG_1060IMG_1061

↑亀のジョナサンのねぶたを作っているチームを見学した際、

こども芸術大学を代表して、朝に描いた絵を渡してもらいました。

「はい、どうぞ!」

 

 

IMG_1050IMG_1040

↑ゴキブリのねぶたを作っているチームでは、直接先生に解説していただいたり

子どもたちだけ特別に、と作品の近くまで案内していただきました。

 

 

今週の14日が点灯式になっているので、点灯式間近ということもあり

緊張感のある中、黙々と作業をする学生さんたち。

忙しい時期にも関わらず、学生さんたちは笑顔で迎えてくれました。

先生をはじめ、学生のみなさん、本当にありがとうございました。

本物のねぶたを間近で観れたこと、学生さんたちと交流できたこと、

子どもたちはとても喜んでいました。

貴重な体験ができましたね!

 

刺激を受けたところで、こども芸術大学も学祭に向けて

ねぶた制作とお店屋さん制作と、ラストスパートをかけていきましょう!

 

 

9月18日(日)こども芸術大学にて、ねぶた展示と手作りお店屋さんが並びます。

是非、遊びに来てくださいね!!

学祭チラシ写真で撮った

 

 (宮崎あかね)

 

  • LINEで送る

2016年9月6日  日常風景

お茶会

今日は二学期が始まって最初のお茶会です。

しつらえは子どもたちの「お化け」のお軸に

お花は畑で見つけた「ふうせんかづら」です。

 

IMG_0945

お菓子はベランダで採れた青じそに巻いた塩おにぎりです。

みんなで、おいしくいただきました。

午前中に、畑とベランダのプランターの片付けと秋冬野菜のための

準備をしたのでとても汗をかきました。

体をたくさん動かしたので、おにぎりがとても美味しかったです。

IMG_0947

 

(村瀬尚美)

 

  • LINEで送る

2016年9月5日  授業風景

学祭に向けて②こ芸ねぶた、おばけレストラン

今日は、金曜日に引き続き学祭に向けた活動をしました。

朝の自由遊びの時間で、子どもたちはお母さんと一緒に紙貼りをしたり

先週から始まった「ご飯屋さん」の遊びの続きで、

ご飯作りやメニュー作りなど、週末お家であたためてきたイメージを

早速、形にしていきました。

「おばけレストランって知ってる?ほんまにあるねんで~」と年長の男の子。

途中から「おばけを捕まえてご飯に入れる」とゴーストバスターズのような遊びも展開されました。

なるほど、おばけも子どもの手にかかれば食材になるのね、と次々湧いてくるアイデアに驚かされます。

 

 

■メニューのひとつ:焼肉。

表は赤色で生肉。裏は茶色で焼いた後。鉄板とお肉と作りました。

IMG_0936IMG_0938

 

■メニューのひとつ:焼きそば

IMG_0939

 

■メニューのひとつ:ビール

「おばけビールは普通のビールより酔っ払うねん。」

よく見ると炭酸がおばけ柄。

IMG_0942

 

 

 

今日のメインの活動は、ねぶたの紙貼りの続きをしました。

IMG_0916IMG_0923

 

 

 

そして、先週貼り終えた風船を割ってみることに!

IMG_0920IMG_0921

「わ~っ!」と嬉しそうにみんなに見せていました。

「光るように、ここにライトまた入れようね」と、見通しを持ってもらえたことで

ますますイメージがふくらみ、作るのも楽しくなればいいなと思います。

 

 

 

そして後半は、ねぶた見学ツアーのチーム会議を行いました。

IMG_0932IMG_0933

本学の名物でもある1回生の授業「マンデープロジェクト」の集大成、「京造ねぶた」を

こども芸術大学の子どもたちも毎年、見学させていただいています。

事前にMAPをみながら、どのねぶたを観たいかチームごとに話し合います。

そして、観たいねぶたに対しての質問も考えます。

(毎年、学生さんが見学に来た子どもたちと対話してくれます。)

どのチームも、年長さんを中心に話し合いを進めてくれていました。

とっても楽しみにしている子どもたち。

今年もよろしくお願いします!

 

 

 

 

(宮崎あかね)

  • LINEで送る

2016年9月2日  授業風景

学園祭に向けて①おばけねぶた

こども芸術大学は2学期が始まって2日目です。

 

朝、元気に登校すると男の子たちは山へ行ってスイカやかぼちゃを収穫してくれました。

IMG_0871

IMG_0870

IMG_0881

朝の会では女の子たちがダンスを踊りました。

IMG_0882

昨日年中の女の子が一人でダンスを披露してくれ、そこから発展し、今日はポンポンを持って友だちと踊りました。

IMG_0819

今日はお友だちも一緒でさらに嬉しそうでした。

 IMG_0886

その後は対話の時間です。

今日は学園祭に向けた活動の第1日目です。

春から「おばけやしきごっこ」や「おばけなんてないさ」の替え歌を作って遊んできた子どもたちと、

学園祭では「おばけのねぶた」を作ります。

 

ねぶたは京都造形大学の1回生の学生さんたちが学科を越え、チームで夏休みから学園祭にかけて取り組む創作活動です。

今年はこども芸大でも子どもたちなりにねぶたを作ってみようと思います。

IMG_0904

作り方の説明をじっくり聞いたら、さぁ作ろう!

IMG_0902

風船をぷーーーっとふくらまして、のりで和紙を貼っていきます。

IMG_0907

IMG_0914

お母さんと一緒に一枚一枚、ていねいに貼っていきます。

IMG_0909IMG_0912

IMG_0913

今日は紙を貼るところでおしまいです。

このあとどうなるか、続きはまた来週お伝えしますね。

IMG_0910

(村井)

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。